DAIKEN

MENU CLOSE

04.もう配線に悩まない MiSELの特長

配線にまつわるこんなこと。気になっていませんか?
  • 配線にまつわるこんなこと。気になっていませんか?
  • 「ミセル」で全部解決!

秘訣はユニット後方に設けたコード動線。

  • 秘訣はユニット後方に設けたコード動線。
  • 「ミセル」は、正面から見えにくい場所にきめ細かく配線の通り道を確保。またTVボードは、タイプごとに最適な配線処理システムを採用。大量のコードを隠すことで、洗練された外観に仕上げます。

コードレスで見た目スッキリ。実は、内部はこうなっているんです。

  • コードレスで見た目スッキリ。実は、内部はこうなっているんです。
    • コード配線はユニットの中。だから壁とユニットの間に隙間ができません。
    • また、敗戦の通り道が決まっているから、コードがばらつきません。
    • ユニット内のコンセントでコードが集約するから、外に露出する配線はごくわずかになります。
  • ①開閉フィラー
    ぎりぎりまで隠して、目立たせず既存コンセントへ接続する。
    ①ぎりぎりまで隠して、目立たせず既存コンセントへ接続する。
  • ②配線カバー、配線加工
    ユニット内部から、カウンター上に配線を通す。
    ②ユニット内部から、カウンター上に配線を通す。 ②ユニット内部から、カウンター上に配線を通す。
  • ③固定棚、自在棚
    各棚に家電のコードの通り道を確保。
    ③各棚に家電のコードの通り道を確保。 ③各棚に家電のコードの通り道を確保。
  • ④配線キャップ
    左右に連結したユニットに配線を通す。
    ④左右に連結したユニットに配線を通す。
  • ⑤配線カバー
    壁掛けTV用バックパネルの裏に配線を通す。
    ⑤壁掛けTV用バックパネルの裏に配線を通す。
  • ⑥3口コンセント
    AV機器の電源をユニット内で取る。
    ⑥AV機器の電源をユニット内で取る。
  • ⑦マルチメディアコンセント
    電源やLAN、TV等の接続を機器付近で集約。バックパネルや壁面に取付可能。
    ⑦電源やLAN、TV等の接続を機器付近で集約。バックパネルや壁面に取付可能。

TVボードのタイプに合わせた配線システム

TVの設置方法やTVボードのタイプごとに、それぞれ最適な配線システムを装備。コードが表に見えない、美観に優れたスペースに仕上げます。

  • 壁掛けTV用バックパネル
    • パネルのTV真裏にコンセント(オプション)を設置し、コードを集約。
    • バックパネルの裏を通って他のAV機器と接続するため、表面には一切の配線が見えません。
    • 壁掛けTV用バックパネル
    • 壁掛けTV用バックパネル
  • TVボードフロートタイプ
    • カウンター後方の配線加工にコードを通して、デッキへの配線も簡単。カウンターには別途配線カバーを取付けて見た目もスッキリ。
      ※配線加工は現場加工です。
    • TVボードフロートタイプ
    • TVボードフロートタイプ
  • コーナーTVボード
    • ユニット背面に設けた隙間にコードを通して、既存のコンセントをそのまま利用。
    TVボードフロートタイプ
  • TVボードオープンタイプ
    • カウンター後方の配線加工からユニット背面開口部にコードを通して、デッキへ配線。
    TVボードオープンタイプ
  • TVボードシステムフロートタイプ
    • カウンター後方の配線加工にコードを通して、デッキへの配線も簡単。
    • 電源はTV後方のユニット内に設置するコンセント(オプション)を利用。ユニットから延びる配線は最小限。
      ※電気工事が必要です。
    • TVボードシステムフロートタイプ
    • TVボードシステムフロートタイプ
  • TVボードキャスタータイプ
    • カウンター後方の配線加工からユニット背面開口部にコードを通して、デッキへ配線。
    • TVボードに内蔵された3口コンセントでコードを集約し、TVボードから延びる配線は最小限。
    • TVボードキャスタータイプ
    • TVボードキャスタータイプ
  • TVボードシステムタイプ
    • TVボードに重なったカウンターの自由な位置に配線カバーを現場で取付け。コードをユニット内部に隠してスッキリ。
      ※配線加工は現場加工です。
    • TVボードシステムタイプ
    • TVボードシステムタイプ
  • ※配線や、コンセント設置の詳細につきましては、 ミセルカタログP.185『TV台廻りのコンセント設置推奨位置」を参照ください。

多目的棚も自在に配線を通す

キッチン家電やパソコン関係、照明等、さまざまな電化製品のコードもユニット内部後方にスマートに隠します。

    • 固定棚
      • 右端に欠き取りを設け、配線を通します。
      • 配線をしない場合はカバーで穴を隠すことができます。
        (上面、下面用でカバーを2個同梱)
      固定棚

      ※固定棚のカバーは、側板に取付ける巾木避けカバーと共通です。

    • 自在棚
      • 棚の奥行を、ユニット本体より若干浅めにすることで、背板と棚の間に配線を通す隙間を設けています。(19.5mm)
      自在棚
  • 格納デスク/スライドカウンター
    • 格納デスクやスライドカウンターには、家電の設置を想定してコンセント(オプション)を設置。悩みのコード処理から解放されます。
    • 格納デスク
      格納デスク
    • スライドカウンター
      スライドカウンター

内部に配線を通して、ユニット裏をスッキリ

  • スライドカウンター

    連結したユニット間も、各ユニットの後方側面に配線穴を設けることで、ラクラク配線。ユニット後方を貫通するため、壁固定後でも簡単に配線を通すことができます。 
    ※後方側面の配線穴が不要な場合は隠すためのカバーを同梱しています。
    ※奥行300/450の床置きユニット底板には、固定棚と同様に右端に切欠きを設けています。

    • 配線キャップ
      配線キャップ

      ユニット間の配線穴(現場加工)もキャップできれいに隠せます。

    • 開閉フィラー
      開閉フィラー

      開閉フィラーを利用すれば、既存のコンセントもそのまま使用できます。

スタイリッシュファニチャー ミセル