入居者数に応じて組み合わせて選べる玄関の収納おもいやり収納 共用下駄箱/共用下駄箱ベンチ付き

セット合計価格
¥130,000~¥509,000
ハンドル付
共用下駄箱ベンチ付・共用下駄箱・ディンプル手摺セット(オプション)の組合せ例1200幅×2〈ミルベージュ〉、座面は〈銀白色〉
  • 共用下駄箱ベンチ付・共用下駄箱・ディンプル手摺セット(オプション)の組合せ例1200幅×2〈ミルベージュ〉、座面は〈銀白色〉
  • おもいやり収納共用下駄箱ベンチ付き<ダルブラウン>

公的認定・業界団体に関する表記

  • F☆☆☆☆

表面素材

  • シート化粧扉・本体:オレフィン棚板:高圧メラミン

おすすめ施設

  • 公共施設

  • 学校・文教施設

  • 幼稚園・保育施設

  • 高齢者・医療施設

  • 宿泊施設

  • 商業施設

  • オフィス

機能・性能

  • 低VOC

上記、各種マークの詳細につきましては、「マーク解説ページ」をご覧ください。

共用部に最適な個別の仕切板付きの下駄箱。
いろいろな組合せが可能で、便利さと収納力がさらにアップ。 靴の脱ぎ履きに便利なベンチ付もご用意。

  • 扉なし/扉つき/扉錠つきの3タイプから選べます。

  • ●収納ボックスの内部
    収納スペースは室内履きやスリッパと外履きを分けてしまえる構造。

  • ●お手入れ簡単な収納ボックス
    棚板は傷に強いメラミン仕様で、拭くだけで汚れが落ちやすく、お手入れも簡単です。

  • ●扉は開閉しやすさに配慮しました。
    扉は指ばさみに配慮したスリットの大きなハンドルレス仕様。下穴加工がされているので丁番の固定が簡単です。

  • ●引き出すとベンチに(ベンチ付)
    ベンチユニットは引き出し式。普段はしまっておくことで共用部もスッキリ。
    (引き出した時の座面奥行は378mmです)

  • ●ベンチはストッパー機能付き(ベンチ付)
    ベンチの車輪は腰掛けることで沈み込み、動かないようロックされます。

  • ●車イスにも対応(ベンチ付)
    車イスも靴の出し入れがしやすいようベンチ下に車イスの足先のスペースを確保。

  • ●座面の下にもしっかり収納
    座面の下にも、下駄箱や靴のお手入れ用品が収納できます。

  • ●ベンチの座面
    座面はダニの増殖やカビの発生を抑えて美しさを長持ちさせるダイケン畳表を使用しています。

  • ●本体下部のアジャスター
    本体下部のアジャスターを調整すれば床に不陸のある場所でも水平に施工できます。
    ※アジャスターの高さ調整約6mm

色柄バリエーション

  • 〈ミルベージュ〉

    〈ミルベージュ〉

  • 〈ティーブラウン〉

    〈ティーブラウン〉

  • 〈ダルブラウン〉

    〈ダルブラウン〉

ベンチ座面 色柄バリエーション

  • 〈銀白色〉

    〈銀白色〉

  • 〈墨染色〉

    〈墨染色〉

WEBカタログで製品情報の詳細を見る

特設コンテンツ

各種ダウンロード

  • 取扱説明書

    取扱説明書

    製品に同梱されている施工説明書・取扱説明書をダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 製品画像

    製品画像

    製品写真や施工・特長写真の画像データ(JPG形式)を検索、閲覧、ダウンロードできます。

    詳しくはこちら
  • 各種認定書類

    各種認定書類

    改正建築基準法に対応し、業者様向けに大臣認定書等のデータを提供しています。

    詳しくはこちら

製品仕様

基材 パーティクルボード(一部MDF)
表面 オレフィンシート張り
構造 ベタ芯(一部フラッシュ構造)
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆住宅部品表示ガイドライン
本体 基材 MDF
表面 オレフィンシート張り、高圧メラミンシート
構造 フラッシュ構造
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆住宅部品表示ガイドライン
ベンチ天板 基材 合板
表面 機械抄和紙目積織物
ホルムアルデヒド規制 F☆☆☆☆住宅部品表示ガイドライン
ご注意
ご使用にあたり、ご注意・ご理解いただきたいこと
  • 主に靴類を収納する製品です。次のような危険な物は収納しないでください。
    1)油やシンナーなどの可燃物や薬品
    2)鉄アレイ等の過度に重い物
    3)その他危険物
  • ベンチ付タイプは凹凸のあるタイルやコンクリートの土間の上には直接設置しないでください。ベンチユニットの金具の破損の原因になります。
  • 扉にぶら下がらないようにしてください。
  • 畳天板はマジック・クレヨンや油性の汚物などをつけないように注意してください。
  • 畳天板は表面に長時間温風ヒーターやストーブの熱を直接当てると、製品の表面を傷めたり、反りや縮みの原因となります。
  • 本体は壁固定するため木や軽鉄などのしっかりした下地が必要です。