【耐震対策】ダイロートン廊下天井システム マモローカ オフィス廊下を想定した耐震対策天井!

POINT
最大1.5Gの水平方向の地震力に対し脱落しないことを確認
廊下幅2,100mmまで対応
ダイロートン捨て張り工法専用天井
特長 Features
吊りボルト・耐震ブレース不要 施工効率改善により工期短縮が実現できます。
取り付けた野縁受けに野縁を嵌め込む簡単施工 在来落下低減天井に比べて施工時間を約50%削減できます。

基本構成

POINT
取り付けた専用金具(=廊下専用支持金具)により天井下地を支持する構造となっています。
耐震対策 ダイロートン廊下天井システム マモローカ 基本構成図

吊りボルト・耐震ブレース不要

廊下の天井裏にはダクト・ケーブルラック等の設備類が多く配置されており、吊りボルトや耐震ブレースが設置し辛くなっています。
吊りボルト・耐震ブレースが不要なので天井裏に配置される設備類と干渉することなく施工することが可能です。
  • 天井懐(ダクト、配線等多数) 天井懐(ダクト、配線等多数) 天井懐(ダクト、配線等多数)
  • POINT

耐震性

天井ユニット試験をベースとした独自の社内試験にて各部の耐力を測定し、最大1.5Gの水平方向の天井地震力に対する性能を確認しました。
  • 耐震性図
  • 耐震性写真

省施工なので施工時間を抑えられます!

施工手順
壁下地に対し廊下用支持金具をビス固定
壁下地に対し廊下用支持金具をビス固定
廊下用支持金具に対しDHメインをビス固定
廊下用支持金具に対しDHメインをビス固定
廊下幅に対応する長さのDHクロスをDHメインに差込む
廊下幅に対応する長さのDHクロスをDHメインに差込む
DHメインの通りを調整し下地組み完了
DHメインの通りを調整し下地組み完了
在来工法(落下低減天井)との比較
在来落下低減天井
在来落下低減天井
改良
下地材の現場カットを削減
天井裏設備と干渉せず施工可能
材料点数が少なくシンプルな施工工程
施工時間約50%削減※ を実現 ※当社施工実験結果による
マモローカ
マモローカ

材工設計価格表参考価格になります。

試算条件
廊下幅は2,100mmで、直線の廊下を想定。天井仕上げ材は、捨て張り工法による。(石膏ボード9.5mm厚、ダイロートン9mm厚)
廊下幅2,100の場合 円/㎡(税別)
下地材 壁補強鋼板 仕上げ材 合計
材工設計価格
(参考)
材工設計価格
(参考)
材工設計価格
(参考)
6,600 1,500 5,800 13,900
廊下幅2,100の場合 円/㎡(税別)
下地材 材工設計価格
(参考)
6,600
壁補強鋼板 材工設計価格
(参考)
1,500
仕上げ材 材工設計価格
(参考)
5,800
合計 13,900
天井開口部補強を行う場合、別途4,400円/m(税別)が必要となります。

関連商品

ロックウール吸音板 ダイロートン
ロックウール吸音板「ダイロートン」
マモローカの仕上材には、捨て張り工法用ダイロートンを選択ください。
ダイロートン システム天井
ダイロートン「システム天井」
廊下以外の事務室などには、システム天井をお勧めします。

ご注意

製品を安全にお使いいただくために、設計・施工・使用にあたっては、下記の点をお守りください。
本製品の耐震安全目標は、「官庁施設の総合耐震計画基準及び同解説(平成8年版、公共建築協会)」のB類です。
本製品は、躯体壁もしくは上下躯体(構造体)にランナーを設置した間仕切り壁に囲まれた廊下の天井を対象とします。
地震等で天井に生ずる慣性力を壁に伝達させる工法のため、事前に壁の安全性をご確認の上、本製品を適用ください。
天井下に間仕切りを設置する場合や間接照明等がある場合は、本製品を適用することができません。
本製品は廊下幅が2,100mm以下、かつ天井仕上げ材は捨て張り工法(下地材:石膏ボード+ダイロートン)を適用範囲とします。