診療科にあわせたクリニック・医院・診療所の内装設計 診察室や待合室をおしゃれで落ち着く色に

診療科

クリニックや医院、診療所は、健康にトラブルのある人が最初に訪れる場所です。地域医療の入口である「かかりつけ医」としては信頼が最も重要だといえるでしょう。安心して訪れることができて心配なことを相談できるクリニックや医院、診療所にするには、環境づくりが必要です。

安心できる環境にするには、医療情報のアップデートを欠かさず、医療技術への信頼性を担保することはもちろん、清潔で居心地の良さを感じさせる空間の演出も患者様の不安な心理を和らげるために欠かせない要素であるといえるでしょう。

では、患者様の不安な心理を和らげる空間の演出とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、患者様の不安感を減らして好印象を与え、再来につながるクリニックの内装設計の基本と診療科ごとのヒント、そして色彩系統ごとの色の使い方についてご紹介します。

クリニック・医院・診療所の内装デザインの基本

診療科

クリニックや医院、診療所を訪れる患者様は、健康上なんらかの不安を抱えた人です。体のどこかに不調を抱えて苦しんでいたり、あるいは健康診断の結果が思わしくなく心配になっている人もいるでしょう。患者様には治療だけではなく、やすらぎや安心を提供することも必要になっています。こうした“癒し”が提供されれば、患者様にとって来院のストレスが軽減されることになるので、再来につながってくるでしょう。

では、再来につながる“癒し”、すなわち安心感と快適さを与える空間をつくるには、どのような内装設計にすればよいのでしょうか。 その基本を以下の4つにまとめました。

①清潔感の演出

院内を清潔に保つには、こまめな片付けや清掃が重要です。しかし、毎日忙しい診療の中で、こまめに片付けや清掃をするのはなかなか困難です。 そこで、できるだけ片付けやすく、清掃しやすい素材や設計にしておくことが重要です。感染防止のために、ドアノブやカウンターに抗菌素材を用いるなどの工夫も効果的でしょう。

②明るいイメージづくり

待合室や診察室、処置室など心配な思いで患者様が入る場所は、明るいイメージになるよう採光などに配慮しましょう。適切な広さと明るさ、また換気がしやすい造りにしておくことは衛生上必要であると同時に、患者様に安心感を与える重要な要素です。待っていて不安にならない雰囲気が、再来の大きな動機につながります。

③配慮された動線

院内は、患者様の動きとスタッフの動きをよく考えた造りにしておきます。診察・処置中の姿や音が、ほかの患者様に見えない、聞こえないようにすることはもちろん、スタッフ同士の進路がぶつかりやすいような動線は避けるべきでしょう。よく考えらえた動線は患者様のプライバシー保護への配慮も感じられ、安心感の演出の一つとなるのです。

④配慮された色彩

いすやテーブルなどの家具・調度品、壁材・天井材などの色彩はとても重要です。院内の雰囲気を生成する大きな部分となりますし、自院の目指す治療や理念を表現する手段にもなります。色彩に配慮された室内は、不安を抱えた患者様の心を癒すでしょう。

診療科ごとのデザインのポイントを紹介

診療科

ここでは安心できる室内づくりに重要なポイントを、診療科別に解説していきます。

・内科

内科はあらゆる診療科の中で、最も患者の層が広い診療科です。自院の立地条件による患者層の特徴も考慮に入れたうえで、特定の年齢層や性別にこだわらず、不特定多数に好まれやすいシンプルなデザインや自然なカラーリングがおすすめです。

・外科、整形外科

外科や整形外科は、車いすや杖を使う患者様が多くなります。エントランスから受付・待合までの動線や通路の広さやトイレの造りにも、できる限りバリアフリーを意識した設計が必要です。

・小児科

子どもたちが不安に感じないような内装の工夫が必要になります。パステル調・ピンク系の色使いや動物のモチーフなどで、楽しい空間を演出しましょう。おもちゃや簡単な遊具、アニメのビデオを流すなどの工夫もよいでしょう。

・歯科

「歯医者が嫌い」という人は残念ながら一定数いらっしゃいます。患者様の不安を和らげるには「リラックスできる」「安心できる」ことを念頭に置いて、受付から待合室、処置室のデザインを考えていく必要があります。
歯科では治療の際に患者が天井を見ることになるので、天井の素材やデザイン、そして照明には特に気配りが必要でしょう。センスが良く、上質な素材の壁材や天井にすることで、患者様に安心感を与えることができます。
また、多くの患者様を同時に診ることが多い歯科においては、不都合が出ないよう動線に気を配る必要があります。

色彩にも配慮を 色による印象の違いを知っておこう

診療科

ここでは、クリニックの内装デザインに取り入れたい色彩のテクニックについて、色別にいくつか紹介していきます。
色系統別にどのような特徴があるのかを知っておくことは、患者様の不安を取り除くデザインを考える上で参考になります。

・ホワイト系

白は清潔感を与える色です。ほとんどの病院・クリニックで取り入れられていることはご存知のとおりですが、同時に病院を象徴したり連想させたりする色でもあります。アイボリー系やベージュ系寄りの白にすることで、柔らかさを演出し安心感のある色使いにする方法もあります。

・ブルー系

青は安全を象徴し、安心感と信頼感を与えられる色です。集中力を高める効果もあるといいます。しかし、すべてをブルー系で揃えた場合は冷たい印象を与えることにもなります。場所を選んで要所に用いるのがよいでしょう。

・グリーン系

緑は植物の色であり、自然を象徴する色でもあります。新緑のような明るいグリーンを用いることで、リラックスできる感じを演出できます。

・ピンク系

優しさ、暖かさ、親しみやすさを象徴する色です。淡いピンクは安心感を与えるので、子どもや女性向けの施設によく用いられます。

・ブラウン系

茶系はぬくもりや安心感、同時にリラックスした感じを演出します。もともと木材の色でもあるので、自然な感じになります。明るいブラウンは優しい印象を与え、暗いブラウンは落ち着いたリラックス感を表現することができます。

・グレー系

落ち着いていて、真面目さや正確さというイメージを与えます。会計を行う場所などに使うことで、信頼度を演出できます。彩度がないので、アクセントとして別の色を効果的に使うのもよいでしょう。

ご紹介した各色の特徴を考慮した上で、機能別にうまく色彩を組み合わせます。例えば、婦人科や産婦人科の受付や待合室では清潔感のあるホワイトを基調に、華やかで安心感のある淡いピンクをアクセントとして入れるなど工夫します。上手に組み合わせることができれば安全で安心、リラックスできる院内を演出することができるでしょう。

リラックスできる色に関しては、下記の記事でもご紹介していますのでチェックしてみてください。
「リラックスできる色はどんな色? 緊張しがちな病院を心が落ち着ける空間に」

まとめ

診療科

院内の内装デザインに配慮することは、患者様の不安を取り除くことにつながります。診療科やその部屋の機能別に色彩を考えて、壁材や天井材を変えてみるのも効果があるのではないでしょうか。

メインとなる壁面を一面だけ変えるだけでも、ずいぶん雰囲気が変わってくるものです。
患者様に再来してもらえるクリニックをつくるためにも、ぜひ一度検討してみるのもよいかもしれません。

recomended item

おすすめ製品