壁に発生したカビの放置はキケン? 早めにカビ取りを 壁に発生したカビの放置はキケン? 早めにカビ取りを

壁に発生したカビの放置はキケン?
早めにカビ取りを

部屋の壁にカビを見つけたら、早めに対策を取りましょう。カビをそのまま放置しておくのは危険です。カビは、部屋の劣化はもちろん、健康被害を引き起こすこともあります。

この記事では、カビの発生原因やカビによる害、カビ取りの方法、カビの発生しにくい建材などについてお伝えします。
イヤなカビと、一刻も早くさよならするために、ぜひお役立てください。

目次

壁のカビは放置しない

壁にカビが発生したら、放置せずに早めに対処しましょう。もともとカビが発生しやすい環境のまま放っておくと、カビはどんどん繁殖してしまいます。

室内壁のカビの原因は湿度、結露

壁のカビは放置しない

室内のカビの発生原因は、いったい何でしょうか。
カビの発生には、次の3つの要素が必要です。

【カビの発生要素】
  • 湿度(70~80%)
  • 温度(20~30℃)
  • 栄養(汚れ)

カビは菌の仲間です。カビの菌が胞子をつくり空気中を移動します。胞子は栄養や水分を吸収して育っていきます。
その際に必要なものが、湿気と最適な温度、さらに栄養です。
結露が起こる場所に、カビを見つけることが多いのもそのためです。

カビが育つのに最適な温度は20~30℃です。梅雨時の6~7月、台風の季節の9~10月頃にカビが発生しやすいのも頷けますね。
ただし、上記3つの要素がそろえば、季節を問わず、カビを発生させてしまうこともあります。
住まいの中で、温度差が出やすい場所や湿気がこもりやすい場所、結露がある場所は特に注意が必要です。
壁のカビに悩んでいるなら、お住まいの環境を見直すことも必要となるでしょう。

壁のカビを放置すると深く根付きながら広がる

壁のカビを放置すると深く根付きながら広がる

壁に発生したカビを放置してしまうと、カビの胞子がまき散らされて、どんどん広がっていきます。しまいには、壁の表面だけではなく、壁紙の裏側や下地にまで繁殖してしまう恐れがあります。
建物自体に悪影響を及ぼすようなら、大掛かりなリフォームが必要になる場合もあります。

カビの胞子によりアレルギーなどの健康被害を招くことも

カビの胞子によりアレルギーなどの健康被害を招くことも

カビの発生は、建物だけではなく、人の健康にも害を及ぼします。

【カビが人の健康に与える害】
  • アレルギー性鼻炎
  • シックハウス症候群

アレルギー性鼻炎は、花粉症として認知されていますが、カビによっても、鼻水や鼻づまりといった症状を起こすことがあります。

シックハウス症候群は、お住まいを構成する建材や家具に含まれる化学物質が原因で起こる、頭痛やめまいといった健康被害です。
壁に発生したカビも、こうした症状を引き起こす原因のひとつと考えられています。

できるだけ早めにカビ取りを

このように、カビは壁だけでなく、建物や健康にも害を及ぼしていきます。
壁のカビを発見したら、できるだけ早くカビ取りをしましょう。
初期段階のカビならご家庭でも対処が可能です。

カビ取りの方法

カビ取りの方法

ここでは、初期のカビに対応したご家庭での具体的なカビ取りの手順をご紹介します。

カビ取りの手順と注意事項

壁のカビ取りをする前に、壁紙の材質を確認しましょう。

壁紙として最も一般的なビニールクロスであれば、水や洗剤が使用できます。和紙や布など、水を吸収してしまう素材の場合は、ご家庭でカビ取りをするのは難しく、業者に相談してみるか、貼り替えの検討をおすすめします。

【カビ取りに必要な道具】
  • アルコール除菌スプレー
  • 塩素系漂白剤
  • マスク、ゴム手袋
  • 雑巾、布
【カビ取りの手順】
  • 雑巾や布にアルコールを染み込ませ、カビをふき取る。
  • カビをふき取った後に、アルコールをスプレーして仕上げる。
  • ※頑固なカビの場合は、塩素系漂白剤を使用して落としていきます。
【注意事項】
窓を開け、よく換気をしてから行いましょう。カビの胞子を吸い込まないためのマスクと、手指を保護するゴム手袋も必須です。

除菌スプレーや漂白剤は、壁が染みになる場合があるので、壁の目立たないところで試してから使用しましょう。

こんな状態ならクリーニング業者に依頼を

こんな状態ならクリーニング業者に依頼を

カビ取りを試してみても、カビが落とせない、あるいは思ったよりカビが根深く、手に負えない状況なら専門のクリーニング業者に依頼することも検討しましょう。 次のような状態なら、ご家庭で対応するのは難しい段階かもしれません。

カビが広範囲、また壁紙の裏側にも及んでいる

カビが広範囲に及んでいたり、壁紙の裏側や下地にも浸食していたりするようなら、被害はかなり重症といえます。
このような場合は、たとえ表面のカビ取りをしても、再発してしまうことがあります。カビを元から除去する抜本的なカビ対策が必要です。

壁紙の貼り替えも検討

表面的な対策ではカビの状況が改善されない場合、壁紙の貼り替えを検討してみてはいかがでしょうか。とはいえ、お住まいの環境によっては、貼り替えてもまたカビが発生してくることもあります。
せっかく壁紙を貼り替えたのに、これではがっかりですね。
なんとか、カビが発生しづらい環境をつくれないものでしょうか。

実は、そんなお悩みに応じた「カビが発生しづらい壁材」が注目を集めています。

カビが発生しづらい壁材とは

カビが発生しづらい壁材とは

カビが発生しづらい壁材として代表的なものは、調湿機能を持つ壁材です。
調湿機能とは、カビの発生要素のひとつである「湿気」を調整する機能です。

調湿機能とは?

壁材の調湿機能とは、湿度が高い場合は湿気を吸収し、湿度が下がると湿気を吐き出すしくみです。
これにより、空気中の湿度をいつも快適に調整することができます。
調湿で空気のバランスを保つことで、カビが発生しづらい環境を実現します。

カビ対策には調湿機能のある壁材がおすすめ

調湿機能を備えた壁材なら、カビの発生要素のひとつである湿気対策が可能です。
結露やカビの発生を極力抑えて、カビの発生を抑制できれば、建物や人の健康に良い影響を及ぼします。

さらに、調湿機能付きの壁材は、機能面だけでなく、デザイン面でも優秀です。

調湿機能のある壁材は、織物調やタイル調など、選ぶのが楽しい色や柄が豊富にラインナップされています。

これなら、お好みのインテリアに合わせたり、アクセント効果をねらったりと、お部屋のランクアップにも一役買いそうですね。
壁のカビに悩んでいるなら、調湿機能のある壁材で、快適でおしゃれな空間を手に入れてみませんか。

※ここに掲載されている情報は2022年7月1日時点のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

おすすめのDAIKEN製品