公共・商業施設の設計に役立つヒントを発信しています

入院患者のお世話だけじゃない、多忙を極める看護師の仕事内容 負担を軽減するには?

テレビドラマなどで入院患者のお世話をしているイメージが強い看護師ですが、その業務は多岐にわたり、常に患者様の状態に合わせた対応が求められるため、毎日多忙を極めています。

昨今の状況や人手不足もあり、看護師の労働環境はより厳しくなっていますが、体を壊さず気持ちよく働いてもらうためには、サポートが必須といえるでしょう。 そこで今回は看護師の1日の仕事内容についてご紹介しつつ、その負担を減らすために施設の面からどのような配慮ができるのかを考えていきます。

予想外の事態発生も。看護師の一日の仕事

看護師の一日の仕事

病院で働く看護師は、どれぐらいの仕事をしているのでしょうか。 そこで、とある看護師の1日の仕事内容として、入院病棟の日勤についてご紹介します。

まず、午前8時頃に出勤し、受け持ち患者様の情報を収集します。そして、朝礼や夜勤者からの申し送り後に業務開始です。 午前の主な業務は、検温、点滴や注射、清潔ケア、当日入院する患者様の対応、検査や処置の介助などです。昼食前の仕事としては、食前薬の投与、空腹時血糖測定などがあります。 必要時には食事介助をし、その後で配薬をします。午後の主な業務は、患者様の看護計画に対するミーテイングや検温、看護記録などです。 16時半頃から夜勤者への申し送りを行い、17時頃に退勤という流れになります。ただ、これはあくまで定時のサイクルで、仕事量の多さから残業をせざるを得ない場合も多々あるようです。

その他、予定外の入院患者様の対応や緊急の検査、容体急変などの突発的な事態に、その都度対応しています。医療は時代と共に進化します。看護師には常に幅広い知識や技術などを身に付けることが求められています。 さらに、昨今では衛生対策にも気を配る必要があり、夜勤交代業務などもある労働環境の過酷さから、慢性的な疲労状態に陥っている看護師も多いのが現状です。

今は人材難の時代でもあるため、施設としては、少しでも看護師の負担を軽減してサポートする配慮が必要といえるでしょう。

頻繁に開け閉めするドアに求められる安全性・耐久性

頻繁に開け閉めするドア

看護師は頻繁に移動するため、1日に何度もドアを開け閉めしますが、使い勝手が悪かったり、扉が重かったりすると非常に大きな負担となります。逆に少しの力で開け閉めできるドアがあれば、余計な力を使わずに働くことができます。

車いすや歩行器を使用している人も多い病院では、引き戸・吊戸が重宝されます。軽く開け閉めできて開放もしやすく、高機能な引き戸は少し引くだけで自動的にドアが閉まる自閉機能や、勢いよく閉めてもブレーキがかかり、ゆっくり閉じる機能なども付いているため、看護師や医師はもちろん、患者様やその関係者、特に子どもや高齢者でも安全に使用できるのでおすすめです。

また、何度も開閉するドアなので耐久性も重要です。扉がふらついたり、開けにくくなると業務に支障をきたす可能性が。病院のような開閉回数が多いハードな環境でも使い続けられる、高耐久のドアを選びたいですね。

汚れや傷がつきにくい建材で清掃の負担を軽減

さらに、病院のドアや壁は汚れがつきやすいため、看護師が掃除する場面も出てきます。そのため、汚れが落としやすい加工が施された建材を採用することで、看護師の負担を大きく軽減できます。 また、ドアや壁は車いすがぶつかることも多いため、傷がつきにくい建材を導入することも効果的です。

安全性や耐久性のあるドア

安全性や耐久性の機能があるドアと壁材は、看護師の日々の業務の負担を減らしてくれます。病院関係者の快適性を向上させるためにも、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ製品

おすすめ記事