【画像事例】壁面収納リフォームの3つのメリット

【画像事例】壁面収納リフォームの3つのメリット

長年住んだ住まいをリニューアル、もしくは中古で購入したマンションや一軒家を一新したりと、リフォームを検討する際には、外壁や間取りごと変えるフルリフォーム、リノベーションなどを検討される方も多いのでは無いでしょうか。
リフォームを検討する際、収納空間もしっかりと計画したいもの。 計画にあたって作り付けの壁面収納は便利な選択肢となります。
本ページでは、リフォーム時の壁面収納の導入について、メリット、ポイント、プラン例などをご紹介いたします。

壁面収納リフォームの3つのメリット

壁にピッタリサイズ・デザインの統一感も

大建工業のオーダーテレビ壁面収納「MiSEL(ミセル)」ならリビングの壁面リフォーム・改築のデザイン・サイズ・設計にあわせて特注オーダー、内装の工事ができることを説明している画像。白いウォールのモダンな室内に、飾り棚や天ぶくろが一体になった框のようなシェルフのハイタイプのオーダーテレビ壁面収納が、天井まで続いている。扉は無垢の木目のようなナチュラルな色合い。大建工業のorder mansion wall reformを解説
https://www.daiken.jp/product/contents/misel/function/01.html
「MiSEL(ミセル)」のテレビ壁面収納は、リビングのデザイン・設計にあわせてオーダーOK

一言でリフォームと言っても、トイレ、キッチン、浴室などの住宅設備を最新に更新するといったシンプルなものから、壁紙やフローリングを変えて色や質感などのインテリアデザインを一新するまで幅が広いです。

場合によっては既存の壁や廊下を撤去するなどして間取りを変更したり、屋根や断熱材まで新しくする、フルリフォーム・リノベーションまでお考えの方もいらっしゃると思います。

特に内装建材の変更を見据えたリフォームをする場合には、絶好の壁面収納の検討機会となります。

既成の壁面収納では隙間がでてしまいますが、リフォーム時に作り付けの壁面収納を設置すれば、部屋の高さや横幅に合わせてきっちりと収めることが出来ます。
さらに、収納扉の色柄を、フローロリングや建具、壁紙などとトータルコーディネートも可能です。

詳しくはお部屋のカタチにピッタリ!壁面スペースフル活用で解説をしています。

収納目的に合わせて機能を選べる

オーダーテレビ壁面収納の背面の画像。配線カバーや配線キャップで、散らばりやすいコードをまとめて、美しく見せることができるこを解説した画像

収納の目的は、壁面収納を設置する部屋により異なってきます。

家族の共有スペースであるリビングとプライベート空間である寝室、洋室や子供部屋では収納物も異なってきます。
壁面収納には、棚や引き出しを始めとして、デスクを併設したり、テレビ台となったりと、様々な機能があります。
例えば壁面収納の一部をテレビ台として利用する場合、配線をスッキリさせる工夫をしておくと、お掃除なども簡単になりますね。
収納目的に応じた適切な機能を選択するようにしましょう。

大建工業「MiSEL(ミセル)」の収納壁面デスク・机の工夫を解説した画像。画像例はキャビネット収納デスクタイプ(奥行30・45cm用)画像のチェストの板は天然のウォルナットのような木目の板。可動タイプの引き出しで、中はノートパソコンデスクになっている。机の前には天然の木製チェアが置かれている。オプションパーツを組み合わせることで便利に利用できます。限られたスペースを有効活用したい方にもおすすめ。毎日のデスクワークスで快適に使える機能が満載。

読書や書き物などをしたい場合は、普段はしまっておき必要な時だけ使えるようにデスク収納型の壁面収納もございます。

詳しくは、用途に合わせてカスタマイズ。機能満載のオプションパーツで解説をしています。

地震に強い壁面収納を選ぶことが出来る

画像左は壁にビス固定をしていない置き家具の想定の扉付き壁面収納で、画像右側はオンボード工法による固定をした壁面収納の耐震・地震実験比較画像。置き家具の想定の壁面収納は扉が開き、収納物が落下しているが、オンボード工法の壁面収納は地震の影響を受けていない。オンボード工法の優れた耐震性能を説明
収納の開き扉に耐震ラッチ、引き出しに耐震ロックを取り付けた画像。地震が発生した時は耐震ラッチ、耐震ロックが作動し、扉を開かないようにする。

壁面収納のうち、構造躯体にしっかりと固定するタイプは、万が一の地震でも収納物が倒壊する危険性が低くなります。
また、開き扉や引き出しに耐震ロック、耐震ラッチなどをつけることで、収納物の落下を防ぐこともできます。

詳しくは、安心の耐震設計で地震の揺れにも慌てない、で解説をしています。

壁面収納リフォーム選びに大切な3つのポイント

収納の目的を決める

壁面収納を設置するお部屋により、収納の目的は異なります。

例えばリビングは家族が集まり、共有で使うモノが多くあることでしょう。家族みんなが利用しやすくするための設計が必要となります。

洗面所やサニタリーなどは、掃除道具や消耗品をストックする目的もあるでしょう。

寝室や子供部屋として使われる洋室にはウォークインクローゼットのような収納専用スペースを設け、壁面収納と異なる役割を担わせることもあるでしょう。

お部屋によってどのような目的で使う壁面収納にするかを事前にイメージしておきましょう。

マンションか一戸建てか

リフォームする際には、お住いのご自宅がマンションか一戸建てかによって施工方法が異なるため注意が必要です。

  • 一戸建て 木造住宅の場合は、下地への取付施工などがやりやすい事が多い。
  • マンション 室内であっても壊したり穴を開けることができないコンクリートの共用壁がある。

壁面収納を施工する壁の下地がコンクリートか木造かで、施工方法が異なります。事前にしっかりと工事業者さんに相談しておきましょう。

大建工業では、コンクリート壁にも施工できるオンボード工法(収納接着工法)が可能な壁面収納がありますので、ぜひご相談して下さい。

オンボード工法の詳細はこちら

※関連記事

⇒【画像解説】マンションオーダー壁面収納のポイント・施工の流れ

⇒オーダー壁面収納まとめ|オーダー壁面収納についてさらに詳しい記事はこちら

デメリットも理解しておく

壁面収納にも以下のデメリットがあります。

デザインによっては壁一面が収納となり、圧迫感がある

壁一面を全て収納にすることにより、収納スペースを広く取ることができますが、人によっては圧迫感を感じることがあるかもしれません。

壁面収納の奥行きを調整する、扉のデザインを工夫するなどで調整できる要素もございますので、是非ご相談してみて下さい。

構造体に直接施工するため、将来の模様替がやりにくい

壁面収納は地震対策として、構造体の壁にしっかりと固定する施工をおすすめしております。

従って通常の本棚などのように模様替えなどにより気楽に動かすことは難しくなります。将来の住まい方を見据えた設計が必要となります。

家具よりはコストがかかるかも

お好みのデザインを選び、オーダーメードとなる壁面収納は、使う材料も多く、また大工さんに施工してもらうための人件費も必要となるため、通常の棚と比べるとコストがかかる傾向があります。

しかし家族の住まい方、好みをしっかりと検討して作り上げた壁面収納は家族にとってかけがえの無い空間になることでしょう。

それぞれメリット・デメリットがありますが、工夫次第で気にならなくなることもありますので、是非ご相談してみてください。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへの無料相談はこちら

空間、部屋別リフォームプラン集

リフォーム時に壁面収納を検討する際に参考となるプランをお部屋別にまとめました。

リビングの壁面収納リフォーム事例

リビングルームの壁面収納の改築・リフォームのイメージを伝える画像。右壁面にテレビ台のハイタイプ壁面収納がある。テレビに向かってコーヒーカップが2つ乗ったローテーブルとソファーが設置されている。左側には大きな窓があり、外のウッドデッキが見える。正面奥の壁には本棚タイプのハイタイプ6段の壁面収納があり、最上段と最下部には扉がついてる。大建工業のorder mansion wall reformを解説

リビングの壁面収納の主役はやっぱりテレビ。
DVDや音響機器などにこだわっている方も多いと思います。テレビ台+壁面収納は配線をスッキリさせ見た目を美しく演出します。

本棚壁面収納では、蔵書だけでなく、趣味のコレクション達も美しく収納し、家族みんなで過ごせる上質な空間をご提案いたします。

リビングの右壁に畳の天板を用いた和室・椅子代わりにもなる収納と本棚を壁付けに増設した画像。棚の上は圧迫感のない戸棚、下段の棚は引き戸になっており、狭い空間でも使いやすい構造。畳の上にはクッションが置いてあり、和室のように寛げる空間になっている。奥には大きな窓があり、庭の景色が見えている。大建工業のorder mansion wall reformを解説

住まいの洋風化により和室が減ってきていますが、やはり日本人は畳の空間があると心が落ち着きます。畳天板の収納ボックスを壁付に設置することで、洋風のリビングに畳の味わい溢れる「和」のスペースが手に入ります。

⇒リビングの壁面収納の詳細についてはコチラ

⇒リビング壁面収納プラン一覧へ

寝室・ベッドルームの壁面収納リフォーム事例

寝室・ベッドルームの壁面収納の画像。左壁面に作り付けの本棚を造作している。右壁面には木目柄のクローゼットがある。手前のベッドと奥のベッドの間にロータイプの間仕切り収納を設置し、電気スタンドを設置している。大建工業のorder mansion wall reformを解説

プライベート空間である寝室は、ゆっくりくつろげる空間にしたいもの。
洋服をどのように収納するかも悩みどころですね。リフォーム時にはウォークインクローゼットを検討するのも良いでしょう。すぐに手に取りたい本や個人的な物は壁面収納を検討してみましょう。

⇒寝室の壁面収納の詳細についてはコチラ

⇒寝室壁面収納プラン一覧へ

キッチン・ダイニングの壁面収納リフォーム事例

キッチンに壁面収納を設置した画像。冷蔵庫右側の正面にL字型の壁面収納を設置し、炊飯器、コーヒーメーカーなどの調理家電、食器、調味料などを収納している。壁面収納にカウンター棚を組み合わせる構造。冷蔵庫の左側には窓があり、外が見える。画像の右奥はダイニングスペースとなり、ダイニングテーブルに椅子が2脚設置されている。大建工業のorder mansion wall reformを解説

キッチンは家電、食器、食材ストックなど様々な収納物があります。また、日々の出し入れが多い事が特徴となります。
これらをすっきり機能的に収納した上で、リビングへの導線も配慮したレイアウトにしましょう。
収納扉のデサインとフローリングや建具などのインテリアと統一感をもたせることも可能です。

⇒キッチン・ダイニングの壁面収納の詳細についてはコチラ

⇒キッチン・ダイニングの壁面収納プラン一覧へ

洗面・トイレの壁面収納リフォーム事例

洗面所に壁面収納を設置した画像。右手前に作り付けの洗面台があり、右奥に壁面収納を設置している。内装は白で統一されている。壁面収納は逆L字型でせっちされ、洗濯機を設置している。大建工業のorder mansion wall reformを解説

洗面所やトイレ、浴室などの水回りはトイレットペーパー、タオル洗剤、掃除道具などを収納する必要があります。またこれらの空間は何かの動作を伴うことになります。これらを機能的に収納しスッキリとした上で、導線を確保するために壁面収納を活用しましょう。

⇒洗面・トイレの壁面収納プラン一覧へ

玄関の壁面収納リフォーム事例

玄関から廊下に入る画像。玄関にはシューズ・イン・クローゼットが設置されており、靴、ブーツ、コートなどが収納されている。大建工業のorder mansion wall reformを解説

玄関はお家の顔。スニーカー、革靴、ブーツなど、様々なシューズに加えて傘やコートなどを収納することも。シューズインクローゼットの壁面を上手く活用して、スッキリ収納させましょう。

※関連記事

⇒オーダー壁面収納まとめ|オーダー壁面収納についてさらに詳しい記事はこちら

⇒部屋別の壁面収納まとめ|人気の空間別壁面収納をご紹介

理想の壁面収納リフォームを実現するために必要な3つのステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側にはカタログにはテレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプのオーダーテレビ壁面収納が置かれている。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手はついていない。扉の中には本やテレビ、AV、観葉植物が置かれている。画像の左にはソファやデスクがある。日差しが差し込み明るい室内が表現されている。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、リビング、寝室、キッチンなどリフォームをしたお部屋の理想的なイメージを探しましょう。壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

※関連記事

⇒壁面収納まとめ|オーダー壁面収納を徹底解説

【ステップ②】壁面収納のリフォームアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずは壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明

壁面収納を検討する際、カタログやシュミレーターを使ってプロのアドバイザーと共にイメージを膨らませた後は、やっぱり実際に製品を見て色や素材を確かめたいもの。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・ご相談・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ