優れた耐震性能と、
省施工性を両立させた新しい天井工法
ダイケンハイブリッド天井

東日本大震災後の建築基準法改正で、
天井の耐震性能が求められる反面、在来工法では施工の手間が増大。
DAIKENでは、短工期で耐震化ができる独自の新天井工法を開発。
在来天井の良さとグリッドシステム天井の良さを融合させました。

まずは動画をチェック!
私が説明します。
大建工業株式会社 開発担当 吉光智哉
担当

動画

独自の新天井工法により工期の短縮化を実現優れた省施工性

オリジナル形状の特殊ホゾ加工により、ビス留めもなくワンタッチで接合でき、短期間で簡単に施工できます。また、高い耐震性により、耐震ブレースの設置数を減少できるので、施工の手間も減り、設備配置の自由度が高まります。

在来天井の耐震化

  • クリップと野縁受けの補強金具での緊結などが必要。
  • 天井単位重量に応じた耐震ブレースの増設が必要。

ダイケンハイブリッド天井の耐震化

  • 専用T バー材は、特殊ホゾ加工によりビス留めが不要

2.2G相当の水平荷重に耐え、建物の安全を守る高い耐震性

国土交通省の定める「ユニット試験」(静的加力試験)で、天井許容耐力4,000N の高い耐震性を確認しました。(※社内試験にて)

※「国交省告示第771 号に基づく建築物の天井脱落対策に係わる技術基準の解説」に基づいて対応します。

高い耐震性

動画で確認!
ダイケンハイブリッド天井の高い耐震性能

動画

衝撃試験動画
ダイケンハイブリッド天井を揺らして壁にぶつけた際の衝撃影響を確認する、大建工業社内試験の動画です。開口部を含め、衝撃力を受けても脱落、破損の無い、ダイケンハイブリッド天井の耐衝撃性能をご確認ください。

ニーズに合わせて選べる豊富なバリエーション

4つのグレードをラインアップ。ニーズに応じて最適なプランをお選びいただけます。

ラインアップ

軽量なダイロートンの採用で、万が一の天井落下にも備える軽量天井材ダイロートン対応

軽量天井材ダイロートンにも対応。万一、天井材が落下しても人命への危険性が低いことが、実験でも証明されています。

(参考)ダミーヘッド試験
所定の高さから材料を落下させ衝撃力を確認。衝撃力が2,000N を超えない場合は、人命に危害を加える可能性は少ないとされています。
※日本建築学会生産研究VOL.64 NO.6「天井材の安全性評価に関する基礎的研究:石膏ボード落下実験」2012年11月

ダミーヘッド試験結果

ハイブリッド天井の採用事例のご紹介

  • 加古川市立 東神吉こども園|兵庫県