住宅 住宅用の引戸で、扉開閉時に扉と枠がこすれたり隙間ができたりする場合、調整は可能ですか?

住宅用の引戸で、扉開閉時に扉と枠がこすれたり隙間ができたりする場合、調整は可能ですか?

プラスドライバーがあれば調整できます。

扉と枠、扉と扉のこすれる部分を確認してください。

 

まん中がこすれる場合



 

下の部分がこすれる場合

 



 

上の部分がこすれる場合

 

上部ガイドの調整(調整可能範囲4mm)


時計回りに回すと扉が右に移動します。



 

下車の調整(調整可能範囲4mm)


時計回りに回すと扉が右に移動します。

ラクラクローズ機能付引戸の場合

モヘアを前後調整してください。
扉がモヘアと強くこすれる、または扉とモヘアの間から明かりがもれる場合、調整モヘヤを下図のように調整してください。

モヘア調整(調整可能範囲4mm)

 

回転タイプ

 




モヘアの調整には、必ずコインをご使用いただき、ドライバーや電動工具は使用しないでください。

スライドタイプ

 


扉とモヘヤが強くこすれる、または扉とモヘアの間から明かりがもれる場合、調整モヘアを調整してください。
調整はプレートを押しながら、左右にスライドしてください。


■調整モヘアキャップが外れてしまった場合

動画を見る

戸車の調整

 

メンテナンス部品を探す

当社製品のメンテナンス用品を扱っているDAIKENオフィシャルオンラインショップのご案内です。
※ 製品のお問合せはお客様センターへお願い致します。

電話で直接問い合わせ・相談したい

0120-787-505

受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始・お盆は休みとなります)