MENU

イイくらしスタイル 快適なくらし-心地よいくらし-

快適なくらし

冬のお部屋、結露とカビ対策を考えて 2018.01.05 テーマ:心地よいくらし 冬のお部屋、結露とカビ対策を考えて

冬になり、暖房をしっかり掛けていると、外気温との差で、お部屋の窓に結露がびっしり!
……なんてということありませんか。これが原因となり、カビが生えてしまったりすることも。
梅雨に発生しやすいカビ、実は冬も危険時期なんです。

まず、カーテンを冬用にして、外気温と室内の空気が直接触れないようにしてみましょう。
レースカーテンがある場合は、そちらを普通のカーテンにするだけでも違います。
このとき、一番端のレールに、厚めのカーテンを配置しておきます。
こうすることで、窓と部屋がカーテンで仕切られて、結露の量を多少なりとも減らしてくれます。

また、意外と役に立つのが、サーキュレーター。
夏に活躍するものと思いがちですが、冬にもつけておくと、あたためられた空気の循環などにより、湿気が滞留することを防いでくれます。

クローゼットの中なども湿気が滞留しやすいので、週に1-2度は開けた状態で、サーキュレーターを回しておくとよいでしょう。

それでも、結露がすごい場合には、こまめのふき取りをしましょう。
窓の近くに、ワイパーと乾いたタオルを何枚か用意しておいて、朝晩にふき取るとよいでしょう。
また、結露防止のためのスプレーや結露防止シートなども販売されています。
それを使ってもよいですね。

いずれにしても、カビを発生させないためには、湿気を防ぐこと(つまり乾燥させること)ですが、冬場に乾燥しすぎると、喉をいためたり、ウイルスの増えやすい環境にもなってしまいます。
そのあたりを調整して、乾燥しすぎないように、湿気を防いでいきましょう。