建築用語集 軒端

軒の先端のことを指します。「軒先」と同じ意味の言葉です。軒とは、建物の外壁よりも外側に出ている屋根の部分のことを指します。軒端に付随する屋根用語には様々なものがあります。例えば、軒端の先端部に取り付ける長い板材のことを「鼻隠し」と呼びます。
鼻隠しは、垂木を隠したり、軒端を美しく見せたりするための板材です。また、軒端の先端で垂木の上に取り付けらえる板材のことを「広小舞」と呼びます。

カテゴリから探す

<監修>

  • 竹内 英二

    有資格
    不動産鑑定士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、公認不動産コンサルティングマスター(相続対策専門士)、住宅ローンアドバイザー、中小企業診断士