ニュースリリース

第15回キッズデザイン賞「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で
『KIN TONE(キントーン)』が「キッズデザイン協議会会長賞」を初受賞

2021年09月29日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、この度、幼保施設等の音環境を改善する製品として販売している、天井吊り下げ吸音パネル『KIN TONE(キントーン)』が、「第15回キッズデザイン賞」(主催:キッズデザイン協議会/後援: 経済産業省、内閣府、消費者庁)の受賞作品234点のうち、優秀作品36点にノミネートされ、「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」において、「奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」を受賞したことをお知らせいたします。 なお、キッズデザイン賞の優秀作品へのノミネート、および「奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」の受賞は当社初となります。

『KIN TONE(キントーン)』施工イメージ

『キントーン』施工イメージ

 
『KIDS DESIGN AWARD 2021』ロゴマーク

キッズデザインマーク

【当社受賞製品と受賞理由】

〔子どもたちを産み育てやすいデザイン部門〕奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞
『KIN TONE(キントーン)』

『KIN TONE(キントーン)』製品イメージ

昨今、大空間やデザイン性の高い天井を採用する保育施設が増える中、音が反響しやすい大空間では、話し声が聞き取りにくくなること等から、保育士や子供たちのストレス増加が課題とされています。吊り下げ施工である『KIN TONE(キントーン)』は、様々な天井形状にも対応できることに加え、「反響を改善する吸音効果」と「空間に楽しさを与えるデザイン性」を両立している点が評価されました。
当社は今後も、幼保施設等の課題を解決する製品の開発や普及に取り組み、安全で過ごしやすい空間作りに貢献してまいります。

<キッズデザイン賞とは>

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっており、受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。
●キッズデザイン賞WEBサイト:
https://kidsdesignaward.jp/

<参考>『KIN TONE(キントーン)』製品概要

1.優れた吸音性能

人の話し声から高音域までの幅広い音域に対して、約50~60%の吸音効果を発揮します。
室内の音の反響を和らげて、円滑なコミュニケーション空間を創造します。

吸音力のグラフ

※実験室での測定値です。

2.省施工で既存の天井にも取り付け可能

別売りの専用施工部材であるL字金具、ワイヤー、フック等を用いて既存の天井に吊り下げるだけの省施工設計。大掛かりな天井の張替え作業が発生せず、費用や工期を抑えながら、音環境を改善できます。

※軽鉄・木下地のある天井面へのビス固定が必要となるため、下地のない箇所やコンクリート下地の天井には施工できません。

吊り下げの図

3.ご希望のカラー・形状でのオーダーが可能

標準品には、使いやすい正方形と円形をラインアップし、カラフルな5色を設定しました。
また、ご希望のカラー・形状での特注オーダー対応が可能なため、既存の空間の雰囲気に合わせて、あるいは天井面デザインのアクセントとして、お客様のご要望に応じた空間アレンジ製品としてもご活用いただけます。

(特注対応例)飛行機型と雲型の「キントーン」

(特注対応例)飛行機型と雲型の「キントーン」

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。