壁の仕様にはどんな種類がある? 和室と洋室では違うって、ホント? 壁の仕様にはどんな種類がある? 和室と洋室では違うって、ホント?

壁の仕様にはどんな種類がある?
和室と洋室では違うって、ホント?

日本の木造住宅は多くが古くから伝わる在来軸組工法で建てられています。
この工法による室内の壁には、「真壁(しんかべ)」と「大壁(おおかべ)」の2種類があります。
両者の大きな違いは、柱や梁(はり)が見えているか隠れているかです。

今回は真壁と大壁はどのような壁なのか、それぞれのメリット・デメリットを解説し、昔の家で多い真壁の和室から洋室にリフォームするポイントも紹介していきます。

目次

真壁(しんかべ)とは

真壁(しんかべ)とは

真壁は柱や梁が室内から見える状態に仕上げられた内壁です。

これは昔から日本で採用されている伝統的な建築工法で、今でも和室の壁を仕上げる方法として使われることがあります。

真壁の特徴を一言でお伝えすると、高温多湿・四季がハッキリしている日本の気候風土に合った壁の構造で、土壁や漆喰壁(しっくいかべ)かと組み合わせることにより、調湿効果の高さも期待できる壁になります。

続いて真壁のメリット・デメリットを見ていきましょう。

真壁のメリット

  • 和風・和モダンにマッチしたインテリアに仕上がること
  • 高級感や重厚感を演出できることや、木の温かみを感じることができる家になること
  • 柱や梁が呼吸(調湿)しやすいこと
  • 漆喰など、左官屋さんが施工する塗壁に向いている

真壁のデメリット

  • 柱や梁に化粧材を使うため高価になること
  • 施工に職人の手間がかかること
  • 大壁より薄くなるため断熱性と耐震性がやや劣ること

このように、真壁は純和風~和モダンのインテリア性を重視される方や、調湿作用がある壁を採用したい方にオススメの仕上げ方法と言えます。

大壁とは

大壁とは

大壁は真壁と違って柱や梁が壁の内部に隠れて見えないように仕上げる方法です。

現在、大壁は新築住宅の壁で主流の仕上げ方法となっており、柱や梁などの構造躯体は石膏ボードとクロスの後ろに隠れて、完成してしまうとどこにあるのか分かりにくくなります。

大壁は内装の仕上げをスッキリさせて、洋風~様々なインテリアに対応しやすくなると同時に、断熱性能や耐震性能も向上しやすくなることから、昨今の性能を重視する住宅に好んで取り入れている仕上げの方法です。

次に大壁のメリット・デメリットを紹介します。

大壁のメリット

  • 洋風~和風モダン、モダンなど様々なインテリアに合うこと
  • 見た目がスッキリし、壁装飾の自由度が高いこと
  • 真壁より断熱気密性・防火性・耐震性を向上させやすいこと
  • 施工の期間・コストを抑えやすいこと

大壁のデメリット

  • 真壁よりも部屋が狭くなること(石膏ボードや耐力壁の厚み分)
  • 壁の面積が大きく塗壁に不向きなこと

以上のことから、大壁は機能面・デザイン面で汎用性がある壁であると言えます。

また、省エネ基準などの性能を確保するためにも最近は大壁を採用することが主流となっています。

真壁の和室から洋室へのリフォームは可能?

真壁の和室から洋室へのリフォームは可能?

続いて、真壁を採用していることが多い和室を洋室へ変更するリフォームですが、結論としては洋室へのリフォームも問題なくできます。

内装のリフォームでも、和室から洋室への変更は比較的多い事例です。

その際、畳をフローリングに変更する工事はもちろんですが、真壁を大壁へリニューアルして洋室に合ったデザインにすることもあります。

真壁から大壁にリフォームするメリットは、断熱性能の強化(断熱材の充填)、気密性能の強化といった機能的な側面がある一方、露出している柱や梁の上から壁を張っていくため、部屋が少し狭くなるというデメリットもあります。

まとめ

まとめ

真壁と大壁、それぞれの特徴を知って、どちらが自宅の部屋に向いているか参考にしてください。
また、せっかく和室から洋室へリフォームするのであれば、機能性・デザイン性の高い壁材を使うことがオススメです。

昨今は、羽目板のような和風に合う素材や、立体的な凹凸がある石のような素材感が楽しめる壁材もあります。
特に立体的な壁材は、間接照明と組み合わせることで部屋のインテリア性をグッと引き上げ、人気も高い憧れのリフォームとなっています。
さらには四季に応じた調湿が行えるタイプや、消臭効果が期待できるタイプなど、機能性に優れた壁材もあります。

部屋の目的やリフォームのコンセプトに合わせた壁材を選ぶことは、きっと満足度の高いリフォームに繋がることでしょう。

※ここに掲載されている情報は2022年8月10日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめの関連コンテンツはこちら