ダイケンリフォームマガジン
簡単床リフォーム! 床の張り替えをせずとも敷くだけでOKな”吸着フローリング”

簡単床リフォーム! 床の張り替えをせずとも敷くだけでOKな”吸着フローリング”

スマホや文庫本などにカバーをつけて使っている人をよく目にします。カバーは本体をキズや汚れから守るものであり、こうしたカバーを使う人は、ものを大切にする人には特に多いかもしれません。また、雑貨屋さんをのぞくと、さまざまな色やデザインのスマホカバーやブックカバーが売られています。カバーは単に大切な何かを保護するだけでなく、色やデザインで個性を出したい、おしゃれに演出したい、という目的もあってのことでしょう。そのときの気分でカバーを変えるだけで、本体はそのままでも、気軽にイメージチェンジも楽しめます。

一方、インテリアではどうでしょうか? お部屋のイメージを変えたいとき、カーテンなどは手軽に交換できますが、床の色や床材を変えるには、通常であれば、大がかりな工事になりがちです。
もし、手軽にリフォームが行えて、フローリングの保護ができるアイテムがあったら嬉しいと思いませんか?
DAIKEN REFORM MAGAZINE

床のイメージを変えたいけど、リフォームは大変?

DAIKEN REFORM MAGAZINE
さまざまな理由から、床のリフォームを検討することがあると思いますが、通常は床材の交換(張替え)になります。これは、既存のフローリングなどの床材をすべてはがして撤去し、新しい床材に張り替えるといった大がかりな工事です。いったん、「床」がなくなるわけですから、住みながらのリフォームでは、その部屋にあった家具や荷物はすべて移動させる必要があるなど、何かと生活への影響も少なくありません。また、費用についても、新しい床材とその施工費に加え、古い床材の解体撤去工事、撤去した床材の処分費用などもかかります。

このようなことから、床のリフォームは手軽に行えないのが一般的でした。しかしながら、「自宅のクッションフロアの床をフローリングに変えておしゃれな雰囲気にしたい」、「子どもが成長するまでの間、フローリングにキズがつかないように保護したい」――こんなちょっとしたリフォームの要望もあるのではないでしょうか?

そこで、おすすめしたいのがDAIKENの『吸着フローリング』です。

手軽な施工で、お手入れもカンタンな床材とは

DAIKEN REFORM MAGAZINE
DAIKEN REFORM MAGAZINE
『吸着フローリング』は、既存のフローリングやクッションフロアの上に敷くだけで手軽に床のリフォームができるというフローリング材です(※床材の種類や床の状態、またマンションの規約などによっては、使用できない場合もあります)。まさに「敷くだけ」なので、簡単かつスピーディに床のリフォームができます。

簡単施工が大きな特長ですからDIYも可能で、変形した部分にあわせてカッターナイフでカットでき、女性ひとりでの施工も可能です。クギや接着剤を使わないので、張り直しや後からキレイにはがすこともでき、既存のフローリングを保護する目的でも使えます。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
また、既存の床の解体撤去が不要なので、工事の費用と時間が大幅に抑えられます。例えば、8畳の広さの部屋をDIYで施工した場合、通常の床の張替えリフォームと比較すると、トータルコストはおよそ半分、作業時間は約3時間という手軽さです。

このようにメリットの多い『吸着フローリング』ですが、すぐれた性能も持ちあわせています。まず、フローリングでありながら、ワックスがけが必要ありません。加えて、重いものなどによる凹みキズや引きずりキズに強いため、車イスやキャスター付きのイスも問題なく使用できます。砂ぼこりやスリッパなどによるすりキズもつきにくくなっています。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
さて、カラーやデザインのバリエーションが気になるところですが、『吸着フローリング』はナチュラルな木質感を活かしたデザイン。特注色も含め、明るいトーンからダークで落ち着いた色合いまで5つのカラーで展開しています。インテリアのイメージや個性にあわせたコーディネートを楽しんでいただけます。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
DAIKEN REFORM MAGAZINE

賃貸住宅でも可能! こんな目的のリフォームにも

『吸着フローリング』は多くのうれしいメリットと性能を備え、カラーバリエーションも豊富ですから、さまざまな目的のリフォームにお使いいただけます。
例えば、自分のお気に入りのインテリア空間を作るために床を変えたい時や、家族の誰かが車イスや杖を使うことになった場合、既存の床の保護も兼ねて、車イスなどのキズにも耐えられる『吸着フローリング』で床リフォームをすれば安心です。また、お手入れも簡単ですので、小さい子どもさんがいるご家庭でも使っていただくことができます。

さらに、元の床を傷つけず、張ってはがせることのメリットは賃貸住宅にも大きく活かせます。賃貸暮らしでも床リフォームができて、退出の際は簡単に元に戻せます。
賃貸住宅のオーナーさんにとっても、DIYが可能な簡単施工は大きなメリットです。経年劣化などによる床リフォームは、専門業者に依頼するとそれなりの工事費用がかかりますが、『吸着フローリング』なら、簡単・低コストで新品のフローリングへの変更が可能で、物件の価値を上げることができます。自分で施工すれば、さらに少ない費用で済みます。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
床によって部屋のイメージや居住性は大きく変わります。手軽に床のイメージを変えたい、生活の変化にあわせてフローリング材を交換したいなど、床リフォームをお考えの際は、ぜひ一度『吸着フローリング』のカタログをご覧ください。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
※製品に関する「ご注意」は下記ページをご参照ください。
【関連製品カタログ】
『吸着フローリング』 ⇒ 詳しくはこちら

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #間取り #リビング収納 #おしゃれな部屋 #クローゼット #ホテルライク #和モダン #趣味の部屋 #壁面収納 #壁材 #床材 #天井材 #天袋 #畳 フローリング #オープンシェルフ #ドア #国産材 #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #浴室リフォーム #洗面所リフォーム #部屋リフォーム #キッチンリフォーム #玄関リフォーム #寝室リフォーム #子供部屋リフォーム #バリアフリーリフォーム #床リフォーム #ドアリフォーム #赤ちゃん リビング #耐震 #バーカウンター #大理石 #室内窓 #ふかし壁 #小上がり #水回り #勉強部屋 #書斎 #マンション結露 #高齢化社会 #ペット #マンション ペット #犬 フローリング #ねこステップ #ペットドア #ダイライト #床暖房 #掘りごたつ #カウンター #調湿 #消臭 #インテリアテイスト #花粉症 #換気 #セキュリティ #トイレ リフォーム #トイレ 床 #階段 #腰壁 #壁 リフォーム #天井 リフォーム

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE