環境「環境負荷低減の取り組み:廃棄物排出量の削減」

廃棄物の削減・再資源化

大建工業グループでは、持続可能な社会の実現を目指し、廃棄物の削減・再資源化に取り組んでいます。
大建工業グループの2018年度の廃棄物等発生量は48.6千tで、再資源化率(※1)は90%でした。今後も、再資源化率の更なる向上に取り組んでいきます。

※1 再資源化率=再資源化量÷廃棄物等発生量×100(%)
再資源化量=有価物量+マテリアル利用量+サーマル利用量

生産拠点における廃棄物排出量の推移

生産拠点における廃棄物排出量の推移

廃棄物最終処分量(社外埋立量)の内訳

廃棄物最終処分量(社外埋立量)の内訳

生産拠点における廃棄物の発生状況・処理状況の全体像(2018年度)

生産拠点における廃棄物の発生状況・処理状況の全体像(2017年度)
廃棄物等総排出量

ゼロエミッションの状況

ゼロエミッションは、三重工場(久居・河芸)、井波工場、セトウチ化工(株)、(株)ダイウッド、(株)ダイフィットの6拠点にて達成・維持しています。

拠点名 社外埋立率(%)
三重工場・久居 0.0
三重工場・河芸 0.1
井波工場 1.0
岡山工場 8.8
高萩工場 39.9
セトウチ化工(株) 0.0
(株)ダイウッド 0.0
富山住機(株) 1.2
(株)ダイフィット 0.0
会津大建加工(株) 3.3
エコテクノ(株) 7.3
ゼロエミッション定義

※廃棄物削減の活動の一環として廃棄物の有価物化を推進するため、廃棄物等発生量には有価物の量も含めています。

資源循環システムの構築 ~使用済み製品の回収・リサイクル~

大建工業(株)では、ロックウール製品ならびに木質繊維板の産業廃棄物広域認定制度※の認定を取得し、建築現場で発生するロックウール製品と木質繊維板の回収・リサイクルに取り組んでいます。

※広域認定制度とは、メーカー等が環境大臣の認定を受けて、自社製品が廃棄物となったもの(製材端材等)を広域的に回収し、製品原料等にリサイクルまたは適正処理をする制度。

産業廃棄物広域認定制度を利用した回収の仕組み

産業廃棄物広域認定制度を利用した回収の仕組み

回収・処理量の推移

(t) 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
ロックウール製品 140 181 124 131 81 70
木質繊維板 0 20 129 140 182 429