左右どちらも大きく開口が取れる3枚連動タイプの吊戸おもいやりキッズドア / 幼稚園・保育園・認定こども園用室内ドア 3枚連動吊戸

セット合計価格
※木質扉のセット価格です
¥273,500~¥442,500
おもいやりキッズドア 3枚連動吊戸 インセットタイプ Fデザイン
  • おもいやりキッズドア 3枚連動吊戸 インセットタイプ Fデザイン
  • おもいやりドア 3枚連動吊戸 インセットタイプ〈ミルベージュネオホワイト〉

設計・施工情報

  • 固定枠方式
  • 現場組立品

公的認定・業界団体に関する表記

  • F☆☆☆☆
  • 4VOC基準適合(木質建材)

表面素材

  • シート化粧扉:オレフィン枠:オレフィン

上記、各種マークの詳細につきましては、「マーク解説ページ」をご覧ください。

左右両側から開閉でき、開口も広いので収納庫などにおすすめです。

  • 3枚連動吊戸
    両端の扉を動かすと中央の扉も連動して開閉します。

  • 扉の衝突音を防いで静かな「ラクラクローズ機能」
    扉が閉まる直前にブレーキがかかり、衝突や跳ね返りを防止。扉をゆっくり静かに引き込みます。扉を開けるときと閉めるときの両方に作動します。

  • 汚れに強い表面シート
    クレヨンや油性マジックによる落書きなど、落ちにくい汚れも拭きとりやすい、表面シートを採用。忙しい先生の作業を軽減します。

  • 中扉の下レール
    中扉には段差3mmの下レールが付きます。

  • 扉付け戸当り
    扉上下にある戸当りで120mmの引残しを確保します。引手を持って開けても指挟みしないよう配慮しました。

  • 扉付けガイドピン
    前後扉下部の振れを抑える、中扉に取付けるガイドピン。

  • 指はさみ防止配慮

  • 扉と扉、扉と方立枠の隙間を大きくとり指はさみに配慮。扉に寄りかかった際に指がはさまってしまっても安心です。またモヘアを付けることで明かり漏れも防ぎます。

  • カラー引手への変更(オプション)
    使う場所やシーンに合わせて選べるカラフルな引手をご用意しました。

  • オートカマ錠付き引手(オプション)
    扉を閉めると自動でカマ錠がかかり、錠の閉め忘れを防止します
    扉が閉まると受け金具とカマ錠本体のマグネットが反発して、カマ錠が自動でかかり、錠の閉め忘れを防ぎます。

扉デザインバリエーション

  • A+A+A

    A+A+A

  • F+A+F

    F+A+F

  • J+J+J

    J+J+J

  • M+J+M

    M+J+M

色柄バリエーション

  • 〈モノホワイト〉

    〈モノホワイト〉

    ※J・Mデザイン・不燃面材扉にはお選びいただけません。

  • 〈ネオホワイト〉

    〈ネオホワイト〉

  • 〈クリアベージュ〉

    〈クリアベージュ〉

  • 〈ミルベージュ〉

    〈ミルベージュ〉

  • 〈ライトオーカー〉

    〈ライトオーカー〉

  • 〈ティーブラウン〉

    〈ティーブラウン〉

  • 〈トープグレー〉

    〈トープグレー〉

  • 〈ダルブラウン〉

    〈ダルブラウン〉

  • 〈オフブラック〉

    〈オフブラック〉

    ※不燃面材扉にはお選びいただけません。

WEBカタログで製品情報の詳細を見る

特設コンテンツ

各種ダウンロード

  • 取扱説明書

    取扱説明書

    製品に同梱されている施工説明書・取扱説明書をダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 製品画像

    製品画像

    製品写真や施工・特長写真の画像データ(JPG形式)を検索、閲覧、ダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 各種認定書類

    各種認定書類

    改正建築基準法に対応し、業者様向けに大臣認定書等のデータを提供しています。

    詳しくはこちら

製品仕様

木質面材扉 基材 MDF
表面 オレフィンシート張り
採光部 スチレン系樹脂(ミスト調半透明)※取外し不可
構造 フラッシュ構造(一部ベタ芯)
重量 30kg以下(1枚あたり)
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆住宅部品表示ガイドライン
木質枠 基材 MDFまたは合板
表面 オレフィンシート張り
ホルムアルデヒド規制 規制対象外部位製品※1
不燃面材扉 基材 ダイライト
表面 オレフィンシート張り
採光部 透明強化ガラス※取外し不可
構造 フラッシュ構造(一部ベタ芯)
重量 40kg以下(1枚あたり)
各種認定 国土交通大臣認定不燃材料
ホルムアルデヒド規制 告示対象外製品
  • ※1 建築基準法施行令20条の7では、規制を受けない部位ですが、内装仕上げ部分は、告示対象外材料または、国土交通大臣認定、JIS、JASのF☆☆☆☆材料で構成されています。