テレワークデスクの選び方 快適なサイズや高さとは? テレワークデスクの選び方 快適なサイズや高さとは?

テレワークデスクの選び方
快適なサイズや高さとは?

ライフワークバランスが重要視されるなか、職場でもテレワークが身近になってきているのではないでしょうか。テレワークの浸透に伴い、自宅での作業スペースの確保に関する家具への需要が高まってきています。中でも作業に欠かせないデスク、椅子などはテレワーク必需品ですが、種類は様々。今回はテレワーク中のデスク選びで正しい選び方を事例と共にご紹介していきます。

目次

テレワークはデスクで業務効率が変わる?

テレワークはデスクで業務効率が変わる?

テレワークは一見働きやすくなったように見えますが、「家での作業だと集中しにくい」「いつもの環境じゃないので体が痛くなる」「疲労や肩こりを感じる」などのネガティブな意見もあります。無理な姿勢での作業は身体に負担がかかるので、自分に合ったデスク選びがテレワーク成功の鍵になります。テレワークを導入する際は、まず業務に取り組みやすい環境を整える必要があります。

テレワークデスク購入までに8つのステップ

テレワークデスク購入までに8つのステップ

1.安定性の高いものを選ぶ

テレワーク用のデスクを選ぶ上で欠かせないのが、デスクの安定性です。長時間作業をする中でタイピングやプリンター起動の際、デスクが不安定で動いてしまっては作業に集中できません。安定性の高いデスクを見極めるポイントは、フレーム脚が太いタイプを選ぶことや、脚部が連結パーツによって補強されているものなどを選ぶ必要があります。

2.身長にあったものを選ぶ

無理な姿勢での作業や自身の身体に合わない環境は、肩こりやむくみなど体の不調に繋がります。自身の身体にあった高さ、大きさのデスク選びが必要です。一般的に、ワークデスクの高さは700mm〜740mmが理想です。身長が平均より高い方も猫背防止のため700mm〜740mmの高さのデスクがオススメです。

3.ワークスペースの大きさを考慮して選ぶ

自宅の部屋の広さに合わない大きさのデスクは動線の妨げになり、生活に支障が出てきます。ワークデスクを選ぶ際は幅、奥行きを事前に確認し、ミスのないデスクを選びましょう。十分なスペースが確保できない場合は、収納型のデスクがオススメです。

4.立って作業か座って作業か選ぶ

テレワークで懸念されている運動不足に不安を感じる方も多いので、ワークスペースを作る際は立って仕事をするのか座って仕事をするのかを選びましょう。スタンディングデスクには、自分の立位に合わせた専用タイプや自動式、手動色などタイプなど、様々なモデルが販売されています。

5.可動式か固定式か選ぶ

ワークデスクを選ぶ際は、安定性のある固定式か場所に囚われない可動式かを選ぶ必要があります。自宅に十分なワークスペースの確保が難しい場合は、キャスター付きデスクか折りたたみデスクがオススメです。キャスター付きデスクは、パソコンや資料をデスクに置いたまま移動が可能ですが、落下の可能性もあり電子機器の破損や床の傷に繋がります。折りたたみデスクは持ち運びと設置に手間がかかりますが、作業し安定が得られ床の破損の心配もありません。移動頻度を基準に判断するのが重要です。

6.デザインを考慮して選ぶ

デスク機能やサイズが合っていても、自宅の雰囲気に合わないデザインを選んでしまえばモチベーション低下に繋がります。テレワークは人に見られていない分、自身でモチベーションを保つことが求められます。そのため、モチベーション向上になり生産性が高くなるようなデザインを選びましょう。モダンな雰囲気を出したい場合は黒やシックなスチール製のタイプを、自宅の雰囲気と合わせたい場合は木材やホワイト系なデザインを選ぶといいでしょう。

7.予算を考慮して選ぶ

天板で使用されている素材によって外観や触りごこち、作業効率などが変わってきます。デザイン面で着目するとかなり重要な部分になるため、モチベーション維持に繋がるデザインを選びましょう。市販で販売されている天板素材は、木製ボードと強化ガラスに分けられます。木製ボードは乾燥に強く耐久性に優れています。強化ガラスは触り心地が滑らかで傷つきにくく、防水性に優れています。

8.天板の素材で選ぶ

最終的にはここまで説明してきたことや購入予算を踏まえて、購入デスクを選びます。中にはセット売りなどで費用を抑えることができる購入方法もあります。

テレワークデスク7タイプの特徴を紹介

テレワークデスク7タイプの特徴を紹介

スタンダードタイプ

一般的なオフィスをイメージしている場合は、スタンダードタイプがいいでしょう。スタンダードデスクは、オフィスでも採用されていることが多いタイプで、シンプルな作りが特徴です。デスクトップパソコンの設置やパソコン業務をしながら紙を広げて資料を見ながらの作業、プリンターなどの周辺機器を設置したい方などに適しています。スタンダードタイプは、形や大きさ、価格帯やデザインなど豊富なので、様々なタイプから置きたい場所に適したものを選択できます。自宅で使う場合は、部屋の雰囲気にあったおしゃれなものを選びましょう。

L字型タイプ

L字型タイプは、前面とサイドを囲うような天板が特徴のワークデスクです。通常オフィスでもよく採用されており様々な使用用途があります。ノートパソコンに外付けディスプレイを接続する場合、サイドのソーのパソコンで前面に外付けのディスプレイとキーボードを置くことによってデスクがスッキリし、効率良く作業ができます。サイドにファイルボックスを設置し資料や本を収納すれば、必要な時にすぐ取り出し可能になります。L字型デスクは空間を効率良く使えるためパソコン作業の際必要なファイルの設置などの手間が省けます。

ロータイプ

ローデスクタイプは、足が短く床に座りながら作業できるタイプのワークデスクです。狭い室内ではロースタイルデスクで高さを抑えれるため、天井との距離ができ空間を広く見せれる一面があります。デスクチェアの購入もいらないため、コストが抑えられ、低予算で自宅オフィスを作りたい方などにオススメです。ローデスクタイプは使用性の幅広さも特徴です。作業だけでなく、食事をする際は食卓として使用でき、和室にも馴染みやすいため、初めてのワークデスクにオススメです。コンセントとの距離も近いため、追加の配線も購入する必要がなく、コンパクトに在宅業務が可能となります。注意点としては、常に床に座りながらの作業になるので、長時間業務には向いていません。

収納付きタイプ

パソコンラックとも呼ばれる収納付きのタイプのワークデスクです。プリンターやケーブル類、周辺機器などもまとめて収納できるメリットがあり、PCユーザーに適したワークデスクです。コンパクトサイズのものが多く、最低限のスペースに設置できるポイントもあります。

昇降型タイプ

昇降型デスクは、自動もしくは手動で天板の高さを変えられるタイプのワークデスクです。その時の気分や体勢によって、立って作業したり座って作業できるので、テレワークで運動不足が気になっている方などから注目を集めています。立ちながらの作業はメリットも多く、姿勢が良くなる、腰に負担がかかりにくいので、腰痛を気にしている方にオススメです。ただし、昇降型デスクは他のワークデスクと比べて金属品が多く、自動で高さが変わるタイプは高額になる傾向があり、数十万円するものもあります。自身の使用用途で手動タイプか自動タイプなどを見極めることが必要です。

ユニットタイプ

デスクや収納スペース、本棚など部屋の広さや用途によって組み替えることができる増設タイプのデスクです。価格帯は少し高いですが機能性が多く、自宅のレイアウトに合わせやすいことがメリットです。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプのデスクは、収納時はコンパクトで置き場に困りません。手軽に持ち運べるため、ワークスタイルや気分に合わせて作業場所を変えることも可能です。

テレワークデスクのサイズ選び3つのポイント

テレワークデスクのサイズ選び3つのポイント

テレワークデスクを選ぶ上でのポイントは「サイズ」です。どこでどんな作業をするかによって、選ぶべきサイズも変わってきます。

デスクの奥行きはPCサイズで決める

デスクは奥行き次第で使いやすさや、作業効率が変わってきます。大きなモニターなどを置いた際に奥行きが狭いと、自由に使えるスペースが限られて窮屈になります。

奥行き800mm(80cm) 一昔前に主流だったサイズです。近年では薄型ディスプレイの浸透で奥行きを昔ほど必要としないケースが増えてきています。コンパクトさは欠けますが、モニターなどを置いて作業したい方にオススメです。
奥行き700mm(70cm) スタンダードなサイズです。パソコンを設置してもゆとりがあるため、パソコン業務に加えて書類業務なども簡単に行うことができます。
奥行き600mm(60cm) 小さなスペースで自宅オフィスを作りたい人におすすめです。コンパクトなデスクが多いため、どこでも手の届く範囲で作業できます。

デスクの幅はどんな作業をしたいかで決める

デスク幅はパソコン業務のみであれば100mm以下でも問題ありません。「モニターを設置したい」「書類仕事も処理もしたい」方にとっては100mmでは不十分なサイズです。広く作業をしたい場合は、120mmほどの幅が必要なケースが多いです。デスク幅は在宅勤務でどのような業務を行うかによって決まるので以下の表を参考に自分の適切なデスクの幅サイズを調べましょう。

1500mm(150cm) かなり大きいサイズになります。スペースに余裕がある場合は自宅オフィスを整えるのに役立つデスクサイズになります。ビジネスに必要な物を机上に並べても作業できる余裕があります。
1400mm(140cm) 通常より少し大きめのサイズになります。PCモニターを置いた上で図面などの大きめな資料を広げられるほどのスペースがあります。マルチディスプレイの運用を考えている方は1400mm以上の幅のデスクをオススメします。
1200mm(120cm) スタンダードなデスクサイズです。デスクトップパソコンやプリンターに加えて、ちょっとした書類作業もできる大きさになります。
1000mm(100cm) コンパクトサイズのデスクサイズです。自宅オフィスでしっかり構えるというよりも、ノートパソコンを使った書類作成など作業範囲の小さい方にオススメです。

デスクの高さは低い方が良い?

デスクの高さは作業効率は元より体への負担に大きな影響を与えるものになります。足のむくみや首周りの疲労、姿勢の悪化などに繋がってしまう恐れもあるため、机と椅子を適切な高さにしておくことが重要です。ここで机と椅子の高さがあなたに合っているかどうか確かめるポイントをいくつかご紹介します。

適切な机の高さ条件① 机の高さは60〜74cm
適切な机の高さ条件② 両腕を垂直に降ろすと腕に90度ほどの開きがある
740mm(74cm) 海外製のデスクによくある高さです。日本人の標準高さより少し高いため、人によっては高いと感じる方もいるでしょう。
720mm(72cm) 一般社団法人日本オフィス家具協会(JOIFA)によって推奨されているサイズです。
700mm(70cm) JIS規定で定められた、最もメジャーなタイプです。

具体的なサイズがイメージできればデスクに欲しい機能も準備しておきましょう。配線穴や配線収納付き、配線用の切り欠きの有無などデフォルトの機能も様々です。機器の接続が多い方は配線整理の機能付きを、筆記が多い方は小物などを整理できる引き出し付きのデスクがオススメです。テレワークで何をするかを具体的に決めておくことが重要です。

テレワークデスクを更に快適にするコツ

テレワークデスクを更に快適にするコツ

デザインや材質にこだわるメリットを説明

ワークデスクは、脚や天板に使用されている素材を基準に選ぶのもオススメです。タイプによって使用されている素材が異なり、木製やステール製、ガラス製といったものが多く使われています。自宅の雰囲気やワークスペース感を出す上でも素材は重要な役割を発揮し、集中力向上や労働意識の向上に繋がり生産性に直接響くこともあります。

天然木・無垢材

天然木材などは暖かい雰囲気を出せる点が魅力です。自宅オフィスを親しみのある空間にしたい方などにオススメで、自宅のインテリアに合わせやすいなどのメリットがあります。

突き板

突き板も天然木同様「木材」が素材になっています。突き板独特の優しい風合い、手触りなどを感じられます。長く利用ができ補修も簡単なので、ワークデスクを購入する際も「突き板」への需要が高まっています。

メラミン・PVC化粧板

メラミン化粧板は、紙と樹脂でできた「プラスチック板」です。メラミン化粧板は、頑丈さが特徴で傷つきにくく、長持ちが期待できます。多様なカラーバリエーションと木目調のデザインが豊富で、インテリアと合わせたおしゃれなサークスペースができます。塗装ではないため剥がれ落ちるなどの心配も必要ありません。

プリント化粧板

プリント化粧板とは、「繊維板」と呼ばれる板に木目や柄を印刷した紙や樹脂製の化粧シートを貼り付けたものになります。繊維板の表面に化粧シートを貼り付けるので、デスクの表面を美しく整え同一の木目、色合いを出せるのでインテリアに統一感を持たせることが可能です。

ガラス

ガラスデスクはなんといっても見た目がスタイリッシュになり、モダンな雰囲気を出します。ガラスデスクは透明のため奥側が透けて見えるので圧迫感を抑えることができ、部屋を広く見せる効果もあります。

大理石調

大理石はなんといっても高級感があります。ワークスペースをワンランク上げたい方にオススメです。先ほど紹介した大理石調のメラミン化粧板や化粧シートを貼った天板は、低価格で質感の高いデスクの購入が可能となり、テレワークの浸透とともに需要が高まっています。

まとめ

今回はテレワークデスクの種類やデスクの選び方のポイントを紹介しました。新型コロナウイルス蔓延に伴い、テレワークの浸透は加速しています。自分に合ったデスク選びはテレワーク実践の第一歩です。ワークスペースやデスクタイプはもちろん、デザイン性や素材など自分に合ったデスク選びは、集中して作業できる環境へと繋がっていきます。ワークスペースを作る際は是非参考にして下さい。

※ここに掲載されている情報は2022年7月14日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめの関連コンテンツはこちら