建築用語集 戸袋

引き戸を開けたときの戸の収納部分のことです。窓の端や縁側の隅に設置され、複数枚の戸が収納できる構造となっています。板で戸袋全体を支えるタイプのものを「妻板戸袋」、柱で支えるタイプのものを「柱建戸袋」と呼びます。
戸袋があることで、引き戸を開いたときに戸をすっきりと収納することができます。一方で、戸袋を設置するには戸一枚分のスペースが必要となるため、その分、開口部が狭くなります。

カテゴリから探す

<監修>

  • 竹内 英二

    有資格
    不動産鑑定士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)、住宅ローンアドバイザー、中小企業診断士