住宅 腰壁の部材で、見切と縁見切(ケーシング)はどのように使い分けするのですか?

腰壁の部材で、見切と縁見切(ケーシング)はどのように使い分けするのですか?

どちらも腰壁パネルの端部を納める部材です。
見切は、上下の木口面に化粧のない部材で、長さはパネルに合わせてあり、巾木と額縁の間に納めます。建具枠との取り合い部などに使用します。
縁見切(ケーシング)は、木口面に化粧(システリアパネルは上下両面塗装、ハピアウォールは上面シート張り)の部材で、長さは床面から額縁上端まであります。腰壁自体を壁の途中で終わらせる場合などに使用し、縁見切(ケーシング)に巾木・額縁を突きつけて納めます。
また、縁見切+見切で納めることもできます。