掃き出し窓の前や和室などに設置可能な床付けの手摺部材手摺部材 屋内用床付け手摺(35型用)

床付け手摺用支柱、丸棒ストレート〈ティーブラウン〉、エンドキャップ(屋内用)
  • 床付け手摺用支柱、丸棒ストレート〈ティーブラウン〉、エンドキャップ(屋内用)
  • 床付け手摺用支柱畳用ブラケット、丸棒ストレート〈ミルベージュ〉、エンドキャップ(屋内用)

公的認定・業界団体に関する表記

  • ホルムアルデヒド 規制対象外部位製品※1
  • 4VOC 基準適合(木質建材)

性能表示対応製品マーク

  • 高齢者階段・手摺

表面素材

  • シート化粧オレフィ ベーシックタイプ手摺
  • 天然木 ゴム集成材タイプ手摺

機能・性能

  • 低VOC

上記、各種マークの詳細につきましては、「マーク解説ページ」をご覧ください。

壁にブラケットを取付けできない
掃き出し窓の前や和室などに設置する床付けの手摺です。

  • 壁にブラケットを取り付けできない掃き出し窓の前などをサポート。

  • ベッドからの移動に。
    ベッドからの立ち座りや移動などに便利な手摺です。畳の上にも設置できるので、和室にベッドを設置されていたり、ベッドからの移動に不安を感じておられる方におすすめです。

  • ブラケット横用・フレキシブルジョイントを使えば、壁のある場所への連続設置が可能です。

  • ブラケット横用・フレキシブルジョイントを使えば、段差のある場所への連続設置が可能です。
    ※階段には取り付けできません。

  • ブラケット横用・フレキシブルジョイントを使えば、和室での壁のある場所への連続設置が可能です。

  • 首角度が調節でき、上部を回転させて高さも微調整できます。
    平手摺の取付けも可能です。
    高さの調整可能寸法は20mmです。

  • 畳取付セットと併用することで和室の畳にもお取り付けいただけます。

  • 平手摺変換アダプターを使用することで、平手摺の場合でもエンドキャップを取り付けできます。

抗ウイルス機能「ビオタスク」とは
空気中や手から製品上に付着した特定ウイルスの数を減 少させます。DAIKENでは、ISO 21702法またはJIS Z 2801を参考にした 方法で24時間後に特定ウイルスの数を99%以上減少させる機能を、抗ウイルス機能「ビオタスク」と呼んでいます。
※抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
※上記数値は試験結果であり、性能を保証するものではありません。
ゴム集成材タイプは「ビオタスク(抗ウイルス機能)」付きもお選びいただけます。

手摺バリエーション

  • ベーシックタイプ 丸棒ストレート

    ベーシックタイプ 丸棒ストレート

  • ゴム集成材タイプ 丸棒ストレート※ビオタスクタイプもあります。

    ゴム集成材タイプ 丸棒ストレート
    ※ビオタスクタイプもあります。

  • ゴム集成材タイプ 丸棒ストレート※ビオタスクタイプもあります。

    平手摺
    ※ビオタスクタイプもあります。

床付け手摺用支柱 バリエーション

  • 床付け手摺用支柱

    床付け手摺用支柱

  • 畳取付セット

    畳取付セット

  • エンドキャップ(屋内用)

    エンドキャップ(屋内用)

色柄バリエーション

  • 〈ネオホワイト〉

    〈ネオホワイト〉

  • 〈クリアベージュ〉

    〈クリアベージュ〉

  • 〈ミルベージュ〉

    〈ミルベージュ〉

  • 〈ライトオーカー〉

    〈ライトオーカー〉

  • 〈ティーブラウン〉

    〈ティーブラウン〉

  • 〈トープグレー〉

    〈トープグレー〉

  • 〈ダルブラウン〉

    〈ダルブラウン〉

  • 〈オフブラック〉※受注生産品

    〈オフブラック〉※受注生産品

  • 〈クリア〉ゴム集成材タイプのみ

    〈クリア〉ゴム集成材タイプのみ

WEBカタログで製品情報の詳細を見る

各種ダウンロード

  • 取扱説明書

    取扱説明書

    製品に同梱されている施工説明書・取扱説明書をダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 製品画像

    製品画像

    製品写真や施工・特長写真の画像データ(JPG形式)を検索、閲覧、ダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 各種認定書類

    各種認定書類

    改正建築基準法に対応し、業者様向けに大臣認定書等のデータを提供しています。

    詳しくはこちら

製品仕様

サイズ [ベーシックタイプ・丸棒ストレート][ゴム集成材タイプ・丸棒ストレート]Ф35、4000・2700mm[平手摺]:29.7×44.7×4000mm [床付け手摺用支柱]高さ768~788mm(床から手摺上端までの仕上がり高さ)
基材 [ベーシックタイプ丸棒ストレート]LVLもしくは集成材 [ゴム集成材丸棒ストレート]ゴム集成材 [平手摺]ゴム集成材 [床付け手摺用支柱]アルミダイキャスト(ブラケット)・スチール(支柱・ベース・ベースカバー) 
表面 [ベーシックタイプ・丸棒ストレート]オレフィン  [ゴム集成材タイプ・丸棒ストレート][平手摺]塗装仕上げ
ホルムアルデヒド規制※1 規制対象外部位製品
  • ※1 建築基準法施行令20条の7では、規制を受けない部位ですが、内装仕上げ部分は、告示対象外材料または、国土交通大臣認定、JIS、JASのF☆☆☆☆材料で構成されています。
ご注意
ご使用にあたり、ご注意・ご理解いただきたいこと
  • 手摺に無理な力を加えたり、ぶら下がったりしないでください。
  • 湿気の多い水廻りでのご使用はお避けください。また、濡れた手で触ると変色の原因になりますのでご注意ください。
  • ブラケットおよび支柱の間隔は900mm以内にしてください。
  • 電動ベッドの近くに施工する場合は、ベッドを操作した際に手すりとベッドの間に身体を挟まないように注意してください。
  • 端部の持出しの長さは100mm以内としてください。
ご注意
ご採用・施工ご注意 などにあたり、ご注意・ご理解いただきたいこと
  • 階段、吹き抜けには取り付けできません。
  • (木質下地の場合)
    支柱を取付ける部分には、40mm以上の木下地が必要となります。
    ※40mm以上の木下地が確保できない場合は、取付けできませんのでご注意ください。
  • (コンクリート下地の場合)
    支柱を取付ける部分には、50mm以上のコンクリート下地が必要となります。
    ※50mm以上のコンクリート下地が確保できない場合は、取付けできませんのでご注意ください。
  • (畳の上に施工する場合)
    畳用ベースを取り付けるには、24mm 以上の床下地合板が必要です。下地の厚さや強度が不足している場合は必ず補強をおこなってください。
    畳用ベースは畳のヘリを避けて取り付けてください。
    ※対応できる畳の厚さは55mm~60mmです。