ダイケンリフォームマガジン
自宅内での転倒・転落を防止する方法! 家族全員が安心して生活するための手すりリフォーム

自宅内での転倒・転落を防止する方法! 家族全員が安心して生活するための手すりリフォーム

高齢者の事故で注意したいものの1つに「転倒事故」がありますが、その多くが家の中で発生していることをご存知でしょうか。高齢者の転倒はちょっとしたことでも骨折など大きな事故につながりやすいため、家族の生活を守るためにもできることはしておきたいものです。
今回は、そんな高齢者の転倒が発生しやすい場所やその対策、そして高齢者の転倒防止に役立つ手すり製品をご紹介します。

家の中で転倒が多い場所はどこ?

DAIKEN REFORM MAGAZINE

東京消防庁が公開している「救急搬送データからみる高齢者の事故」というデータがあります。この調査によると2015年からの5年間で高齢者が救急搬送された原因の第1位は「転ぶ事故」で、なんと全体の8割を占めています。さらには、そのうち5割が住宅内で起こっていることも分かりました。
発生場所としては、居室・寝室が最も多く、次いで玄関・勝手口、廊下・縁側・通路、トイレなどが続きます。

段差が少ない居室(リビング、個室など)や寝室で、転倒事故が多発するのはなぜなのでしょうか。それは、若い時には気づきづらかった障害が、部屋の中にあふれているからです。
高齢者になると歩く時につま先が上がりづらくなり、カーペットや敷物の微細な段差や電気のコード、床に置いてある新聞、敷きっぱなしの布団なども、高齢者が転倒する原因になってしまいます。
これらの対策方法は、高齢者の通り道に極力物を置かないようにすることです。床に散らかっているものはこまめに片付け、電気コードは壁に寄せて固定しましょう(コードを壁に固定するグッズは100円ショップでも手に入ります)。また、高齢者が歩く場所はなるべくスペースを広く取るようにします。カーペットを敷く時は、ずれたりまくれたりしないようにズレ防止シートを活用し、端は両面テープで固定すると安全です。

高齢者は玄関・階段に注意!

DAIKEN REFORM MAGAZINE

玄関や階段での転倒事故にも注意が必要です。階段を踏み外したり、玄関の段差につまずいたりして転ぶ事例が多く見られます。若いうちは筋力もあり、関節が動く範囲も広いため、段差があってもつまずきませんし、よろけたとしても踏みとどまるだけの力があります。しかし、高齢になるにつれて筋力は衰え、関節が動く範囲も狭くなってきます。以前は難なく超えられたはずの段差が大きな障害になってくるのです。
高齢者の転倒を防止する方法としては、段差のある場所の近くに手すりを設置するのが有効です。

DAIKENでは後付けができる手すりを幅広く取り揃えており、用途に合わせてお選びいただけます。
例えば、『手摺セット32型』は女性の手にもフィットしやすい直径32mmのL字型手すりです。玄関のちょっとしたスペースに設置すれば、立ち座りする際の補助として役立ちます。手すりの裏側は浅い凹みのあるディンプル型で、握りやすく滑りにくい仕様になっています。
もし階段に手すりが設置されていない場合や、現在ついている手すりが使いづらい場合は『システム手摺35型』をおすすめします。この製品は直径35mmの丸棒ストレート型で、手すりを支えるブラケットに固定式と着脱式の2種類をご用意しています。着脱式は本体と着脱ベースが分離しているのが特徴で、これなら施工時やリフォーム時に壁紙を貼り替える際もスムーズに行えます。滑り止め効果があり、階段の昇り降りをサポートしてくれる『手摺用グリップ(35型用)』も取付可能です。
手摺セット32型』と『システム手摺35型』のゴム集成材タイプは、『ビオタスク(抗ウイルス機能)』付きもお選びいただけます。衛生面に配慮したい方もぜひチェックしてみてください。

廊下・トイレも手すりで安全に

DAIKEN REFORM MAGAZINE

廊下も高齢者の転倒が発生しやすい場所です。段差のない廊下でも、長い距離を移動するのは高齢者にとって負担が大きいものです。疲れた時などはつい手近な壁や家具に寄りかかってしまい、そのまま転んでしまうことも考えられます。そのため、廊下にも手すりを配置しておくことが望ましいでしょう。DAIKENの『システム手摺35型』は階段だけでなく廊下にも設置でき、廊下での転倒対策として効果的です。

また、トイレは必ず「かがむ」「立ち上がる」の動作が発生する場所であり、転倒の危険性がどうしても高くなります。さらに、プライバシーの面からも空間の狭さからも、家族が動作を補助しにくいという難点があります。そこで対策として便座のそばに『手摺セット32型』を設置してみてはいかがでしょうか。高齢者が一人でかがんだり立ち上がったりする時の助けになります。

年齢を重ねると体力が落ちて転倒しやすくなるのは自然なことです。大切なのはいかにそれを防ぐための配慮をしておくということなのです。家族全員が健康で安全に暮らし続けられる生活環境をつくるために、手すりの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【関連製品コンテンツ】
『システム手摺35型』 ⇒ 詳しくはこちら
『手摺用グリップ(35型用)』 ⇒ 詳しくはこちら
『手摺セット32型』 ⇒ 詳しくはこちら

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #間取り #リビング収納 #おしゃれな部屋 #クローゼット #ホテルライク #和モダン #趣味の部屋 #壁面収納 #壁材 #床材 #天井材 #天袋 #畳 フローリング #オープンシェルフ #ドア #国産材 #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #洗面所リフォーム #部屋リフォーム #キッチンリフォーム #玄関リフォーム #寝室リフォーム #子供部屋リフォーム #バリアフリーリフォーム #床リフォーム #ドアリフォーム #赤ちゃん リビング #耐震 #バーカウンター #大理石 #室内窓 #ふかし壁 #小上がり #水回り #勉強部屋 #書斎 #高齢化社会 #ペット #マンション ペット #犬 フローリング #ねこステップ #ペットドア #ダイライト #床暖房 #オンボード工法 #掘りごたつ #カウンター #調湿 #消臭 #インテリアテイスト #花粉症 #換気 #セキュリティ #トイレ リフォーム #トイレ 床 #階段 #腰壁 #壁 リフォーム #天井 リフォーム

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE