巾木交換のタイミングは?ソフト巾木と木巾木のメリット・デメリット 巾木交換のタイミングは?ソフト巾木と木巾木のメリット・デメリット

巾木交換のタイミングは?
ソフト巾木と木巾木のメリット・デメリット

室内の床と接する壁の立ち上がり部分に取り付けられる巾木(はばき)。巾木はもともと壁の汚れやキズを防ぐためのもので、意外と消耗しやすいパーツでもあります。通常は壁紙を貼り替える時に巾木も全面的な取り替えを行いますが、それ以外にも巾木の補修や交換をした方が良いケースがあります。そこで、巾木の補修や交換をするべきタイミングなどについて解説します。

目次

巾木の役割

巾木は、壁と床の接合部に取り付けるパーツで、求められる役割は2つあります。ひとつは、素材の切れ目や境目を美しく始末して、見栄えよく調整すること。もうひとつはお掃除の際に掃除機がぶつかっても壁を傷めないようにするなど、保護を目的とした機能です。ただ、巾木は消耗しやすいうえに部屋をぐるりと一周しているので、面積が狭い割に意外と目立ち、傷や汚れも目に付いてしまいます。ここでは、巾木の種類や特徴、交換のタイミングについて紹介します。

巾木の選び方ひとつで、メンテナンスの手軽さや、部屋のイメージが大きく左右されることもあります。ぜひ、参考にしてみてください。

巾木は大きくわけて2種類

効率よく巾木を掃除する方法

巾木の種類は材質により、大きく分けて2つあります。塩化ビニル製のソフト巾木と、木製の木巾木(木製巾木)です。

ソフト巾木

ソフト巾木は塩化ビニル製で柔らかく、しなやかに曲がるのが特徴です。トイレや洗面所などで見かけることが多いでしょう。ホワイトやブラウンなど、様々な色や濃淡の商品が揃っています。また木目調などの柄物もあります。

木巾木(木製巾木)

木巾木は、木製の巾木です。MDFと呼ばれる木を成形したものや、天然木を使ったものなどがあります。ホワイトやブラウンなど、木目を生かした様々な色合いのラインアップが揃っています。フローリングと合わせて使うことで、統一感や高級感が演出できます。

巾木を交換するタイミングは

巾木が傷んできたら交換のサインです。交換を検討するための具体的な状態やタイミングを紹介します。

ひび割れ、剥がれ

巾木がひび割れている、または剥がれてきたら、交換の時期です。日常のお掃除で知らず知らずに掃除機をぶつけていたり、劣化で剥がれてしまっていたりする場合は新しい巾木に交換することをおすすめします。

傷や汚れが目立つ

巾木の汚れが目立つ場合も、交換を検討しましょう。日常的に発生する汚れは、拭き掃除で落とせるものがほとんどですが、経年によってどうしても落とせない汚れや傷がついてしまうこともあります。お手入れしても改善されない場合は、思い切って交換するのがおすすめです。

壁紙、床リフォームに合わせて

壁紙や床のリフォームで張り替えをする時は、巾木の交換も検討しましょう。巾木は壁と床の接合部分を調整するパーツです。リフォーム後の美しい仕上がりを実現させるためには巾木交換が欠かせません。

部屋のイメージを変えたい場合

巾木は部屋のイメージを変えたい場合にも一役買います。巾木は部屋の壁を一周しているので意外と目立ち、インテリアのイメージづくりにも大切なパーツといえます。巾木を壁と同系のカラーにして、存在をあまり感じさせずにまとめると、すっきりとした空間を演出できます。反対に、濃い色の巾木を選んでアクセントにすることもできます。また、巾木は色だけでなく高さや厚みなどにも様々なラインアップがあり、それぞれに異なったイメージを演出できます。背の高いもので存在感を出せば、海外のホテルのような雰囲気になるでしょう。

巾木を交換 ソフト巾木と木巾木それぞれのメリット・デメリット

巾木を交換しようと思ったら、ソフト巾木と木巾木、どちらが良いのでしょう。交換する場所や求める条件に合わせた、ソフト巾木と木巾木のメリットやデメリットを解説します。

ソフト巾木に交換

メリット: 比較的コストが低い
設置場所を選ばない

ソフト巾木のメリットは、木巾木に比べて価格が安いことで、木巾木の約半分程度にコストを抑えることができます。また、ソフト巾木は薄くてしなやかなので曲線にも対応できます。そのためある程度、設置場所を選ばずに施工できます。また、マンションのコンクリート壁など、釘を打てない壁にも対応することが可能です。

デメリット: 安っぽさを感じる場合がある

ソフト巾木のデメリットは、塩化ビニル製ということから、人によってはチープなイメージを持ってしまうかもしれません。高級感という面で見ると、木巾木に軍配が上がりそうです。

木巾木に交換

メリット: 高級感がある
フローリングにマッチしやすい
耐久性がある

木巾木のメリットは、第一に高級感があることが挙げられます。建材メーカーの多くは、巾木とフローリングを同色で揃えています。巾木とフローリングに統一感を持たせれば、インテリアのグレードアップにもつながります。巾木の素材となる「MDF」という成形材は丈夫で耐久性があり、安心して長く使えます。

デメリット: 比較的コストが高め

木巾木のデメリットは、ソフト巾木に比べてコストが高い点です。とはいえ、デザイン性や耐久性などを考えると、長く使える木巾木は決して高いものではないといえます。

巾木は、壁と床との接合部分を美しく調整したり、保護したりと大切な役目を持っています。また、インテリアコーディネートの面でもしっかりと吟味したいパーツです。面積こそ狭い部分ではありますが、理想の空間を実現するために、巾木選びにじっくりと時間をかけてみてはいかがでしょうか。

※金額は全て目安になります。実際の現場状況や時期によって価格は変動します。詳しくはお近くの施工店様にご相談ください。

※ここに掲載されている情報は2022年11月10日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめのDAIKEN製品