ダイケンリフォームマガジン
床リフォームでおしゃれな床に! リビングがいつまでも美しい“トリニティ”とは!

床リフォームでおしゃれな床に! リビングがいつまでも美しい“トリニティ”とは!

自宅をリフォームするなら、テレビドラマや映画に出てくるようなおしゃれな部屋に住みたい、みんなに自慢できる家をつくりたいと思いませんか。
ただ、実際にリフォームをすることになった場合、工事の範囲が大きくなるほど、天井・壁・床といった建材の材質や色、柄などを決めていくのは大変な作業となってきます。特に全面的なリフォームの場合は、迷ってしまってなかなか決められないこともあるかもしれません。
そこで今回は、住宅のリフォームを検討する際のコツと、自慢できる家づくりにおすすめの建材を紹介します。

住空間づくりの基本は、床から?

DAIKEN REFORM MAGAZINE
リフォームを検討する場合は、まず内装を構成する要素のうち「床」に注目してみましょう。
床は、内装の中でも大きな面積を占め、常に体に触れている重要な部分です。その床材を先に決めて、それを軸に壁材や天井材をトータルコーディネートするように選んでいけば、内装のプランも立てやすくなります。
しかし、床材には非常にたくさんの種類があり、見た目だけではなく肌触りや質感、機能性などにもこだわって選ぶことが大切です。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
近年では、フローリングがおしゃれな空間によく用いられています。
フローリングには、天然木をそのまま活かした無垢(むく)材と、合板などの基材の表面に、薄くスライスした木の板(突板)を貼って塗装仕上げしたものや、化粧シートを貼ったものなどの各種フローリングがありますが、このうち、より高級感があるのが無垢材です。無垢材には、天然木ならではの風合いと肌触りの良さ、調湿性などがある一方で、無垢を保っていく上でお手入れが大変なイメージがあります。
そこで、ご紹介したいのが、DAIKENの床材『トリニティ』です。

美しさと高級感を極めた床材『トリニティ』

DAIKEN REFORM MAGAZINE
トリニティ』は、「意匠」「品質」「技術」の3つの要素を高レベルで実現した、美を極めた化粧床材です。
四周木口面にまで化粧を施した業界初の技術によって、床材の継ぎ目といったディテールにまで及ぶ繊細で美しい仕上げを実現しました。これまでの化粧床材では表現できなかった無垢材のフローリングに近い立体感のある質感を持ち、カラーとテクスチャー展開も豊富です。

トリニティ』は、また、通常、無垢材では安定的に確保するのが困難とされる178mmの幅広なデザインも実用化しています。これにより、従来では無垢材でもむずかしかった圧倒的な存在感あるグレードの高い空間づくりが可能です。
このように『トリニティ』は、まるで無垢材のような質感を持ちながら、無垢材の弱点を補う床材といえます。さらに、『トリニティ』の高い機能性はそれだけではありません。表面の特殊オレフィンシートにより年数を経ても日焼けや色あせがしにくく、 へこみやキズがつきにくいといった高い耐久性も備えています。さらに、割れや反りを抑え床暖房にも対応し、お手入れもカンタンです。

豊富なカラーでおしゃれな空間コーディネートを

DAIKEN REFORM MAGAZINE
トリニティ』の表面の色・柄は10種類取り揃えています(2019年11月現在)。
もっとも明るい色合いの〈アッシュ柄〉から、深い落ち着いた色合いの〈ウォールナット柄〉まで、いずれも色・柄ごとに異なる種類の天然木の色とテクスチャーを再現しています。カラーやデザインはもちろん、木の種類による肌触りの違いにもこだわって、おしゃれな部屋を実現できます。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈バーチ柄(グレー)〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈アッシュ柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈シカモア柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈メープル柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈オーク柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈チェスナット柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈チェリー柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈チーク柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈マホガニー柄〉
DAIKEN REFORM MAGAZINE
〈ウォールナット柄〉 

どの柄も高級感があり、木のあたたかみを感じられるデザインに仕上がっているので、きっと満足のいく床リフォームができるはずです。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
さらに、『トリニティ』は汚れやすいダイニングやキッチンの床にも安心して使えるので、広いLDKづくりに最適です。また、同じ色・柄のバリエーションで階段用の部材もあるので、廊下や玄関まわりの床と階段をコーディネートすれば上質な空間を演出できます。

このように色柄のバリエーションが豊富で、メンテナンス性や機能性も高い『トリニティ』なら、リビングや寝室だけではなく廊下やトイレや洗面所など、玄関や階段にも使えるので、家中のトータルコーディネートが可能です。
おしゃれな部屋に住むという願望を叶えて、いつまでも自慢できる家をつくるために、『トリニティ』をリフォームの基軸として活用してみてはいかがでしょうか。

※製品に関する「ご注意」は下記ページをご参照ください。
【関連製品コンテンツ】
『トリニティ』 ⇒ 詳しくはこちら

【関連製品カタログ】
『トリニティ 2020-21』 ⇒ 詳しくはこちら

DAIKEN ショールーム
https://www.daiken.jp/sr/
※記事掲載時点の情報と、各ショールームの展示製品が異なる場合がございますので、あらかじめ各ショールームにお問い合わせ・ご確認のうえ、ご来館ください。

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #間取り #リビング収納 #おしゃれな部屋 #クローゼット #ホテルライク #和モダン #趣味の部屋 #壁面収納 #壁材 #床材 #天井材 #天袋 #畳 フローリング #オープンシェルフ #ドア #国産材 #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #洗面所リフォーム #部屋リフォーム #キッチンリフォーム #玄関リフォーム #寝室リフォーム #子供部屋リフォーム #バリアフリーリフォーム #床リフォーム #ドアリフォーム #赤ちゃん リビング #耐震 #バーカウンター #大理石 #室内窓 #ふかし壁 #小上がり #水回り #勉強部屋 #書斎 #高齢化社会 #ペット #マンション ペット #犬 フローリング #ねこステップ #ペットドア #ダイライト #床暖房 #オンボード工法 #掘りごたつ #カウンター #調湿 #消臭 #インテリアテイスト #花粉症 #換気 #セキュリティ #トイレ リフォーム #トイレ 床 #階段 #腰壁 #壁 リフォーム #天井 リフォーム

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE