掃除機はどう収納する?覚えておくべきポイントと収納アイデアをご紹介

掃除機はどう収納する?覚えておくべきポイントと収納アイデアをご紹介

その形状ゆえに、すっきりと収納することがむずかしい掃除機。一方で、出し入れが面倒な場所や棚に収納すると、掃除が億劫になってしまうことも。取り出しやすく、かつ外から見えないようにするポイントとアイデアをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

掃除機を収納する際に意識すべき3つのポイント

動線を加味して収納位置を決める
付属品も合わせて収納する
掃除機の形状に合った収納場所を見つける

掃除機を収納する際に意識すべきポイントは上記3点です。掃除機を収納する場所は、取り出しやすいことと外から見えにくいことを兼ね備える場所でなくてはなりません。それらを加味できるポイントについてご紹介します。

動線を加味して収納位置を決める

掃除機使用時をイメージすると、掃除機の収納位置がおのずと限られてきます。まずは掃除機をかけるコースを頭に思い浮かべ、スタート地点に収納場所を設けるようにしましょう。

新築住宅で、まだ一度も掃除機を使用していないためにコースをイメージしにくいという場合もあるでしょう。そのような場合には、コンセントの位置と掃除機のコードの長さ、充電器の位置を意識すると、収納位置をある程度限定することができます。

付属品も合わせて収納する

掃除機と付属品を同じ場所に収納しておくと、付属品を使用するときに家の中を行ったり来たりせずに済みます。充電器やノズル、消耗品(紙パック)などは掃除機と一緒に収納しておきましょう。

モップやぞうきん、住居用洗剤などの掃除道具もまとめておくと、どこに置いたか探す必要がなくなります。細々とした掃除用具はかごやバスケットにまとめておくと、散らばらず、なおかつ出し入れがしやすいでしょう。

掃除機の形状に合った収納場所を見つける

掃除機といっても形状はさまざまです。お持ちの掃除機に合った収納方法を考えるようにしましょう。

収納場所が大きすぎて無駄な空間が空いてしまうのはもったいないですが、反対に狭すぎて出し入れに時間がかかるのも避けたいです。事前に掃除機の高さや幅を測っておき、一回り大きめの場所を見つけるようにしましょう。

掃除機の形状ごとの収納

  キャニスター型 スティック型 ロボット型
名称 キャニスター型 スティック型 ロボット型
形状 長いホースとモーターの入った大きな本体 横幅が少なくコンパクトだが、高さがある 丸く平べったい形状で重量がある
収納場所 生活感がでるため「隠す」収納 電源が確保できれば「隠す」「見せる」どちらでも 電源が確保でき、目立たない床の上

掃除機の「見せる」収納アイデア

掃除機の「見せる」収納アイデア

掃除機は家電の中でも生活感が出るアイテムのため、できることならば外から見えない場所に収納することが望ましいでしょう。しかし、あえて掃除機を見せて収納することで、空間をおしゃれに演出できることもあります。

スタンドで立てる

スタンドを使って掃除機を立てて収納すると、空間がシステマティックに整頓されたイメージになります。特に、縦長タイプのスティック型掃除機におすすめのアイデアです。

掃除機によっては、立てて収納するための専用スタンドが売られていることもあります。ノズルなどのアタッチメントを一緒に保管できる商品もあり、便利かつ美しく収納できます。

フックをつけて吊るす

スティック型掃除機のように自立しない掃除機は、フックをつけて吊るす方法もおすすめです。例えばホース部分が収納しづらいキャニスター型掃除機なら、ホース部分だけをフックで本体の上方に固定することで収まりが良くなります。

また、フックを使って一部を固定しているため、ぶつかっても掃除機が倒れる心配もありません。ちょっとした隙間空間を活用することもでき、スペースに余裕がない住宅にもおすすめです。なお、ホース部分ではなく本体部分をフックにかける場合は、フックの耐久重量に注意しましょう。

掃除機の「隠す」収納アイデア

掃除機の「隠す」収納アイデア

出し入れしやすい場所に掃除機を入れておけば、完全に隠れる場所に収納しても使いやすさには影響を与えません。掃除機は外から見えないように収納したいという方に、おすすめのアイデアをご紹介します。

バスケットやボックスに収納する

外から見えない場所に掃除機を収納したいけれど、扉付きのクローゼットにはあまり余裕がないという場合には、掃除機を解体したり折りたたんだりしてから収納することも検討してみましょう。意外と小さなバスケットやボックスに掃除機全体が入ることもあります。

キャスター付きのボックスに掃除機を収納すれば、使用する際に取り出しやすくなります。クローゼット内に空間の余裕がない場合だけでなく、クローゼットや押し入れに掃除機を直収納することに抵抗があるという場合にもおすすめです。

収納棚を使用する

スティック型の掃除機やロボット型の掃除機は、見える場所に置いても、ある種インテリアのように馴染みやすいという特徴があります。しかし、キャニスター型掃除機は生活感が出やすいので、できれば隠して収納したいものです。

既存のクローゼットや押し入れにスペースがない場合は、掃除機を収納するための専用収納棚を検討してみることもできるでしょう。キャニスター型の掃除機だけでなく、ロボット型のような特殊な形状に合わせて作られた専用収納棚も増えてきています。

DAIKENでは掃除機をすっきり収納できる壁面収納をご用意しています。掃除機だけでなくモップや住居用洗剤、ぞうきん等、清掃関係のさまざまなアイテムもまとめて収納できるタイプもありますので、ぜひ、ご家庭に合う掃除機収納を見つけてください。

掃除機にぴったりな壁面収納はこちら

掃除機の収納場所を決めて美しい空間をキープしよう

何かとかさばる掃除機の収納アイデアをご紹介しました。掃除機は生活感が出やすい家電のため、できれば外から見えない場所に収納したいものです。ただ、きっちりとしまい込んでしまうと、取り出しに手間がかかり、掃除が面倒になって居住空間を美しく維持することが難しくなるという矛盾を抱えています。

しかし、取り出しやすく、なおかつ掃除機をかけ始める起点となる場所に収納すれば、生活感を出さずに空間を美しくキープすることができます。紹介したアイデアを参考に、お持ちの掃除機と生活様式にあった収納を選び、快適なお掃除ライフを実現しましょう。

DAIKENでは、豊富なユニットが特徴の壁面収納をご用意しています。キャニスター型掃除機やスティック型掃除機はもちろん、ロボット型もぴったり収まる収納スペースもあります。掃除機本体だけでなく、付属品やその他の掃除道具もすっきり収納できるタイプも幅広くそろえていますので、美しい空間の維持にお役立てください。

DAIKENの壁面収納はこちら

理想的なオーダー壁面収納を実現するための3ステップ

【ステップ①】好みのイメージを決める

大建工業「MiSEL」のカタログ表紙画像。画像には木目フローリングを使用したリビングが写っており、右側の白が美しいテレビ壁面収納は、テレビボード、本棚・飾り棚、天袋が一体になったハイタイプ。壁面収納の引出しの扉はホワイトアッシュの木目で、取っ手なしのタイプ。大きな窓から日ざしが差し込む明るい室内には、窓側奥にロータイプのオープン棚、画像の左にはラグが敷かれ、ソファやサイドテーブルがある。手前にはgreenのスツールが置かれている。マリメッコのクッションや天然木のサイドテーブルなど北欧テイストでまとめられている部屋。
大建工業「MiSEL」のカタログを無料プレゼント

カタログを見ながら、理想のリビングのイメージを探しましょう。オーダー壁面収納は、お部屋の表情をつくります。理想的な空間づくりを実現するために、機能やデザインを幅広くチェックしてみましょう。

⇒カタログの無料送付はこちら

間取り・壁面収納家具の設置場所にお悩みの方は、収納プランニングソフトをご用意しておりますので、ぜひお試しください。

⇒収納プランニングソフトについて詳しくはコチラ

【ステップ②】オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談

大建工業のshop、ショールームの部屋の中で、2人の専門アドバイザーと夫婦がデスクでオーダーテレビ壁面収納について相談している画像。パソコンの画面を見ながら説明するアドバイザー。デスクの上には同社のカタログが開かれている

様々なユニットやパーツの中から、ひとりで組み合わせを考え、サイズを計算するのは大変です。
まずはオーダー壁面収納のアドバイザーへ、気軽に相談してみましょう。経験豊富なアドバイザーが、サイズやカスタマイズ、製作・施工など導入実現に向けてサポート・ご提案いたします。
相談はもちろん無料です。

⇒オーダー壁面収納に詳しいアドバイザーへのご相談はこちら

【ステップ③】実際にオーダー壁面収納を見てみる

大建工業ショールーム、お近くのshopでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただける様子を解説した画像。手前には白いカウンターがあり、奥の白い壁にはシルバーのDAIKENロゴがみえる。LEDの明るい照明
大建工業ショールームでオーダーリビング壁面収納の施工事例をご覧いただけます。

オーダー壁面収納を、カタログやシュミレーターを使ってイメージを膨らませた後は、やはり実際に製品を見て色や素材を確かめたいですね。ショールームでは、MiSELのオーダー壁面収納をご覧いただけます。
ぜひ実際に触れて、品質の良さを確かめてみてください。

⇒大建工業ショールームについてくわしくはこちら

カタログ・お問い合わせはこちら

まずは理想のイメージ、実現したいイメージを、オーダー壁面収納のアドバイザーへ相談してみませんか?

収納についてのお悩み・疑問の相談から、
壁面収納による最適な解決方法をご提案!
カタログも無料でお送りいたします。

壁面収納のサイズやスペック、製作・施工についてさらに詳しく知りたい方は
ぜひお気軽にご相談くださいね。

MiSELの壁面収納についてのカタログ無料請求・価格・ご相談はコチラ