ダイケンリフォームマガジン
リビング収納にもなる”小上がり”。和紙の畳おもてが魅せる快適生活

リビング収納にもなる”小上がり”。和紙の畳おもてが魅せる快適生活

昔ながらの日本の家を訪れた時、風が通り抜けるような何ともいえない開放感を感じたことはないでしょうか。

「徒然草」の中の「家の作りやうは、夏をむねとすべし」という言葉からも分かるように、昔から日本では風通しや涼しさを重視した家づくりが行われてきました。壁やドアで空間を分断するのではなく、ふすまや障子など、薄くて軽く自由に開閉できるもので曖昧に空間を仕切るという方法がとられてきたのです。

さらに日本では、「間仕切り以外の方法で空間を分ける」という知恵も受け継がれてきました。そのひとつが「小上がり」という、床が少し高くなった小さな座敷です。小料理屋や和風旅館などでよく見かけますね。小上がりにはふすまなどの仕切りがない場合も多く、床に段差があることで、私たちは「こことあそこは違う空間だ」と自然に意識できます。

そして近年、この小上がりを自分の家に取り入れたいと考える人が増えているのです。その背景には、どんなことがあるのでしょうか。この記事では、現代のライフスタイルに活きる「小上がり」の魅力について解説します。

日本家屋の「仕切り」の知恵。小上がりで新しいライフスペースを

日本家屋の「仕切り」の知恵。小上がりで新しいライフスペースを

床の高さを変えるだけで視覚的に仕切る効果があり、周囲とは違った雰囲気の空間を作り出す「小上がり」。実は、スペースが限られがちな現代の住宅ともとても相性がよいのです。

最近人気の「仕切りのないオープンなリビング」は確かに部屋が広く見えますが、単調で目的のはっきりしない空間になってしまうこともあります。それでは、広いことは広いけれど、リラックスするためのスペースと家事や仕事のスペースがごっちゃになって落ちつかない……ということにもなりかねません。

小上がりを設けることで、リビングの中に少し違う雰囲気をもつ場所を作り出し、空間全体にメリハリをつけることができます。さらに、段差に腰かけて家族や友人との会話を楽しむ、寝ころんでくつろぐなど、暮らしにも様々な変化をつけることができるのです。そんな小上がりがもし自分の家のリビングにあったとしたら……日々の暮らしがもっと新鮮なものになりそうな気がしませんか?

リビングダイニングの小上がりを上手に収納に活かす

日本家屋の「仕切り」の知恵。小上がりで新しいライフスペースを

リビングに小上がりを作ることのメリットは他にもあります。小上がりの床の高さを活かし、下に引き出しのついた便利な「リビング収納」として使うことができるのです。これも最近の小上がり人気の大きな理由のひとつになっています。

「収納つきの小上がりなんて、お金も時間もかかりそう。床を壊さなければいけないだろうし」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、小上がりを作るのに、実は必ずしも大掛かりな工事は必要ありません。例えば、DAIKENのシステム収納『MiSEL(ミセル)』を使って、既存の床を壊すことなく簡単に小上がりを作ることができるのです。

『MiSEL』は、使う人のニーズに応じてカスタマイズできるシステム収納。壁をフルに使った大きな壁面収納や、両側から収納ができるパーテーションなど、多彩な収納を自由に作れるのが魅力です。リビング収納を兼ねた小上がりは、この『MiSEL』の「小上がりユニット」を使って作ります。

作り方は、蓋つきの頑丈な箱型ユニットに天板を載せて連結しながら並べていくだけ。とてもシンプルです。

小上がりの前面には、中がオープンになった「床置オープンユニット」を設置して、キャスター付きの引き出しをセットします。よく使うものは引き出しに入れておけば、使いたい時にさっと取り出せて便利です。一方、小上がりの奥には箱型で上にふたがついている「床置ユニット」を設置します。こちらは天板を外してふたを開けることで中のものを出し入れできます。あまり使用頻度が高くないものは、この中に収納するのがおすすめです。

奥の部分まで無駄なく収納スペースとして使える『MiSEL』の小上がりユニット。その収納力はかなりのものです。すっきり片付いたおしゃれなリビング空間を作るのに、きっと一役買ってくれるでしょう。

『MiSEL』の小上がりユニット

小上がりで和モダンを意識したおしゃれな室内空間を

小上がりで和モダンを意識したおしゃれな室内空間を

日本の知恵として受け継がれてきた「小上がり」。作るなら、床の素材はじかに寝転んでくつろげる畳にするのがおすすめです。『MiSEL』の小上がりユニットでは、床となるユニットの天板に和紙で作られたDAIKENの畳『健やかおもて』(※)を使用しています。

『健やかおもて』は、機械ですいた和紙をこより状に加工して樹脂コーティングを施したものを、織り込んで作った畳おもてです。本物のイ草の畳にも引けをとらない端整な織目の表情と色合いの美しさ、そして優しい肌触りが自慢。その品質の高さから、ホテルの客室や旅館、寺院などでも多く採用されています。

健やかおもて

和紙に樹脂コーティングを施しているので、撥水性に優れ、紫外線や引っ掻きなどに強いのも大きなポイント。カビの発生やダニの増殖もイ草に比べると格段に少なく、赤ちゃんやアレルギー体質の方などにも優しい畳といえます。

和紙で作られているからこそ実現した、豊富なカラー展開も魅力的です。『MiSEL』の小上がりユニットに使用する畳の色は、オーソドックスなグリーンから、部屋を明るく見せるアイボリーやシックなダークブラウンまで、全部で6種類。あなたのリビングのイメージにぴったり合う色が、きっと見つかるでしょう。

豊富なカラー展開

縁のない正方形の畳おもてを並べた「琉球畳」のような小上がりは、和風すぎない小粋な雰囲気。洋風の空間にほんのり和のテイストが加わり、スタイリッシュな和モダンインテリアのリビングが完成します。

畳に寝転がってのんびりくつろげて、便利なリビング収納としての役割も果たし、しかも空間にメリハリをつけて和の雰囲気を添えてくれる「小上がり」。あなたの家にもぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。きっと、想像以上の快適生活が待っているはずです。興味を持たれた方は、ぜひ大建工業のホームページやWebカタログ、ショールームの展示などをご覧下さい。

【関連製品コンテンツ】
小上がりプラン一覧 ⇒ 詳しくはこちら

【関連製品カタログ】
『MiSEL』カタログ ⇒ 詳しくはこちら

【関連リンク】
『健やかおもて』は「次世代住宅ポイント」の対象製品です。 ⇒ 詳しくはこちら


(※)機械すき和紙を使用しています。コウゾ・ミツマタ等を使用した手すき和紙ではありません。また、本ページで記載の和紙の畳とは、畳のおもて部分のことを指し、畳床部分まで、全てが和紙製ではありません。

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #リビング収納 #おしゃれな部屋 #ホテルライク #和モダン #壁面収納 #壁材 #床材 #畳 フローリング #オープンシェルフ #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #赤ちゃん リビング #ふかし壁 #小上がり #マンション ペット #犬 フローリング

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE