リビングを収納でおしゃれできれいに!簡単アイデア4選&壁面収納事例も紹介

リビングを収納でおしゃれできれいに!簡単アイデア4選&壁面収納事例も紹介

リビングをスッキリきれいにキープするために、一度、収納を見直してみてはいかがでしょうか。リビングは来客もある場所なので、収納だけでなくおしゃれに見せることにもこだわりたいところ。リビングの収納のポイントやアイデア、また、おすすめの壁面収納棚を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

リビング収納のポイント3つ

リビングは家族みんながくつろぐ空間。常に整理し、スッキリとさせておきたいものです。
しかし、来客が訪れることもあるので、単に片付けるのではなく、おしゃれに見せる工夫も大切です。次の3つのポイントを押さえて、リビング収納を選んでいきましょう。

部屋の間取りやテイストに合った収納を選ぶ

家具や収納アイテムを選ぶ前に、まずはリビングの間取りをよく見てみましょう。どこにどんな大きさ・どんな形状のアイテムを置いたらきれいに収まるのか、事前に検討してください。

おおよその大きさや形が決まったら、次は部屋とのバランスを吟味します。部屋全体や今お使いの家具のテイストに合わせて収納アイテムを選ぶことで、部屋に統一感が生まれて、おしゃれ度が一気にアップします。

一時的にものをストックできる収納を設ける

買ってきたものや郵便物、書類などを一時的にストックできる場所があると、リビングがもので散らかることを防げます。かごやボックスなどの取り出しやすい収納を置き、部屋が散らかって見えないようにしましょう。

また、収納空間に余裕があると、かごやボックス本体を片付けることができます。かごごと棚に入れられる収納家具ならば、おしゃれさと機能性を両立させることもできるでしょう。

「見せる」収納でおしゃれなリビングにする

スッキリ収納するということは、すべてのものを隠すということではありません。あえて「見せる」収納をチョイスすることで、収納自体もインテリアの一部になります。

もちろん、すべてのものを見せてしまうと、散らかった印象になってしまうのでNGです。また、見せるものが多すぎると、ほこり取りの手間が増えてしまうというデメリットもあります。隠すものと見せるもののメリハリをつけて、よりスッキリとおしゃれな空間を作りましょう。

リビング収納アイデア・収納術4選

家族みんなが何度も出入りするリビング。自然とものも増えてしまうため、油断をすると散らかりがちな空間です。大容量の収納棚があっても、出し入れがしづらいと結局出しっぱなしになってしまう可能性があります。

リビングの収納は、リビングで使うものがすべてスッキリときれいに「片付けられる」ことは最低限必要ですが、お気に入りのものや自慢のアイテムなどを「ステキに見せる」ことにも意識したいもの。「隠す」と「見せる」のメリハリをつけたリビングの収納アイデアや、より便利に収納スペースを活かす収納術をご紹介します。おしゃれかつ機能的なリビングを目指している方は、ぜひ試してみてください。

書類はラベリングして見やすく収納する

書類はラベリングして見やすく収納する

子どもの学校からのお知らせや家電の取扱説明書など、どうしても書類は増えてしまいます。書類ケースにまとめて入れておくのも良いですが、適当に放り込んでいると必要な書類をすぐに取り出すことができません。クリアファイルや間仕切りを利用し、「学校のお知らせ」「保証書」という風にラベリングし、スムーズに取り出せるようにしておきましょう。

収納棚の引き出しの中を区切る

収納棚の引き出しの中を区切る

収納棚に引き出しがあると、細々としたものを片付けられて便利です。しかし、適当に入れてしまうと、必要なときに必要なものを取り出すことができません。また、何が入っているのかが分かりにくくなり、探す手間も時間も増えてしまいます。引き出しの中に仕切りを入れて、一目で何があるのか分かるようにしておきましょう。

同じ用途のものは同じ棚に収納する

同じ用途のものは同じ棚に収納する

収納スペースがいくつもあると、どこに何を入れたのか忘れてしまうこともあるでしょう。同じ用途のものは同じ棚に収納するというルールを作っておけば、探す時間を減らすことができます。掃除用品は掃除用の収納スペースに、文房具は文房具用の引き出し、取扱説明書は取扱説明書のファイルボックスと、まとめて収納しましょう。

配線を隠してスッキリみせる

配線を隠してスッキリみせる

リビングにはコード類がたくさんあります。テレビや照明器具などの電源コード、パソコンやタブレットをインターネットにつなぐコードなどが散乱しています。配線が目に入るとリビング全体が煩雑な印象になってしまうので、壁や床に取り付けるタイプの配線カバーや、巻き取り式のリールを使って隠すようにしましょう。

リビングの壁面収納棚の事例4選

リビングの収納スペースをおしゃれに増やしたい方には、壁面収納棚がおすすめです。壁面収納棚には、次の4つの優れた特徴があります。

リビング壁面収納の魅力

・収納スペースが豊富に確保できる
・壁面収納の棚におしゃれに並べることで見せる収納が簡単に完成する
・リビング全体の統一感を出しやすい
・オーダーメイドの場合、部屋に合わせて形やサイズを変えられる自由度が高い

まず注目すべきは容量の大きさです。リビングの壁一面あるいは壁の一部を収納に活用するので、大容量の収納スペースになります。しかも、小さな家具と異なり空間を分断しないので、リビング全体に統一感が生まれます。

また、扉をつけない部分は飾り棚として使えるので、見せる収納としても活用できる点も魅力です。オーダーメイドの壁面収納棚なら部屋の形にぴったりにデザインできるため、さらに収納力と統一感がアップします。

事例1.壁一面タイプの壁面収納棚

事例1.壁一面タイプの壁面収納棚

リビングの壁一面をすべて収納棚にしてみてはいかがでしょうか。部屋のサイズに合わせるのでオーダーメイドになりますが、収納力は抜群です。しかも、家具のように倒れる恐れがなく角部分もないので、小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

たいていのものは収納できるため、他に細々した棚やボックスなどを置かなくて済むのもメリット。部屋のスペースを広く確保したい方、リビング全体のデザイン・カラーを統一したい方はぜひ検討してみましょう。便利なデスクは使用しないときは隠せるので、さらに空間をスッキリきれいに保てます。

⇒詳細はこちら

事例2.見せる壁面収納でリビングをおしゃれ空間に

事例2.見せる壁面収納でリビングをおしゃれ空間に

まるでギャラリーのように自分の趣味で集めた小物や写真などをおしゃれに飾ることができる壁面収納棚。中央にテレビがあるため、自慢の小物に自然と視線が集中するデザインです。

収納部分の半分には扉があるので、大切な書類や見せたくないもの、電球やインクカートリッジのスペアなどの生活感あふれるものは隠す収納で片付けておくことができます。好きなものに囲まれた個性豊かな空間を簡単に作りたい方におすすめの収納棚です。

⇒詳細はこちら

事例3.機能的でアイデア満載の壁面収納

事例3.機能的でアイデア満載の壁面収納

おしゃれさも大切だけど、使い勝手の良さも重視したいという方におすすめの壁面収納棚。掃除用具などの大きなものを収納できる棚があったり、可動式のゴミ箱やAV機器をすべて収納できたりと、リビングにあると便利なものはほとんど入れられます。

扉のない棚やマガジンラックもあり、隠すだけではなく見せる収納もバランスよく取り入れている点も魅力です。

⇒詳細はこちら

事例4.床から浮いた壁面収納で見た目スッキリ、ロボット掃除機も楽々

事例4.床から浮いた壁面収納で見た目スッキリ、ロボット掃除機も楽々

壁固定により床から浮かしたフロート施工が特徴の収納棚。見た目がスッキリとスタイリッシュな印象が特徴です。床や天井、テレビまわりに適度な空間があるタイプの壁面収納棚なら、リビング全体を広く見せてくれます。

⇒詳細はこちら

家族や友人が訪れるリビングは、家の中でももっともすっきりと整理整頓しておきたい空間です。しかし、快適に過ごすためには健康器具や雑誌、オーディオ製品、テレビといったさまざまなアイテムが必要なのも事実。リビングの中でも広い面積を占める「壁」を有効活用することで、使い勝手の良さをキープしつつ大切なものたちを収納しましょう。

⇒リビングの壁面収納についてさらに詳しく知る

収納のポイントやアイデアを押さえて素敵なリビングに

リビング収納をきれいに行うためのポイントや収納アイデア・収納術をご紹介しました。実際の収納アイテムから、リビング収納のイメージが広がったのではないでしょうか? ぜひ参考にし、あなただけの素敵なリビングを作り上げましょう。

⇒さらにリビングの壁面収納を見るならこちらへ

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ