公共・商業施設の設計に役立つヒントを発信しています

やさしく質の高い医療環境を実現する理想の天井材

進展する高齢化社会。
病院や高齢者介護施設では消臭対策が急務です。
建材で消臭できれば、装置を置くスペースが不要、メンテナンスも軽減できます。
消臭機能と吸音機能を併せ持つ理想の天井材をご紹介します。

  • 大橋

  • お話を聞いた人


    健保連 大阪中央病院 院長
    大橋 秀一 氏
  • 谷野

  • 大建工業株式会社 エコ事業部 FB開発課 課長
    谷野 明寛 氏
  • 宮崎

  • 大建工業株式会社 総合開発研究所 新規技術開発
    宮崎 裕樹 氏
 ※ 役職・部署名は、取材当時。

病院での消臭について

医療環境

大橋

当院では、大病院でほとんど手がけていない肛門科を開設したところ、予約が殺到しています。1週間あたり30例ぐらい、手術をしています。
しかし時々悪臭の問題で入院患者や看護師からクレームが出ます。
もちろん換気はしておりますし、消臭剤や空気清浄機を使いましたが、クレームはあまり減少しませんでした。そのため、壁掛けのイオン交換式空気清浄機を試したところ、2、3日するとニオイが気にならなくなったと看護師から聞いたので、その設備を導入し、ようやくクレームが減りました。
近年、どんどん高齢者が増えてきていますから、失禁による尿などの排泄物のニオイ、加齢臭を消臭する設備が、病院や高齢者介護施設には必要ですね。

すぐれた消臭性能で室内環境改善に貢献

谷野

おっしゃる通りです。
当社では住宅の気密性が向上する中、今後「ニオイ」に対するニーズが高まると予想し、約30年前から一般住宅用天井材に消臭機能を付与し、消臭建材として販売していました。(一般住宅天井材現行製品『クリアトーン12SⅡ』)
今回、ビル・店舗・文教施設向け不燃天井材として幅広く採用されているロックウール吸音板『ダイロートン』のラインアップ強化を目的に、一般住宅用天井材で得た優れた消臭機能を付加した医療機関・福祉施設向け天井材『メディカルトーン』を2018年2月に発売いたしました。

大橋

いかにも医療施設向けの商品名ですね。

谷野

かなり意識しています。

大橋

ロックウールとは、どのような素材ですか?

谷野

鉄鉱石から鉄鋼を生産する過程で得られる未利用資源の「スラグ」を繊維化したものです。ロックウールを板状に成型し、天井材として生産しています。また未利用資源を使用しているため、『ダイロートン』はエコマーク認定商品として、販売しております。ロックウールは吸音性、防火性、断熱性に優れた素材です。

大橋

吸音性能にもすぐれているのですね。

谷野

はい。ロックウール吸音板は多孔質であり、ロックウールの特性を活かし、一般的なクロス仕上げ天井より吸音性能は優れています。一般住宅では音環境より施工工期、コストが優先され、天井をクロス仕上げにすることが現在の主流となっていますが、オフィスや病院施設等の大型物件(大空間)では、音環境を考慮し、依然としてロックウール吸音板が使用されています。

■メディカルトーンの吸音性能

医療環境

大橋

この部屋もそうですね。

谷野

この部屋の天井材にもロックウール吸音板が使用されています。

大橋

『メディカルトーン』の消臭機構はどのようなものですか?

宮崎

本製品は基材特有の多孔質を利用した物理吸着と、表面塗料に添加した消臭剤の化学吸着により消臭効果を発揮しております。
一般的にお部屋を消臭したいと考えた場合、消臭スプレーや芳香剤などによる方法、空気清浄機を使用する方法などを検討されると思います。消臭スプレーなどでは持続性、空気清浄機ではメンテナンス性に課題があります。また壁面ではドアや窓のような開口部がありますので、どうしても消臭に使える面積が限られてしまって、ワンポイント消臭という形になってしまいがちですが、『メディカルトーン』のような天井材は面積の大部分を使えますので、安定した消臭効果が得られると考えています。

■消臭性能試験結果

医療環境

大橋

どのようなニオイに効果があるのですか?

宮崎

医療機関や高齢者介護施設で発生する硫化水素、吉草酸、アセトアルデヒドなどを混合した高齢者介護環境臭という複合臭で、消臭効果を確認しています。一般的なクロス仕上げに比べ、24時間後にはニオイの強さの指標である臭気濃度の低減量が2倍以上も大幅に軽減しました。また試験方法は異なりますが、アンモニアによる消臭効果も確認しています。

大橋

どのような試験方法ですか?

宮崎

三点比較式臭袋法(平成7年環境庁告示第63号に規定の方法)と六段階臭気強度表示法により評価しています。簡単な説明となりますが、実際の空間に高齢者介護環境臭(複合臭)を散布しまして、一定時間後に回収した室内空気のニオイの強さを数値化した評価と、室内に入室した被験者のニオイの感じ方の二つの指標を用いて消臭効果を確認しています。

大橋

消臭効果はどれくらい、もちますか?

谷野

実際の空間では様々な条件(臭気の発生量、種類、気密性、換気、部屋の容積、温湿度等)による影響があるため、あくまでも、シミュレーションによる推測となりますが、高齢者介護環境臭に対しておおよそ10年程度を期待しています。

宮崎

『メディカルトーン』は、消臭スプレーや芳香剤のように即効性のある製品ではございません。消臭効果をすぐに実感できないので、提案方法には苦慮しています。ですが、消臭スプレー、空気清浄機や換気設備等と『メディカルトーン』を併用することによって、更なる消臭効果が期待できると考えます。

大橋

価格は従来品と比べてどれくらい高いですか?

谷野

設計価格となりますが、消臭効果のない製品と比較して、約5%程度の価格アップとなります。それほどご負担にならないと考えています。
『メディカルトーン』(9mm厚)を、18m²の部屋に施工する場合、材料費のみで2万7千円程度です。
入院患者様もそうですが、看護師の方のニオイに対するストレス軽減を行い、QOL(生活の質)の高い環境下で仕事をしていただき、社会貢献したいと考えています。

大橋

看護師及び職員が喜びますよ。
これはかなり有望ですね。65歳以上が人口の三分の一を占めるようになって来ましたからね。

谷野

住宅着工数は減少していますが、高齢化社会を迎え、クリニックなどの医療施設や高齢者介護施設は増加傾向にあり、当社としても、この市場への商品を継続して、投入していきたいと考えています。

医療環境

大橋

ニオイに対する要望は多くあると思いますが、消臭効果をなかなか体験できないため、じわっと広がる商品でしょうね。テレビなどのマスコミに大々的に取り上げられれば効果的ではないですか。

谷野

そうですね。ご指摘のとおり、消臭建材を販売していて課題となるのは、消臭効果が目に見えないのでわかりにくいというところです。設置後2、3日してから、以前より嫌なニオイが低減したと評価されるようなものです。発売後、幾つかの病院に採用されましたので、採用実績事例により、消臭効果を理解していただき、販売拡大につなげたいと考えております。また病院専門誌等に広告掲載し、製品の認知度を上げていきたいと思います。

大橋

これはよろしいね。ものすごく気に入りました。これを使うことによって病院の高品質化に繋がります。見えないところに配慮している、他の病院と違うことをアピールできます。どこかに消臭天井材を使っていますということを表示しないといけませんね。

谷野

高齢者介護施設でヒアリングさせていただくと、職員の方のお困りごとにニオイの問題が挙げられます。病院では、診察室や病室などでお使いいただきたいですね。

大橋

なるほど。当院でも、採用を検討しますわ。

谷野

有難うございます。

大橋

匂いはアロマテラピーとして治療にも使用され、神経を和らげる効果もあります。逆に嫌なニオイは、健常者にとっても嫌なものですが、患者さんにとっては、よけい負担になります。

谷野

そうですね。当社として、今後も医療施設や高齢者介護施設等への商品開発をすすめていきたいと考えています。本日は有難うございました。

おすすめ製品

おすすめ記事