公共・商業施設の設計に役立つヒントを発信しています

部屋を快適な湿度にするには何%が適正? 高齢者には湿度が高い、低い どちらが良い?

快適な室内環境をつくりだす要素としては、暑い寒いといった温度のほかに、「湿度」も重要な要素です。多くの高齢者が暮らす介護施設などでは、室内環境を快適にするためにどのような湿度設定にするのがよいでしょうか。最適な湿度は季節によって違いますし、気温とも深く関係しているため一概にこの湿度がよい、というものではありません。本記事では、高齢者ならではの身体感覚の特徴や、高齢者施設での適正な温度設定、温度と湿度の関係、湿度管理がいかに高齢者にとって重要かをお伝えします。あわせて、快適な室内環境を整えるためのポイントもご紹介します。

最適な湿度は季節によって違う

快適な湿度

快適さの基準として、私たちは気温を目安にすることが多いのではないでしょうか。しかし、温度計が示す気温が同じでも、湿度が違うと体感温度は大きく異なります。

湿度が低いと涼しく快適に感じられる反面、肌や喉が乾燥しやすくなります。
湿度が高いと乾燥はしにくくなりますが、温度以上に暑く感じたり、カビやダニが繁殖しやすい環境になります。

介護の現場で適切な温度は、17〜28℃、快適な湿度は40〜70%とされています。
(出典:東京都福祉保健局「社会福祉施設管理者のための環境衛生設備自主管理マニュアル」)
しかし、この範囲にあればよいというものではありません。どのくらいの湿度を快適と感じるかは温度によって相対的に異なります。 気温が高いときには湿度を低くすると、同じ温度でも涼しく快適に感じられ、気温が低いときには湿度を上げると暖かく感じやすいのです。夏は冷房とともに除湿するなどして湿度は低く抑え、冬は暖房とともに加湿器などを利用して上手に湿度をコントロールすることで、より快適に過ごすことができます。

温度・湿度はエアコンの設定温度に頼らず、温湿度計を使って実測しましょう。温湿度計は設置する場所にも注意が必要です。直射日光やエアコンの風が当たる場所、除湿器・加湿器の近くや結露しやすい窓際などを避け、床面からおよそ1.1mの高さに設置すると正確に計測しやすくなります。

夏場は特に温度との関係に注意

夏の暑さも冬の寒さも、ますます厳しくなる昨今。夏になると気をつけなければならない熱中症ですが、その約40%は住居で起きているのです(消防庁「熱中症による救急搬送状況」2022年6月)。
エアコンで室内の温度をコントロールすることは重要です。高齢者のなかにはエアコン=贅沢品と考えてしまう方も多く「このくらいの暑さなら我慢できる」と自宅でのエアコン使用を控えて熱中症に陥る事故が、毎年一定数発生しています。加齢により温度の感じ方にも変化がみられ、高齢者は若齢者に比べると温度差を感じにくく、自分の体温変化からの体調の変化にも気づきにくい傾向があります。喉が渇いたという感覚や発汗機能が低下したり、排泄にともなう困難から飲み物を控えたりしてしまう傾向もみられます。
高齢者施設では特に、高齢者のそのような身体的特徴もふまえて室内環境を整える必要があります。
温度・湿度をあわせて考えることが重要だと先述しましたが、高齢者は熱中症になりやすい反面、寒がりの人も多いものです。上手に湿度をコントロールして快適な環境を整えましょう。

熱中症予防には、気温が28℃・湿度60%が目安と考えて、それ以上になると危険性が増していくと考えましょう。その場合は湿度を50%に下げると体表からの汗の蒸散を促すので、体温を下げることができます。気温を変えずに体感温度を下げて快適な環境を整えるため、湿度が重要な役割を果たすという好例です。

気温、湿度とともに空気の流れも重要です。体感温度には風速も一役買っており、直接あたるエアコンの風は苦手でも、わずかな空気の流れがあるだけで心地よさは変わってきます。エアコンだけに頼らず、扇風機や換気扇、サーキュレーターなどを活用して風の通り道を作ることも意識しましょう。

体にやさしい快適な環境づくりを

快適な湿度

昔ながらの木造家屋では、木や土壁などの天然素材が自然に呼吸をして湿度を調整してくれていました。しかしながら、現代の建物は気密性が高く、快適な環境を作るにはエアコンが欠かせません。しかしエアコンの風はじかにあたると、冷えすぎや過度の乾燥など体調不良の原因となるため注意が必要です。風向きに注意し、送風口に調整ファンをつけるなどの工夫をしましょう。 また、エアコンで温度を調整するならば、あわせて湿度も調整するようにしましょう。その際、エアコンの設定に頼らず、温湿度計を使って実測することをおすすめします。

湿度に関しては除湿器・加湿器の利用も効果的ですが、天然素材が担っていたような調質機能を備えた建材を採用することも検討してみましょう。調質機能だけでなく、化学物質や気になるにおいを吸着する機能も併せもった壁材や天井材もありますので、是非チェックしてみてください。

おすすめ製品

おすすめ記事