建築用語集 入隅

入隅の画像

入隅(いりすみ)とは、建物の二つの壁や板が内向きに入り合うことでできる角のことを指します。内側に向いたの隅のことを表します。入隅と対の言葉となるのが出隅(ですみ)。出隅は2つの壁・板が外側に向いた隅(角)となります。

基本的に入隅で壁クロスなどの内装仕上げの貼り分けや繋ぎ合わせ(クロスの継ぎ目)が成されています。
入隅は建築・土木の専門用語として使われている言葉で、「いりすみ」と発音される他「いりずみ」と、濁音を含めて発音されることも少なくありません。

  • 出隅

カテゴリから探す

<監修>

  • 榑林 宏之

    一級建築士(BAUMPLANNING一級建築士事務所 代表)
    中堅ゼネコン設計部を経て独立、一級建築士として活動。自然環境への取り組み(自然との共生)の一環として自然災害・防災(主に地震災害・防災)研究及び啓蒙活動を推進しています。