【服収納のコツ】おしゃれにすっきりさせる方法からおすすめツールの使い方

【服収納のコツ】おしゃれにすっきりさせる方法からおすすめツールの使い方

服の収納のコツを解説します。収納ツール選びの前にすべきことから、服を収納するためにおすすめのツール、おしゃれにしまえる収納術などもご紹介。ついつい散らかりがちな服をクローゼットにすっきりキレイに収納する方法をマスターしましょう。

服の収納のコツ!事前準備

散らかってしまった服を収納するために、まずツールの購入を考える方が多いことでしょう。しかし、収納グッズの購入前に済ませておくべきことがあります。以下手順ごとに解説します。

1.持っている服の把握・整理
2.マイルールの作成
3.収納場所の採寸

1. 持っている服の把握・整理

ご自分が今どのくらいの服を所有しているかをまず把握してみましょう。また、よく着る服と着ない服を分けることも大切な作業です。スムーズに判断できない場合は、一度試着してみることで今後も着たい服かどうか決められます。

2.マイルールの作成

ご自分の中での処分基準やルールをつくると、服の整理整頓がしやすくなります。あらかじめ「新しい服を購入するごとに、今ある服の中からどれかを処分する」、「処分候補の服の置き場をつくり、ハンガーを色分けしてまとめておく」などの、マイルールを用意しておきましょう。

3. 収納場所の採寸

収納ケース・ボックスなどをしまう場所を実際に採寸します。「高さ、横幅、奥行」の3つをしっかりと採寸することが重要です。クローゼットのハンガーにかかった服の下に収納ケースやボックスをしまう場合は、そのスペースも忘れずに採寸しましょう。

服の収納におすすめのツール3種

事前準備が完了したら、次は服の収納ツールを選びましょう。服はツール次第で、収納できる量や効率が大きく変わります。おすすめのツールを3つご紹介します。

一段タイプの収納ボックス

一段タイプの収納ボックス

収納ボックスには複数段がくっついている「多段タイプ」と、一段ずつ分けられる「一段タイプ」があります。一段タイプの収納ボックスは、収納場所のサイズに合わせやすいため、使い勝手抜群です。また、収納場所が変わったり引っ越しをしたりしてもそのまま利用することができ、便利です。

布製のケース

布製のケース

クローゼット上部など高い位置の収納スペースには、布製のファスナーつきタイプがおすすめです。プラスチックのボックスに比べ軽量で、高いところでも出し入れがしやすくなります。シーズンオフのものや使用頻度が低い服を収納しておくとよいでしょう。取っ手があるタイプですと、なお引き出しやすくなります。

ハンガーポール(ラック)

ハンガーポール(ラック)

クローゼットに入りきらない服をおしゃれに収納するのであればハンガーラックがおすすめです。ハンガーにかけるだけですので、手間がかかりませんし、服のたたみジワも防げます。服のタイプや色、サイズ別に並べて収納するとキレイでおしゃれに見えるので、「見せる収納」にも最適です。

⇒DAIKENのクローゼット収納を見る

服をすっきりおしゃれに!便利な収納術

最初はキレイに収納しても、時間が経つにつれ、ついつい散らかってしまいがちな服。ちょっとした工夫で、すっきりおしゃれに収納できるようになります。便利な収納術を見ていきましょう。

収納ケース・ボックス内は立てて収納

収納ケース・ボックス内は立てて収納

たたんで収納する服は、立てておくのがおすすめです。積み重ねて収納してしまうと、下の方に何があるかわかりづらく、探す手間が増えてしまうため、服選びにも時間もかかります。

立てて収納することで、上から見たとき服の種類がひと目でわかり取り出しやすくなりますので、ぜひお試しください。

ハンガーやフックで吊るして収納

ハンガーやフックで吊るして収納

吊るせるスペースが豊富にある場合は、可能な限りハンガーやフックを使用して収納しましょう。たたむよりも吊るす方が、手間がかからないため、お忙しい方にもおすすめです。

また、服だけでなく意外とかさばりがちなベルトや帽子などの小物も、フックを使い吊るすことで、省スペースで済ませられます。

引き出しの中を仕切って収納

引き出しの中を仕切って収納

引き出しの内部は区切ることで、使いやすくできます。グループ分け基準は、よく着るものとそうでないもの、シーズンごと、アイテム別などにするのが良いでしょう。

なお、仕切りとして使用するものは、ブックスタンドやかごなどが便利です。かさばらず、区切られるので見た目もすっきりとします。

今の収納にお困りの方必見!クローゼットを見直しませんか?

「整理整頓したけれど、どうしても収納スペースが足りない」とお困りの方は、この機会にクローゼット自体を見直ししてみませんか?収納力抜群でカスタマイズでもきる、DAIKENのクローゼットを紹介します。

空いているスペースにぴったり収納可能な「リラクロ」

空いているスペースにぴったり収納可能な「リラクロ」

クローゼットタイプだけでなく、ウォークインタイプやパントリータイプなど、場所や服などの量に合わせてクローゼットの種類を選んで設置が可能です。家族によっても荷物の大きさや量は様々。ひとりひとりに合わせてアレンジすることで、な使い勝手のよいクローゼットにできます。

「リラクロ」

カスタマイズしやすい内部ユニットなため、無駄なスペースをつくらず、ちょっとした隙間も有効活用が可能。ハンガーが二重にかけられるため、収納力抜群です。また、バッグや帽子、ベルトなどをフックにかけられるようになっています。

後から収納ケースを購入するよりも、最初から引き出しを設置するほうがクローゼット内に統一感がうまれすっきり収納が可能です。

⇒詳しく見る

シンプルで使いやすい内部ユニットが魅力の「カンタナ」

「リラクロ」

豊富な収納力と必要な機能が備わったクローゼット。フロート施工が可能なため、土間を痛めることなく設置できるのもマンション暮らしの方には特におすすめです。

「リラクロ」

クローゼットに欲しい便利な機能をリーズナブルに実現。重量物にも使える耐久性のある引出しや取り付け簡単な金具つき。楕円形のパイプにはお持ちのハンガーはもちろん、小物フックも取り付け可能です。

⇒詳しく見る

ニーズに合わせて選べる扉の種類

  折戸タイプ 引戸タイプ 開き戸タイプ
  折戸タイプ 引戸タイプ 開き戸タイプ
魅力 全体を見渡しやすい 扉の前にスペース不要 ものの出し入れがしやすい
DAIKENなら 扉を左右に移動可能

扉の後ろのものも
取り出しやすい
通常2枚の扉が3枚

開口部が
3分の2もある
デッドスペースの利用可能

階段下などを
有効活用できる

ニーズや用途別に開閉形態が選べるところにもこだわりました。種類は「折戸タイプ」「引戸タイプ」「開き戸タイプ」の3つ。クローゼットを場所や収納力を考慮しながらお選びいただけます。

⇒詳しく見る

服の収納のコツをおさえ、あなたも今日から収納美人に!

服の収納上手になるために、ケースやボックスを購入する前に必要な事前準備を怠らないようにしましょう。また、ちょっとした収納術を取り入れることで、一気におしゃれですっきりとしたクローゼットに生まれ変わります。

一方、ご紹介した内容を試しても収納にお困りの方はぜひ、クローゼット自体を見直すのがおすすめです。DAIKENでは、自由自在にカスタムできるクローゼット収納をご用意。ご希望のニーズにあわせて様々な展開ができます。ぜひこの機会に一度チェックしてみてください。

⇒DAIKENでクローゼット収納をチェック

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ