MiSELの特長

POINT06 安心の耐震設計で地震の“揺れ”にも慌てない

大きな収納は便利な反面、万一の地震などによる転倒が心配。
「ミセル」は、強い地震が襲ってきても慌てないように、随所に耐震の工夫を施しました。
転倒しにくく、また収納物が飛び出しにくい仕様とすることで、二次災害を未然に防ぎます。

大きな収納は便利な反面、万一の地震などによる転倒が心配。「ミセル」は、強い地震が襲ってきても慌てないように、随所に耐震の工夫を施しました。転倒しにくく、また収納物が飛び出しにくい仕様とすることで、二次災害を未然に防ぎます。

石膏ボード壁に、『オンボード工法』施工をして実験。
震度7を想定した耐震試験でも優れた耐久性を実証しました。

  • 震度7を想定

    DAIKENでは阪神淡路大震災レベルの震度7の揺れを耐震試験で再現。
    固定ありと壁にビス固定なしでは違いが一目瞭然です。通常の壁固定とオンボード工法で壁固定の強度に差はありません。

  • 震度7による耐震試験

なぜ家具類の転倒・落下・移動防止対策が必要なの?

なぜ家具類の転倒・落下・移動防止対策が必要なの? なぜ家具類の転倒・落下・移動防止対策が必要なの?

だから、「ミセル」は耐震設計に徹底的にこだわりました。

「MiSEL」は、阪神淡路大震災を再現した地震波による検証を行っています。

①補強下地へ直接固定

  • ①補強下地へ直接固定 通常の壁固定の場合
  • 通常の壁固定の場合

    「MiSEL」はユニットを壁や梁内の補強下地に直接固定するので、地震時等の揺れに強い仕様です。

    ※補強下地には厚さ12mm以上の丈夫な下地を使用してください。

    吊りユニットは、L金具で、より強固に壁に固定します。

    ※奥行200mmユニットは除く。

  • スライドカウンター(奥行300・450mm用)

    詳細、拾い出しに関しては、プランニングソフトにてご確認ください。
    ※オンボード工法用部材については、P.148をご覧ください。

  • オンボード工法の場合

    オンボード工法の場合穴を開けることのできない壁や、下地のない部分に桟を接着剤で固定し、その桟に収納を固定する工法です。

    • 炊飯器やポットなどの家電製品の収納に。3口コンセントも設置して配線もスッキリ。※耐荷重10kgまで
    • 棚板と桟の納まり

      ※オンボード工法と従来の工法で奥行きに変更はありません。

②ユニット同士を連結

  • ①補強下地へ直接固定 通常の壁固定の場合
  • 隣接するユニット同士をネジで連結するので、さらに安定感が増します。

③耐震ロックで自動ロック(開き扉・フラップ扉・引出し)

  • ③耐震ロックで自動ロック(開き扉・フラップ扉・引出し)
  • 揺れを感知すると自動でロックがかかる「耐震ロック」を標準装備。強い震動でも扉が開かないので、収納物の飛び出しによる二次災害を防ぐことができます。
    ※フラップ扉は上開きの場合は、耐震ロックは使えません。

    説明動画をチェック

④TVを固定

  • ④TVを固定
  • TVを下地固定する「壁掛けバックパネル」を採用すれば、TVの転倒による破損や事故を防ぐことができます。

※ご注意ご紹介の仕様は、被害防止を必ずしも保証するものではありません。揺れ方向や設置条件によっては転倒・落下の恐れもございます。

おすすめのプラン

他のプランを見る・さがす

あなたに合った
MiSELプランを検索する。

設置場所
設置する収納のサイズ
  • cm
  • cm
用途・機能