ダイケンリフォームマガジン
犬にやさしいフローリングリフォーム! おしゃれなリビングに”ワンラブな床材”!

犬にやさしいフローリングリフォーム! おしゃれなリビングに”ワンラブな床材”

ペットとともに暮らす喜びを知ってしまうと、生活すべてにどんどんこだわりがでてきます。
出かけるときも食事の際も、部屋でのんびりするときも。家にワンちゃんがいる生活を知ってしまったあなたは、もう立派な愛犬家です。日々の暮らしに新たな喜びを感じさせてくれる、そんなワンちゃんと一緒に暮らす部屋を、もっと楽しく快適にしたいと思いませんか?

日本最大の犬の血統書発行団体である、一般社団法人ジャパンケネルクラブの調べによると、2018年の人気犬種はトイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフンドの順。住宅環境もあってか、ここ数年上位を占めるのはすべて小型のワンちゃんです。
でも、小さなワンちゃんの身体はとってもデリケート。段差を乗り越えたり、滑りやすい場所を歩いたりするのは得意ではありません。中・大型のワンちゃんに比べ足や腰の関節などに負担がかかりやすく、配慮が必要とされています。
小型のワンちゃんのなかでも気を付けなければならないと言われているのが、ミニチュアダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの足が短く胴が長い犬種です。

おしゃれなフローリング、ワンちゃんには歩きにくい?

DAIKEN REFORM MAGAZINE
日本で飼われている約890万3000頭のワンちゃんのうち、9割近くが室内で飼われているといわれています(2018年 一般社団法人ペットフード協会調べ)。住宅環境の変化や小型のワンちゃんの人気が高くなったことなどにより、その割合はさらに高まりつつあるようです。

ワンちゃんとともに暮らすのなら、人もワンちゃんも快適に暮らせる部屋にしたいものです。「おしゃれに住めそう」、「手入れもしやすそう」。そんなイメージからフローリングの床を選ぶ家庭も多いのではないでしょうか。
たしかにフローリングは部屋のなかに温かみを感じさせ、おしゃれな雰囲気も醸し出せます。汚れがふき取りやすいというメリットもあります。でも、ちょっと待ってください。せっかくのフローリングも、滑りやすくてはワンちゃんの大敵になってしまうのです。

肉球でしっかり歩く! ワンちゃんのことを考えれば、滑りにくい床

DAIKEN REFORM MAGAZINE
滑りやすい床の上で歩くとき、ワンちゃんの足は余分な力がかかっています。そのまま放置すると足腰に負担がかかり続け、痛みなどにつながります。毛の長いワンちゃんやよく動く小型のワンちゃん、肉球が乾きやすい高齢のワンちゃんは特に配慮が必要です。

家庭動物住環境研究家の金巻とも子先生によると、「犬は普段、足のパッド(肉球)で床を踏みしめて歩いています。しかし、パッドの周りの毛が長くなっていたり、早く動こうと足に力を入れた時はすべりやすくなります。こうなると関節や筋肉に負担がかかってしまうので、毛を短くするとともに、踏み込みですべりにくい床材を取り入れましょう」とのことですので、ワンちゃんとともに暮らす生活では、「床えらび」はとても大切だということがわかります。

おしゃれで、ワンちゃんが快適に歩けて、清潔に保てる床。そんな床があってこそ、ワンちゃんとの素敵な暮らしが実現できるのではないでしょうか。DAIKENの滑りにくいペット用床材は、そんな暮らしを求める人へ向けた提案のひとつです。

抜け毛やおもらしにも、お掃除が簡単な清潔フローリング

DAIKEN REFORM MAGAZINE
DAIKENのペット用床材は、スタンダードな『ワンラブフロアIII』、マンションや集合住宅におすすめの『ワンラブオトユカ45II』、上から貼るだけの簡単リフォーム用『ワンパークフロアスリムII』の3種類があります。

DAIKENの『ワンラブフロアIII』の見た目は普通のフローリングと変わりありません。でもその表面には、小型のワンちゃんの肉球でも滑りにくいよう、特殊加工が施されています。ワンちゃんは足腰に負担をかけることなく、正しい姿勢で歩くことができるでしょう。
もうひとつ、気になるのが床の清潔さを保てるかどうか。『ワンラブフロアIII』の表面はワンちゃんのよだれや食べこぼし、おもらしなどの汚れにも強く、お手入れも簡単。フローリングはカーペットと異なり抜け毛もたまりにくいため、部屋全体が常に清潔感に包まれます。フローリングで気になるひっかき傷もつきにくく、美しい見た目を保つことができます。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
滑りにくく、ひっかき傷に強いという機能性はそのままに、マンション用に防音性能も備えた『ワンラブオトユカ45II』や、両面テープのみでの施工も可能な、リフォームにおすすめの貼るだけ床材『ワンパークフロアスリムII』といった製品もありますので、ライフスタイルにあわせて製品を選びましょう。

そしてワンちゃんにとっての快適さとともに大切にしたいのが、おしゃれな雰囲気。どんなに安心でどんなに清潔でも、殺風景な部屋では楽しさが半減です。安心と楽しさの両立のためには、機能だけでなくデザイン性も求められます。
上記で紹介したペット床材3種はすべて、シカモア柄(ホワイト)、メープル柄(ベージュ)、チェリー柄、ウォールナット柄の4種類のカラーを用意。重厚感ある落ち着いた雰囲気から明るく軽やかな部屋まで、さまざまなテイストに合わせて選べるのもうれしいところです。
DAIKEN REFORM MAGAZINE
お手入れが簡単で、ワンちゃんが安心して暮らせる床なら、ワンランク上のペットとの暮らしが実現できそうです。元気に遊びまわるワンちゃんの姿を眺めたり、ときには一緒に転げまわってはしゃいだり。DAIKENのペット用床材で、そんな幸せを感じてみませんか?
DAIKEN REFORM MAGAZINE
※製品に関する「ご注意」は下記ページをご参照ください。
【関連製品コンテンツ】
「ペットと暮らす[犬編]」 ⇒ 詳しくはこちら

【関連製品カタログ】
「ペットと暮らす」 ⇒ 詳しくはこちら

【出典元】
2018年(1月〜12月)犬種別犬籍登録頭数 一般社団法人ジャパンケネルクラブ
平成30年 全国犬猫飼育実態調査 一般社団法人ペットフード協会

- おすすめ記事 -

- 人気記事 -

- キーワード -

#快適生活 #間取り #リビング収納 #おしゃれな部屋 #クローゼット #ホテルライク #和モダン #趣味の部屋 #壁面収納 #壁材 #床材 #天井材 #畳 フローリング #オープンシェルフ #ドア #国産材 #マンションリフォーム #防音リフォーム #和室リフォーム #浴室リフォーム #洗面所リフォーム #部屋リフォーム #キッチンリフォーム #玄関リフォーム #寝室リフォーム #子供部屋リフォーム #バリアフリーリフォーム #赤ちゃん リビング #耐震 #バーカウンター #大理石 #室内窓 #ふかし壁 #小上がり #水回り #勉強部屋 #書斎 #マンション結露 #高齢化社会 #ペット #マンション ペット #犬 フローリング #ねこステップ #ペットドア #ダイライト #床暖房 #掘りごたつ #カウンター #調湿 #消臭 #インテリアテイスト #花粉症 #換気 #トイレ リフォーム #ドア リフォーム #トイレ 床 #階段 #腰壁 #壁 リフォーム #天井 リフォーム

TOTO・DAIKEN・YKK AP

TDYリフォーム情報サイトリンクTDY REFORM SITE