床暖房を検討するなら、電気、ガス、どちらを選べばいい? 床暖房を検討するなら、電気、ガス、どちらを選べばいい?

床暖房を検討するなら、電気、ガス、
どちらを選べばいい?

目次

数ある暖房器具・どれを選ぼう?~ほかにない床暖房の良さとは~

寒い季節に欠かせない暖房器具。いろいろな種類から、どれを選ぼうかと悩むこともあるでしょう。「火を使いたくないけれど、エアコンは乾燥が気になる。」そんなときは床暖房を検討してみてはいかがでしょうか?

床暖房をつけたとき、現場環境にもよりますが一般的には、足元付近が約30℃、座ったときの頭部付近は約18℃となっており、健康に良いとされる「頭寒足熱」の環境を作ります。火を使わないので空気を汚さず、一酸化炭素中毒のリスクを回避します。暖めるときに気流が発生しないため、ハウスダストの舞い上がりもありません。余計な暖房器具を置かない分、空間を広く使えてインテリア性は向上し、収納場所もいらず効率的なのも魅力です。毎日の暮らしを支える「床」。インテリアコーディネート、安全性、お手入れのしやすさ、経済性など、床暖房は目的に応じて選びたいところです。

数ある暖房器具・どれを選ぼう?~ほかにない床暖房の良さとは~

床暖房システムのしくみ~「電気式」と「温水式」のメリット、デメリットを比較~

床暖房は12㎜厚のフロアに熱源が内蔵され、仕上げ材と一体になっているものが主流です。12㎜厚フロアは一般的な木質フローリングと同じ厚さで、バリアフリーにも対応可能となっています。引きずりや凹みキズが付きにくいタイプもあり、キャスター付き椅子や車いすも使用が可能です(※ただし金属製や球状キャスターには向きません)。さらに、ワックスがけ不要なものであればお手入れもカンタン。暖めかたによって「電気式」と「温水式」の2つがあります。それぞれの特徴をみていきましょう。

①電気式床暖房の仕組みと特徴
電気式床暖房は、線や面になった発熱体に通電して暖める方式です。床面の過昇温を防ぐ制御回路「サーモスタット」と、異常過熱を防ぐ「温度ヒューズ」、均一に熱を伝え漏電を検知する「アース(均熱版)」という3重の安全機能を持ったものがあり、低温やけどや感電から守ります。
コントローラーで切り替えると、全面を暖めたり、半分だけにしたりと、用途に応じたレイアウトができます。専用のコネクターを接続するヒーターパネルであれば、「タテ」「ヨコ」どちらの方向にも配線を接続できますので、間取りに合わせた敷き込みもできるなど、設置しやすくリフォームにも適した床暖房システムです。
一方で注意しておきたい点もあります。フロア部は蒸気や水分に弱いので、水拭きは控えるようにします。万が一、床面が水に浸ったときには漏電や火災の発生する恐れがあり、電気工事会社による点検が必要となります。また、プロジェクター方式のテレビを使用するとき、映像が乱れることがありますので、ヒーターパネル部よりも30㎝以上離すことが推奨されています。暖房の作動時は、立ち上がりがゆっくりとしているので、はじめの10分間は通電率が100%で稼働するなど、ランニングコストは「温水式」に比べて高めの傾向にあります。
②温水式床暖房の仕組みと特徴
温水式床暖房は、配管部材とヒーターパネルによって構成されており、樹脂製の温水パイプに温水(水や不凍液)を循環させて暖める方式です。熱源機はガス給湯器や灯油ボイラー、ヒートポンプ式から選ぶことができます。とくにヒートポンプ式は「床暖房専用タイプ」のほかに「エアコンタイプ」「給湯タイプ」もあり、目的・用途に応じてさまざまな組み合わせができます。作動時の立ち上がりは速いので、すばやく暖まり温度ムラがないのも「温水式」の特徴です。
その一方で注意しておきたいのは、定期メンテナンスが必要であることです。「温水式」は1年に1回程度の不凍液補充のほか、熱源機の老朽化にともなう交換も必要な場合もあり、計画的にメンテナンス資金を準備しておく必要があります。また、リフォームでは既設配管の状況や、お使いの熱源機で容量をまかなえないときには、ワンランク大きな容量の熱源機が必要になるなど設置工事がやや複雑な面もあり、初期費用は「電気式」よりも高めとなる傾向です。
③気になる光熱費 ランニングコストが安いのは「温水式」
気になる光熱費 ランニングコストが安いのは「温水式」

前述のメリット、デメリットを比較してみると、「電気式」のメリットが大きいように感じるところでしょうか。つぎは、それぞれの光熱費を比較してみましょう。

【電気式床暖房の電気代の目安】

電気料金は、平成26年時点の電力料金目安単価27円/kWh(税込)を参考にし、約60%の敷き込み率で1日8時間使用した場合を想定しています。電気式床暖房は、入電後の10分間は100%で通電し、それ以降は70%で稼働します。

  • 8畳 (12尺×12尺)  約252円
  • 12畳 (12尺×18尺)  約378円
  • 18畳 (12尺×27尺)  約503円

【温水式床暖房のガス料金の目安】

ガス料金の目安は次の通りです。ガス料金の算出基準は、東京ガス2018年1月の「暖らんぷらん」(20m3超80m3まで)を参考に、1日8時間連続運転で(13A)108,98円/m3の実測値を元に算出したものです。敷き込み率が68%~79%と幅がありますが、全体的に「電気式床暖房」よりも光熱費が安く抑えられることがお判りいただけるでしょう。

  • 8畳 (関東間:12.2m2)敷き込み率:68%   約133円
  • 12畳 (関東間:18.5m2)敷き込み率:75%   約186円
  • 18畳 (関東間:28.0m2)敷き込み率:73%   約285円

リフォームで床暖房を導入する際は「施工性」と「コスト」が大きなポイントに

リフォームで床暖房を導入する際は「施工性」と「コスト」が大きなポイントに

「電気式」と「温水式」は特徴が異なり、それぞれのメリット・デメリットを比べることで、導入する際の決め手を探ることができます。予算をおさえたいときには、部分的な床暖房にすることも可能です。ヒーターパネル部は、銘木の美しさを再現したものをはじめ、インテリア空間に調和する幅広いカラーバリエーションがそろっています。初期費用、光熱費、施工性、デザインを総合的に検討して、わが家に合ったプランを計画しましょう。

※金額は全て目安になります。実際の現場状況や時期によって価格は変動します。詳しくはお近くの施工店様にご相談ください。

※ここに掲載されている情報は2022年8月10日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめのDAIKEN製品

『あたたか12シリーズ』

『はるびよりシリーズ』