公共・商業施設の設計に役立つヒントを発信しています

多忙なスタッフの業務を効率化! 汚れに強く掃除しやすい内装建材に着目

高齢者施設に勤務するスタッフは日々過酷な業務に追われています。利用者の介助はもちろん、それ以外にも仕事の内容は多岐に渡り、休憩を取ることもままならないスタッフも少なくありません。 では、多忙なスタッフの業務を軽減することはできないのでしょうか。この記事では高齢者施設に勤務するスタッフの業務を効率化する方法について考えてみます。

高齢者施設のスタッフが過ごす多忙な一日

多忙な一日

一般的に過酷な職業というイメージが強い高齢者施設のスタッフ。

施設ごとに業務内容は異なっているものの、実際に「ハード」であることは概ね共通しているのではないでしょうか。

具体的な業務内容としては、車いすからベッドへの移乗介助・歩行時の見守りや付き添い・食事の配膳および介助・おむつ交換やズボンの上げ下げなどの排せつ介助・入浴介助・着替えのお手伝いなどが挙げられます。 さらには、日々のレクリエーション・季節に合わせたイベントの企画・利用者の記録・ヒヤリハットや事故の対応・他の職種を含めた会議などの業務もあります。

これらの業務は一瞬の気の緩みが大きな事故やミスにつながったり、誤った対応が施設のイメージ低下につながったりしやすい業務が大半を占めます。

そういったプレッシャーを背負いながら、常に丁寧な応対を求められるのが高齢者施設のスタッフとう仕事なのです。また、室内および館内や、使用機器の消毒・清掃業務などを行う場合もあります。 このような過酷さからか離職するスタッフも多く、その結果、更にスタッフ一人当たりの業務負担が増えるという負のループに陥っているケースもあるのではないでしょうか。

しかし、スタッフの負担を減らすのは決して簡単なことではありません。

なぜなら、スタッフの負担を減らすということは、サービスの質を低下させることにもつながりやすいからです。

高齢者施設では過酷な業務のどれもが基本サービスや安全性に直結しています。その特性上、業務の負担を減らすことはなかなか難しいと言えます。

スタッフの負担軽減には「清掃」に注目

スタッフの業務を効率化し、負担を軽減するポイントとして注目したいのが「清掃」です。

そもそも高齢者施設を清潔に保つためにも清掃は非常に大切です。

衛生面はもちろんのこと、利用者や見学に訪れたご家族からも「清潔かどうか」は目につきやすいため、施設そのもののイメージをつくる重要な要素とも言えます。

施設内の清掃業務に関しても介護スタッフなどが行っているケースは多く見受けられます。専門の清掃スタッフを雇っている高齢者施設もあるものの、利用者個人の生活スペースや、利用者に関わりが深い部位に関しては、スタッフが清掃を行うことがほとんどです。そして、高齢者施設はその特性上、ドアや壁などに傷や汚れがつきやすいため、こまめな清掃が大切なのです。

ただ、多忙な業務の中でこまめに清掃を行う場合、多くの時間を取られ、負担が非常に大きくなります。それでも感染症を防止するための消毒も含め、やむを得ずスタッフが清掃業務を続けなければならない状況が増えています。

正直、他の業務の優先度や重要度を考えると、清掃業務に多くの時間を割くのは得策と言えないでしょう。 この「清掃」という業務にかかる時間を短縮できたら、スタッフの負担を軽減できると思いませんか?

多くの高齢者施設が採用する傷や汚れに強い建材

傷や汚れに強い建材

高齢者施設で働く多忙なスタッフの、清掃に関する負担の軽減に役立つのが、傷や汚れに配慮した建材を採用することです。

例えば、頻繁に人が出入りして車椅子などがぶつかることも多い室内ドアや、汚れがつきやすい室内の壁には、それぞれ傷や汚れに配慮した建材を導入することで、スタッフが清掃に追われる時間をグッと短縮することができます。

今回は、高齢者施設で働くスタッフの多忙さを踏まえ、業務負担の効率化についてお話しました。

これからさらに需要が高まっていく高齢者施設で、貴重なスタッフの離職を防ぐためにも、業務負担の軽減は必須です。 サービスの質を落とさずに業務負担を軽減する方法として、今回の記事でご紹介した「清掃」にも目を向けていただけたら幸いです。

おすすめ製品

おすすめ記事