ここにもDAIKEN ドラマセット採用事例

オールドルーキーTBS日曜劇場(2022年7月度)

※掲載内容はドラマ放送当時のものです。

主人公が勤めるオフィス

ドラマセットを体感しよう!

主人公が勤めるオフィスを
360度のパノラマでご覧いただけます。
アノテーション(注釈)アイコン をクリックすると
製品の詳細ページへリンクします。

主人公が勤めるオフィス
主人公が勤めるオフィス
主人公が勤めるオフィス
主人公が勤めるオフィス
Point
床材『デザインタフアート』はタイル・カーペットとの段差を抑えられる総厚4.5mmの土足対応フローリング。 社長室壁面の『グラビオUB』〈トープグレー〉はグレイッシュなカラーと丁寧に作り込まれたきめ細やかな木質感が特長の壁材です。
Designer's Voice
スポーツマネージメント会社が舞台となるため、オフィス内に各スポーツの要素を取り入れています。 社長室で使用した壁材『グラビオUB』は、社長室の重厚感とオフィスの印象のバランスを取れると思い、選択しました。天井材『ダイロートン 直張ベベル600』も社長室に使用しましたが、複雑な形状の天井に対して非常に扱いやすかったです。オフィスの中にも少し落ち着いた雰囲気を落とし込みたく、床材の色には〈チェリー柄(ミディアム)〉を選びました。

主人公自宅マンション

ドラマセットを体感しよう!

主人公自宅マンションを
360度のパノラマでご覧いただけます。
アノテーション(注釈)アイコン をクリックすると
製品の詳細ページへリンクします。

主人公自宅マンション
主人公自宅マンション
Point
明るい色合いとやさしい木目の床材『トリニティ〈メープル柄〉』は北欧モダンから和モダンまで様々な空間にマッチします。また、『ミセル』は自分好みのユニットやカラーを組み合わせられるセミオーダータイプの壁面収納で、テレビ周りをスッキリ納められます。
Designer's Voice
主人公のマンションは、「見ている方に温かい印象を」というコンセプトのもと、ナチュラルなテイストにしたく、床材に〈メープル柄〉を使用しました。それに伴い建具も〈ミルベージュ〉を選び、セットに温もりを持たせることができました。