防音構造例

防音木造住宅の防音構造例

DAIKENでは必要に応じて多彩な防音レベルをご用意しています。

一つの家の中でも、家族一人ひとりにそれぞれの暮らしがあります。最も身近な存在であるからこそ、お互いにマナーを大切に気持ちよく暮らしたいものです。DAIKENでは、家族一人ひとりの暮らし方にマッチする防音レベルを提案しています。

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

一般構造(例)
遮音性能の目安:約20dB

(実際の現場ではさまざまな条件でばらつきますので、15~20dB程度と見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    一般ドア

  • ※3

    一般サッシ

  • 換気扇

    一般換気扇

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

スタンダード防音★★構造(例)
遮音性能の目安:約40dB

(実際の現場ではさまざまな条件でばらつきますので、35~40dB程度と見込まれます。また、ドア部は30~35dBの遮音性能が見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    防音ドア アドバンス(A)防音タイプ

  • ※3

    防音サッシT-1等級(5㎜ガラス)+防音インナーサッシT-1等級(5㎜ガラス)空気層100㎜以上、または防音サッシT-2等級(複層ガラス4㎜+6㎜、空気層6㎜)+防音サッシT-1等級(5㎜ガラス)空気層100㎜以上

  • 換気扇

    DKファンNK11型+A防音フード12型

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

プレミアム防音★★★構造(例)
遮音性能の目安:約50dB

(実際の現場ではさまざまな条件でばらつきますので、45~50dB程度と見込まれます。また、ドア部は35~40dBの遮音性能が見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    防音ドア スペシャル(S)防音タイプ※壁厚が250㎜以上の場合は、現場対応または特注見切材での納めが必要です。

  • ※3

    防音サッシT-2等級(6.8㎜ガラス)を2重、空気層400㎜以上

  • 換気扇

    防音ダクト換気扇32C型※天井ふところが340mm以上必要です。

●防音ドア部分は壁と比べて遮音性能が低いため、条件によっては2重に防音ドアを施工することもあります。

※1 遮音性能は開口部を除く500Hz時の目安で、現場の性能を保証するものではありません。
※2 遮音性能は音源の種類(特に振動を伴う音源、例えばドラム等)によって異なる場合があります。
※3 窓は弊社製品ではありません。

ご採用にあたってのご注意

  • 防音室は気密性が高くなりますので、酸欠事故防止のため、必ず防音換気扇を設置してください。
    また24時間換気は建築基準法で義務化されています。必要な風量をご確認の上、換気扇を選定してください。
  • 外壁構造例の吸音ウールは防音性能に必要な部材で断熱は別途検討が必要です。
  • 防音室は気密性が高くなりますので、においがこもりやすくなります。十分に換気を行ってください。
  • ドラム、エレキギター、ベース等の楽器は、音量の大きさと楽器の特性により対応できません。

防音マンション・RC造住宅の防音構造例

マンションなど集合住宅の防音室には、ハイレベルな防音対策が必要です。

マンションなど、住宅が隣り合う集合住宅には、気兼ねない生活のためにもハイレベルな防音対策が必要です。DAIKENでは、家族一人ひとりの暮らし方にマッチする防音レベルをご提案。一般居室やピアノ室など、部屋の用途により性能を選択します。

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

一般構造(例)※2
遮音性能の目安:約45dB

(実際の現場では様々な条件で性能はばらつきますので40~45dB程度と見込まれます。また、木下地壁は20~25dB、ドア、サッシ部は15~20dBの遮音性能が見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    一般ドア

  • ※3

    一般サッシ

  • 換気扇※4

    一般換気扇

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

スタンダード防音★★構造※2
遮音性能の目安:約55dB

(実際の現場では様々な条件で性能はばらつきますので50~55dB程度と見込まれます。また、木下地壁は40~45dB、ドアは30~35dB、サッシ部は35~40dBの遮音性能が見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    防音ドア アドバンス(A)防音タイプ

  • ※3

    防音サッシT-1等級(5㎜ガラス)+防音インナーサッシT-1等級(5㎜ガラス)空気層100㎜以上、または防音サッシT-2等級(複層ガラス4㎜+6㎜、空気層6㎜)+防音サッシT-1等級(5㎜ガラス)空気層100㎜以上

  • 換気扇※4

    防音ダクト換気扇32C型※天井ふところが340mm以上必要です。

防音性能の目安※1(遮音性能500Hz時)

プレミアム防音★★★構造※2
遮音性能の目安:約60dB

(実際の現場では様々な条件で性能はばらつきますので55~60dB程度と見込まれます。また、木下地壁は45~50dB、ドアは35~40dB、サッシ部は45~50dBの遮音性能が見込まれます。)

  • 天井

    天井
  • 外壁

    外壁
  • 間仕切壁

    間仕切壁
  • ※2

    床
  • ドア

    防音ドア スペシャル(S)防音タイプ※壁厚が250㎜以上の場合は、現場対応または特注見切材での納めが必要です。

  • ※3

    防音サッシT-2等級(6.8㎜ガラス)を2重、空気層400㎜以上

  • 換気扇※4

    防音ダクト換気扇32C型※天井ふところが340mm以上必要です。

●DADスペースについては「DADスペースカタログ」をご覧ください。
●防音ドア部分は壁と比べて遮音性能が低いため、条件によっては2重に防音ドアを施工することもあります。

※1 コンクリートスラブは150mm厚としています。なお、遮音性能は開口部を除く500Hz時の目安であり、現場の性能を保証するものではありません。
※2 防火構造については建築主事にご確認ください。
※3 窓は弊社製品ではございません。
※4 換気扇の吸排気口を屋外に設ける場合は建築主事にご確認ください。

ご採用にあたってのご注意

  • 防音室は気密性が高くなりますので、酸欠事故防止のため、必ず防音換気扇を設置してください。
    また24時間換気は建築基準法で義務化されています。必要な風量をご確認の上、換気扇を選定してください。
  • 外壁構造例の吸音ウールは防音性能に必要な部材で断熱は別途検討が必要です。
  • 防音室は気密性が高くなりますので、においがこもりやすくなります。十分に換気を行ってください。
  • ドラム、エレキギター、ベース等の楽器は音量の大きさと楽器の特性により対応できません。
  • 集合住宅では上階と隣戸と繋がっているため、上記防音構造にしても完全に音を遮断することはできません。

防音建材・音響製品
カタログ・資料請求

防音建材・音響製品
FAQ・お問合せ

Webカタログの閲覧・請求は、下記のボタンからご依頼いただけます。

防音・音響仕様についてのご相談は、サウンドセンターにて承ります。

防音お問い合わせ先 : サウンドセンター

お問合せアイコン

東京:03-6271-7785 
大阪:06-6205-7245

受付時間:平日10:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・お盆は休みとなります。)