猫のためのキャットウォークを壁に設置する方法を簡単解説 キャットウォークのメリット3選 猫のためのキャットウォークを壁に設置する方法を簡単解説 キャットウォークのメリット3選

猫のためのキャットウォークを壁に設置する方法を簡単解説
キャットウォークのメリット3選

部屋のインテリアにもなり、猫と快適に暮らすための重要なアイテムにもなるキャットウォーク。キャットウォークの人気は年々上昇傾向にあります。一方で、キャットウォークの設置を考えている人は、設置の流れや費用のイメージが湧かない方も多くいます。本記事では、キャットウォークを設置するメリットから設置方法、費用について詳しく解説します。ぜひ、キャットウォークの購入を検討されている方は参考にしてください。

目次

猫のためにキャットウォークが必要な理由とは?

猫のためにキャットウォークが必要な理由とは?

キャットウォークとは?

キャットウォークとは、家の中において高所に設けられた猫の通り道のことです。最近は猫の過ごすスペースや設備等をまとめてキャットウォークと呼ぶことが多いです。

キャットウォークが必要な理由

猫が本来持っている本能としては、室外で狩りをしたり、高いところに登って外敵から身を守ることなどです。高いところが好きな習性や障害物を避ける習性から、猫にとって家の中だけでは窮屈に感じることがあります。猫の本能にストレスを与えないためにも、猫専用の通り道であるキャットウォークが必要です。

猫がいる家庭でキャットウォークを設置するメリット3選

1.猫の運動不足の改善とストレス解消になる

室内にいることで活動スペースは外より限られてしまうため、運動不足による体調不良やストレスを感じる可能性があります。キャットウォークを設置し、活動スペースを確保することで運動不足が改善され、太りすぎの予防やストレス解消になります。

2.爪研ぎやイタズラの防止になる

キャットウォークを設置すると猫が夢中になり退屈を感じることが少なくなるため、ストレスによる爪とぎやイタズラの防止に繋がります。掃除をこまめに行う時間や、修繕の手間が省けるため、お互いに住みやすい環境に近づきます。

3.オシャレなインテリアになる

キャットウォークは独特な形をしているため、設置している部屋の全体レイアウトをみた時にオブジェのような雰囲気でおしゃれなインテリアにもなります。さまざまな形があるため、猫の通り道としての用途をおさえた上で、インテリアとしてのバランスもチェックしてみましょう。以下では、インテリアとしての例を紹介します。

猫のキャットウォークをおしゃれに取り入れた事例

猫のキャットウォークをおしゃれに取り入れた事例

1.床の素材と合わせた作り

壁と天井を利用したキャットウォークで、既存の床との色柄やテイストを統一した素材を選んで設置すると、部屋の雰囲気を崩さず、綺麗なレイアウトにできます。反対に、シンプルな空間にアクセントを加えたい場合は、第三者からの客観的な意見を取り入れつつ、雰囲気をイメージしながら色柄などを決めていくことが大切です。

2.収納も兼ね備えたアイデア

キャットウォーク動線の中で、デッドスペースになりやすい部屋の端などの板を箱型にして小物を収納したりすると、より好みの空間ができたり、収納不足の解消にもなります。しかし、貴重品などは猫が移動すると衝撃が加わって破損してしまう可能性があるため、避けるようにしましょう。

3.アート風の配置

真っ直ぐの板のみ使用するのではなく、部屋の雰囲気に合わせて曲線の面も作ってみましょう。猫のお気に入りになったり、レイアウトがより一層オシャレな空間を演出します。

キャットウォークを選ぶ時のポイント3つ

1.キャットウォークの幅

猫は高い位置を好みますが、逆に高いところから下へ降りてくることは苦手です。高いところに行っても安全に降りられるような無理のないキャットウォークの幅での設置を心がけましょう。20cmが目安です。

2.キャットウォークの段差

キャットウォークの段差も同じく降りるために適切な段差で設置するように心がけましょう。少ない段差で細かく設置すると怪我の心配も軽減されるためオススメです。

3.キャットウォークの素材

キャットウォークの素材を選ぶ際は傷がつきにくく、強度があるシナランバー材などがオススメです。柔らかいパイン材などは傷がつきやすいため劣化が早くなってしまう可能性があります。安全のためになるべく長持ちして強度がある素材を選びましょう。硬いもので長持ちすると余計な修繕費用などもかかってこないため、費用を抑える一つのポイントにもなります。

キャットウォークを設置する際の注意点6つ

1.出入口を二つ以上作る

キャットウォークを設置する際は、出入口を二つ準備しましょう。猫は後ろ向きに歩くことが苦手です。方向転換も得意ではないため、キャットウォークの出入口は2つ以上作り、歩いているうちに抜けられる構造をおすすめします。特に、日中に家を空けることが多い人は、留守中に猫がキャットウォークから出られなくなってしまう危険性がないかチェックしておきましょう。

2.脱走の防止対策をしておく

キャットウォークのルートを窓の近くに設置するときは、外へ出てしまわないよう対策をしておきましょう。ネコは好奇心旺盛なので、少しでも隙間があると屋外へ出ていってしまいます。

3.猫に合わせた床材選び

床付近から天井近くまでキャットウォークを設置していても、猫はその時の気分で高いところから飛び降りたりします。猫の性格にもよりますが、1.5m程度の高さなら平気で飛び降りてしまうため、床の防音や滑り止めについても考えておきましょう。

床材がフローリングの場合は、防音性の高いタイルカーペットの設置やペット用に滑り止めと傷の防止が施された床材があるため、交換しておくと怪我や騒音を防ぐことができます。マンションでは、床に猫が飛び降りた際に発生する音が階下に伝わってしまいます。トラブルを防ぐためにも、マンションにお住まいの方は、キャットウォークと同時に床の防音対策を行いましょう。

4.滑り止めを設置しておく

キャットウォークを施工する際には、キャットウォーク自体に滑り止めがあると安心です。肉球のおかげで無垢材の上でも問題なく歩けますが、長毛種の場合は、肉球の隙間から毛が伸びてしまい、足を滑らせてしまうことがあります。長毛種は短毛種に比べて大型になる品種も多く、落下の衝撃も強くなってしまうため、布などの爪が引っかかる素材やゴム製の滑り止めをキャットウォークに貼り付けておきましょう。

5.生活動線を考えて設置する

一枚板タイプのキャットウォークの場合、壁から複数の板が飛び出した形になるため、設置場所によっては人間の通行の邪魔になってしまいます。キャットウォークを設置する際には、体をぶつけたり動線を妨げたりしてしまわないように場所をよく選ぶことが大切です。

6.猫のために構造を考える

猫が遊んでくれるために良かれと思って、創意工夫する方がいますが、ギミックが多すぎるとかえって動きづらくなってしまい、猫が全く遊んでくれないといったことが起きる可能性があります。あくまでも猫のためのキャットウォークということを忘れずに、シンプルさや空間の余裕、猫の動きやすさを設計段階で確認してみましょう。

キャットウォーク設置はDIYするべき?業者に依頼するデメリット

キャットウォーク設置はDIYするべき?業者に依頼するデメリット

キャットウォークを設置する際はDIYで行う方法と業者に依頼する方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、理解した上で自分の技術や施工時間、予算をしっかりと相談して決めましょう。

キャットウォークをDIYで自作するメリット・デメリット

メリット

キャットウォークをDIYで設置する際のメリットは費用が抑えられる点です。業者に依頼すると、人件費や設計費がかかってくるため費用が多くかかります。猫が遊んでくれないとなった場合、自分のペースでいつでも修繕可能な点もメリットです。手間はかかりますが、気に入ってくれるまで試してみましょう。

デメリット

自分で設計から施工まで全ての工程を行うため、時間がかなりかかる点がDIYを行う際のデメリットの一つです。他にも、材料や道具をそろえる手間もかかります。キャットウォークは猫が自由に動き回るため、崩れないようにしっかりとした強度が必要ですが、自分で作成しているので安全面の保証がない点もデメリットです。不具合があった場合も自分で全て修繕を行います。

キャットウォークを業者に依頼するメリット・デメリット

メリット

キャットウォークを業者に依頼する場合、正式な設計図に沿って施工されるため安全面、強度不足の心配が少なくなります。万が一不具合が起きた場合でも、保証が手厚いことが多いです。仕上がり自体の綺麗さは、DIYで全て自分で作るよりも、満足いく結果になります。また、設計なども動線を考えた作りやオブジェのようにインテリアの一部として綺麗な収まりに近づける点もメリットです。

デメリット

材料費に加え、人件費や設計費などがかかるため費用がDIYと比べて高くなります。使用する素材によって費用は異なります。素材を選ぶ際に予算を考えて費用を抑えましょう。

キャットウォーク設置の費用相場とは?

DIYで自作した場合

DIYでキャットウォークを作る場合、材料費と道具費のみで行うことができるため、比較的安価で行うことができます。

リフォーム業者に依頼した場合

リフォーム業者に依頼する場合、材料費に加えて人件費と設計費などの諸費用がかかります。部屋と部屋をつなぐレイアウトなど、広範囲の工事内容になると想像以上に高額な費用がかかる場合もあります。

キャットウォークを設置する際の8つのステップ

1.設置場所を決める
キャットウォークを設置する部屋数や取り付ける壁面の数などを決めます。
2.壁の材質を選び、確認する
木材やコンクリートなど壁の材質によって費用も変動します。
3.壁に穴をあけるか否かの検討
購入済みの物件は、ほとんどの場合穴を開けても問題ない場合が多いですが、賃貸物件はマンションなどの規約を確認して検討しましょう。
4.レイアウトを決める
設置する板の数やレイアウトをわかりやすく簡単にまとめたものになります。
5.レイアウトをもとに採寸を行う
採寸を行う際は市販のメジャーで測っても構いません。
6.必要な材料と工具を購入する
最適な素材を考えて材料と道具を選びましょう。
7.必要に応じて壁などを加工する
耐水性や消臭機能がない壁などに加工を施す必要があれば、このタイミングで行いましょう。
8.部屋にキャットウォークを取り付ける
取り付ける位置や材質をもう一度確認して一つずつ設置しましょう。

今までに家具や棚を作った経験があるなど、DIYに慣れている人なら難しい作業ではありません。高い位置への取り付けには十分に注意して作業を行いましょう。一方で、あまりDIYの経験がない人にとっては、設計や材料の購入だけで一苦労です。その場合は、業者の方に依頼しましょう。

キャットウォークの壁の種類別設置方法

キャットウォークの設置は壁の種類によって異なります。3種類の設置方法を詳しく以下で解説します。

コンクリート壁

コンクリート壁にキャットウォークを設置する際、は電気ドリルで深さ約40cmの穴を開けてアンカーを打ち込み、付属の金具を使って商品を壁に合わせて設置します。穴を開ける際に浅すぎると、不安定な足場になってしまうため注意が必要です。

石膏ボード壁

石膏ボード壁にキャットウォークを設置する工事には二つの工法があり、どちらかで行います。それぞれの設置方法を以下にまとめています。

・木造壁下地工法
壁の裏にある柱や間柱に直接木ネジで固定します。壁の下地素材が石膏ボードのみの場合、専用のアンカーを打つ必要があります。強度をしっかり確認しましょう。
・軽量鉄骨壁下地工法
軽量鉄骨下地に直接、軽天ビスで固定します。壁の後ろにある柱や間柱の間隔が60cm以上の場合は、設置が難しいことがあります。

木壁

キャットウォークを木壁へ設置する場合は、無垢材、合板を使用しましょう。木質ボードは、基本的に設置不可の場合がほとんどです。無垢材、合板に設置する場合は、厚さ9mm以上の素材を用意しましょう。9mm以下だと設置不可の場合があります。設置方法として、木ネジで直接固定します。

まとめ|猫のためにキャットウォークは必要?

まとめ|猫のためにキャットウォークは必要?

猫のためにキャットウォークは必要です。ストレスを感じにくくする効果や、運動不足などの解消も見込めるため、猫の健康状態にも良い影響をもたらします。キャットウォークを設置する際は、お互いに過ごしやすい環境を作るために、キャットウォークの安全性やレイアウトを考えた仕上がりの綺麗さを求めて業者への依頼をオススメします。

※金額は全て目安になります。実際の現場状況や時期によって価格は変動します。詳しくはお近くの施工店様にご相談ください。

※ここに掲載されている情報は2022年7月29日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめの関連コンテンツはこちら