建築用語集 けらば

切妻屋根の妻側の端部のことを指します。屋根なりに沿って建物の外壁よりも外側に出ている屋根の端部のことを「軒先」と呼びますが、けらばは軒先と垂直の位置関係にあります。また、けらばの部分に使われる瓦を「けらば瓦」と呼びます。けらば瓦は、他に「袖瓦」や「妻瓦」と呼ばれることもあります。
けらばの下で屋根勾配に沿って覆う板材のことを「破風板」と呼びます。

カテゴリから探す

<監修>

  • 竹内 英二

    有資格
    不動産鑑定士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)、住宅ローンアドバイザー、中小企業診断士