収納庫用の開き戸タイプおもいやりドア / 高齢者施設・サービス付高齢者住宅用室内ドア 収納開き戸新製品 / 巾狭タイプ新製品

収納開き戸 両開きAデザイン 両開き巾狭タイプAデザイン
  • 収納開き戸 両開きAデザイン 両開き巾狭タイプAデザイン

公的認定・業界団体に関する表記

  • F☆☆☆☆
  • 4VOC基準適合(木質建材)
  • SIAA ISO21702 抗ウイルス加工
  • SIAA ISO22196 for KOHKIN

「ホルムアルデヒド」・不燃面材扉は告示対象外製品。「4VOC」・不燃面材扉は除く。「抗ウイルス加工」・「for KOHKIN」は扉シートのみ

表面素材

  • 扉:木質面材:シート化粧(オレフィン)、枠:木質面材:シート化粧(オレフィン)

機能・性能

  • 抗ウイルス

  • 抗菌

  • 耐薬品

  • 低VOC

  • daikinECO

上記、各種マークの詳細につきましては、「マーク解説ページ」をご覧ください。

大きな荷物の出し入れに重宝する両開きと片開き、省スペースに対応する巾狭タイプをご用意しています。

  • 収納開き戸(片開き)

    このような場所におすすめです
    収納庫

  • 収納開き戸(両開き)

  • 掘込引手 ビオタスク・抗ウイルス機能SIAA ISO21702 抗ウイルス加工
    掘り込みが深いため指のかかりがよく、開けやすい引手です。
    掘込引手には抗ウィルス塗料をコーティングしており、高齢者の健康に配慮しています。

  • フランス落とし(両開きの場合)
    受扉の上下を固定します。必要に応じて解除することで自由に受扉を開閉することができます。

  • マグネットストッパー
    扉と枠の上下に設置されたマグネットで扉の開放を防止。フランス落としで閉めずに、片扉の開放が可能です。

  • 丁番
    3点吊調整丁番を使用しています。
    ※ 巾狭タイプはスライド式丁番です。

  • スライド式丁番(巾狭タイプ)
    施工後の微調整がスムーズにできるスライド式丁番を使用しています。

  • 錠付け対応(オプション)
    錠の取り付けに対応。オーダーで取り付け高さを変更することができます。

  • 枠外幅範囲(オーダー対応)

両開き デザインバリエーション

  • A

    A

  • J

    J

両開き 巾狭タイプ デザインバリエーション

  • A

    A

  • J

    J

片開き デザインバリエーション

  • A

    A

  • J

    J

片開き 巾狭タイプ デザインバリエーション

  • A

    A

  • J

    J

色柄バリエーション

  • 〈モノホワイト〉

    〈モノホワイト〉

    ※Jデザインにはお選びいただけません。

  • 〈ネオホワイト〉

    〈ネオホワイト〉

  • 〈クリアベージュ〉

    〈クリアベージュ〉

  • 〈ミルベージュ〉

    〈ミルベージュ〉

  • 〈ライトオーカー〉

    〈ライトオーカー〉

  • 〈ティーブラウン〉

    〈ティーブラウン〉

  • 〈トープグレー〉

    〈トープグレー〉

  • 〈ダルブラウン〉

    〈ダルブラウン〉

  • 〈オフブラック〉

    〈オフブラック〉

カタログで製品情報の詳細を見る

特設コンテンツ

各種ダウンロード

  • 取扱説明書

    取扱説明書

    製品に同梱されている施工説明書・取扱説明書をダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 製品画像

    製品画像

    製品写真や施工・特長写真の画像データ(JPG形式)を検索、閲覧、ダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 各種認定書類

    各種認定書類

    改正建築基準法に対応し、業者様向けに大臣認定書等のデータを提供しています。

    詳しくはこちら

製品仕様

木質扉 基材 MDF
表面 オレフィンシート張り
構造 フラッシュ構造(一部ベタ芯)
重量 30kg以下(1枚あたり)
巾狭タイプ:15kg以下(1枚あたり)
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆住宅部品表示ガイドライン
各種認定 SIAA登録抗ウイルス加工製品:無機抗ウイルス加工剤・印刷 シート表面層 JP0612309X0009L
SIAA登録抗菌加工製品:無機抗菌剤・印刷 シート表面層 JP0122309X0015E
木質枠 基材 MDFまたは合板
表面 オレフィンシート張り
ホルムアルデヒド規制 規制対象外部位製品※1
  • ※1 建築基準法施行令20条の7では、規制を受けない部位ですが、内装仕上げ部分は、告示対象外材料または、国土交通大臣認定、JIS、JASのF☆☆☆☆材料で構成されています。