ダイケンリフォームマガジン
花粉症対策と換気。“24時間換気”は換気扇のフィルター掃除が大切!

花粉症対策と換気。“24時間換気”は換気扇のフィルター掃除が大切!

寒い季節は春が待ち遠しいものですが、近年では寒さが緩んでくる前から花粉症対策を考えるという人が多いようです。屋外では一年を通してなんらかの植物の花粉が飛んでいますが、杉・ヒノキなどの花粉は例年だと2月後半から4月頃が飛散量のピークになるといわれています。
花粉症によるくしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状はとても不快なものです。重症化すると日常生活や仕事に支障をきたしますし、他の病気を誘発することもあります。そのため、早めから住まいも含めた花粉症対策をして、快適な環境づくりが必要となります。

住まいの花粉対策ってどうすればいいの?

DAIKEN REFORM MAGAZINE
住まいの花粉対策は家の中に花粉を入れないことが基本です。その方法として、外出から帰った時は家に入る前に上着についた花粉を払う、洗濯物は室内干しにするなど工夫しているご家庭は多いと思います。これらに加えて、家中を閉め切るようにしたいところですが、健康のためには換気も大切です。

伝統的な日本家屋は密閉性が低く風通しの良い構造でしたが、気密性が高い現代の住宅では意識的に換気する必要があります。2003年の建築基準法の改正以降、シックハウス症候群への対策のために着工されるすべての住宅に24時間換気システムを設けることが義務づけられたため、家の中の空気は一日中入れ替えられていることになります。それでは、換気扇を通して花粉が入ってくる可能性はないのでしょうか? 少し不安になりますね。

24時間換気ってどんなもの? いろんな種類があるってホント?

DAIKEN REFORM MAGAZINE
そもそも24時間換気とは、どのようなものなのでしょうか。
まず、換気設備とはどのようなものか簡単に説明しておきましょう。機械による換気では室内の空気を外に送り出す排気と外から空気を取り込む給気の設備が必要になります。排気と給気を一体化させた換気扇もありますが、現在の住宅では壁などに排気用のファンとは別の給気口が設けられているのが一般的です。

24時間換気システムは、洗面所や居室内に設置された給気口から外気を取り込み、トイレなどに設けられた排気口から汚れた空気を排出して家中の空気を継続して入れ替えるシステムで、その名称通り、この一連の流れを常に自動的に行います。このシステムは換気の方式により、次の3タイプに分けられます。

・第1種換気方式:排気と給気ともに換気扇などの機械で強制的に行う
・第2種換気方式:給気だけを機械で行い、排気は排気口より自然に行う
・第3種換気方式:給気は給気口より自然に行い、排気は機械で行う

このうち、主に住宅に用いられる換気方式は第1種と第3種です。排気と給気ともに強制的に行う第1種換気は安定的に空気を循環させられますが、コストが高くなりがちです。排気のみ強制で行う第3種換気は、第1種よりもコストが低いですが、花粉対策にはやや不利な面があります。

実は、24時間換気システムにも色々な製品があり、選び方や使い方によっては、花粉を家の中に取り込む可能性が高くなってしまいます。そこで花粉の時期に換気することが不安な方におすすめしたいのが、DAIKENの24時間換気システム『エアスマート』です。

高性能な『エアスマート』とこまめなお手入れで花粉対策を

DAIKEN REFORM MAGAZINE
DAIKEN REFORM MAGAZINE
DAIKENの『エアスマート』は改正建築基準法に対応した換気設備で、第1種と第3種換気タイプの製品があります。
新鮮な室外の空気を常時取り込むことで、燃焼式暖房の不完全燃焼を防ぐ効果も期待できるほか、第1種換気方式対応の全機種の給気ファンには高性能フィルターを内蔵していて、10μm以上の花粉や粉じんなどの粒子を約97%カット(質量法)しながら外気を取り入れることができます((※1) 第3種換気方式は75%カット)。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
低騒音設計のため運転音も静かで、室内の空気を速やかに入れ換えることが可能です。強制的に換気をすることで嫌な「臭い」や「生活臭」などに加えて湿気も排出するので、外気が乾燥している冬場の結露やカビの発生防止にも効果があります。またノンダクト(空気の通り道となる管が無い)方式なので、ダクト方式に比べて設置工事やメンテナンスが簡単なのも魅力です。

これなら花粉症の方も安心して24時間換気システムをお使いいただけると思います。とはいえ、効果的な花粉対策をするためにはフィルターのメンテナンスも欠かせません。使用するうちにフィルターには花粉やホコリが付着しますが、そのままにしておくと性能を十分に発揮できなくなってしまいます。そこで、2カ月に1度を目安に掃除機でフィルターについたホコリを吸い取り、グリル(フィルター枠)の汚れを40℃以下のぬるま湯でふき取るお手入れを行いましょう。
また、1年を目安にフィルターの交換が必要です。交換用フィルターは DAIKENパーツショップでお求めいただけます。『エアスマート』の性能を効果的に発揮させるために、定期的なお手入れ・フィルター交換を忘れないようにしましょう。
※お手入れ・フィルター交換をする際は、必ず換気扇の電源を切ってから行いましょう。また作業は手袋を着用して行ってください。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
『エアスマート』給気ファンのフィルターならスライドフィルター枠を下に抜き出すだけで、汚れたフィルターに触れることなくカンタンにお手入れ・交換が可能なのもうれしいポイントです。

さらに、別売オプションでPM2.5に対応(※2)した「微小粒子用フィルター(※3)」も用意されていて、こちらを設置すると2.0μm以上の粒子を約95%捕集(計数法)することができます。ただ、「微小粒子用フィルター」は微小粒子を捕集するためお手入れできず、約6ヵ月ごとに交換する必要があります。例年3〜5月頃のPM2.5濃度が上昇傾向にある時期などに使用すると良いでしょう。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
現在、24時間換気システムは大半の住居に設置されていますが、花粉症の方は特に安心して使用できる製品を選びたいものです。自宅の換気システムの性能に不安がある場合は、機器の入れ替えを検討してみましょう。
ファン搭載で高性能フィルター内蔵の第1種換気方式と、自然給気でコスト面に優れた第3種換気方式が用意されている、DAIKENの24時間換気システム『エアスマート』なら、花粉やホコリを排除して部屋の空気を新鮮に保つことができます。興味がある方は、ぜひカタログで詳細をチェックしてみてください。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
※製品に関する「ご注意」は下記ページをご参照ください。
【関連製品コンテンツ】
「24時間換気システム エアスマート全室換気タイプ」 ⇒ 詳しくはこちら

【関連製品カタログ】
「2020-21部位別(分冊版)2:壁材 天井材 耐震ボード 換気 火災警報器」 ⇒ 詳しくはこちら

DAIKENパーツショップ(交換用フィルター販売)
https://service.daiken.jp/service/


(※1)上記捕集率の数値は、フィルターの性能試験に基づく性能であり、実機の性能とは異なります。室内で発生した微小粒子等は捕集できません。

(※2)PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。

(※3)このフィルターでは0.3μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また空気中の有害物質の全てを除去できるものではありません。

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #間取り #リビング収納 #おしゃれな部屋 #クローゼット #ホテルライク #和モダン #趣味の部屋 #壁面収納 #壁材 #床材 #天井材 #天袋 #畳 フローリング #オープンシェルフ #ドア #国産材 #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #浴室リフォーム #洗面所リフォーム #部屋リフォーム #キッチンリフォーム #玄関リフォーム #寝室リフォーム #子供部屋リフォーム #バリアフリーリフォーム #床リフォーム #ドアリフォーム #赤ちゃん リビング #耐震 #バーカウンター #大理石 #室内窓 #ふかし壁 #小上がり #水回り #勉強部屋 #書斎 #マンション結露 #高齢化社会 #ペット #マンション ペット #犬 フローリング #ねこステップ #ペットドア #ダイライト #床暖房 #掘りごたつ #カウンター #調湿 #消臭 #インテリアテイスト #花粉症 #換気 #セキュリティ #トイレ リフォーム #トイレ 床 #階段 #腰壁 #壁 リフォーム #天井 リフォーム

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE