ダイケンリフォームマガジン
”防音”で快適生活! 楽器を演奏したい、犬が吠える、足音が気になる

”防音”で快適生活! 楽器を演奏したい、犬が吠える、足音が気になる

防音にこだわると、こんなに生活が楽しくなる

音を楽しむと書いて“音楽”。
音楽は、聴くのはもちろん、自分で演奏するのも楽しいものです。

迫力のある音響で映画鑑賞や音楽演奏を楽しめる空間が自宅あったとしたら、きっと毎日家に帰るのが待ち遠しくなることでしょう。その他にも、家の中で子どもやペットと自由に戯れたり、知人を集めてホームパーティーで盛り上がるなど、音を気持ちよく出せる生活というのは、人生をより豊かにしてくれます。

ただ、楽しいはずの音が、他の家族のストレスになってしまったり、近所迷惑になってしまうようでは問題があります。他にも、子どもの走り回る音や犬の鳴き声、家電製品の運転音、トイレの使用音、ドアや窓の開閉音などの生活音もストレスの原因になり得ます。

そのため、しっかりと防音対策をして、音響にこだわってこそ、音を楽しむ生活が実現できるのです。

日常生活音も様々。 空気音と固体音に対する防音の違い

日常生活音も様々。 空気音と固体音に対する防音の違い

それでは音を楽しむための防音対策はどのようにすれば良いのでしょうか。
まず、防音について知るために、防音に関する用語を説明いたします。

・防音:遮音・吸音(調音)・防振の3要素をコントロールすること。
・遮音:音を通さないようにすること(後述の空気音対策のこと)。
・吸音(調音):音を吸収して反響を小さくしたり、響きを整えること。
・防振:振動が伝わらないようにすること(後述の固体音対策のこと)。

防音対策をするにはまず遮音が重要ですが、遮音性能だけを高めると部屋の中で音が反響しすぎて苦痛を感じるようになる可能性があります。
そこで吸音する必要があるのですが、闇雲に吸音しすぎると音の反響がほとんどなくなり、物足りなさを感じることになるでしょう。
この遮音と吸音のバランスが大切で、一般居室はもちろんですが、音楽鑑賞やホームシアター、楽器演奏などをご希望でしたら、より音響にこだわる必要があります。
もう1つ重要な要素が防振です。音は振動により伝わるため、振動を伝わらないようにすることも重要なのです。
遮音・吸音(調音)・防振の3要素を上手くコントロールして、しっかり防音しましょう。

前述したように音は振動により伝わりますが、音の伝わり方により2つのグループに分けることができます。
空気の振動により伝わる「空気音」と、床や壁などの振動により伝わる「固体音」です。

空気音には、自動車の音や犬の吠える声、人の話し声、楽器の音などがあります。
一方、足音や電車・トラックの振動、トイレの排水音などは固体音になります。

空気音と固体音の防音の仕方は異なります。防音にこだわるには、それぞれの音を防ぐポイントを押さえることが重要です。
空気音は空気を伝わります。隙間をなくす、壁を重くする、壁や窓を二重にするなどが効果的な対策です。
一方、固体音は構造躯体を震わせたり、柱や梁の中を伝播することで伝わります。そこで、構造を強化したり、床の下地に衝撃、振動を吸収する材料を使うと効果的です。さらに、浮き床にして構造体と離せば、固体音ばかりか空気音も抑えることができます。

「具体的にどんな防音対策商品があるの?」と疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。
そこで、おすすめの防音対策商品をご紹介します。

目的にあった防音リフォームで、音を楽しめる快適生活に

目的にあった防音リフォームで、音を楽しめる快適生活に

たとえばピアノなどを気兼ねなく演奏できる楽器練習室をつくる場合には、空気音で周囲に迷惑をかけない防音性能と、楽器の旋律を正確に確認できる音響性能を備えた、DAIKENの音響調整用天井材『オトテン』と壁材『オトカベ』がおすすめです。機能性に優れているだけでなく、デザイン、カラーともに豊富なので、自分好みの楽器演奏室をつくることができます。もちろん天井・壁の下地には『遮音パネル』、床には『遮音マット』を敷き詰めましょう。
さらに、空気音を防ぐには、隙間をなくすことが重要になります。開口部である扉と換気扇を『防音ドア』『防音ダクト換気扇』にリフォームして、しっかりと防音をしたいものです。

DADスペースLSシリーズ

DADスペースLSシリーズ

一方、足音などの固体音対策としては、フローリングの下にDAIKENの『遮音マット』を敷くだけでも階下や周囲に伝わる音を軽減できます。
さらにマンションなら『DADスペース』がおすすめです。床と構造体を離すことができるマンション用の二重床で、足音などの軽量床衝撃音はもちろん、子どもがあばれたときなどに発生する重量床衝撃音の改善にも有効です。

音を楽しむ生活を手に入れるためには、遮音・吸音(調音)・防振の3要素を上手くコントロールし、しっかり防音し、音響にこだわることが必要です。それには、知識と経験が豊富な頼れるパートナーの存在が必要不可欠でしょう。防音リフォームのプロDAIKENに相談してみてはいかがですか。きっと、あなたのお宅に合った防音リフォームの方法が見つかるはずです。

不定期ですが、DAIKENでは、各ショールームにて防音相談会を実施しています。防音相談会の情報は、下記URLショールームのトップページ内「ショールームからのお知らせ」にてご確認ください。

DAIKEN ショールーム
https://www.daiken.jp/sr/

また、百聞は一見に如かず、実際に防音室を体感してみてはいかがでしょうか。防音性の比較体験をご希望の場合は、全国各地にございます、DAIKENショールームの防音室へ、ぜひお越しください。

DAIKEN 防音を体感できるショールーム
https://www.daiken.jp/product/lp/sounddesign/cplaza.html


【関連製品コンテンツ】
DAIKENの建築音響製品 コンテンツ ⇒ 詳しくはこちら

【関連製品カタログ】
サウンドデザイン カタログ ⇒ 詳しくはこちら

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #リビング収納 #おしゃれな部屋 #ホテルライク #和モダン #壁面収納 #壁材 #床材 #畳 フローリング #オープンシェルフ #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #赤ちゃん リビング #ふかし壁 #小上がり #マンション ペット #犬 フローリング

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE