ニュースリリース

7月スタートのドラマ2本の撮影セットに美術協力 ~床材・壁材・造作材など、多くの製品が採用されました~

2021年07月14日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、2021年7月よりスタートした、毎週火曜よる10時放送のTBS火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」と、毎週土曜よる10時放送の日本テレビ系土曜ドラマ「ボイスⅡ 110緊急指令室」に美術協力いたしました。
高意匠不燃壁材『グラビオエッジ』や不燃造作材『グラビオルーバー』など、公共・商業施設等でお使いいただける製品を幅広くご採用いただいております。ストーリーや出演者はもちろん、ドラマが繰り広げられる舞台の内装建材にも是非ご注目ください。

【TBS 火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」協力製品】

《壁材・天井材》不燃造作材『グラビオルーバーUB』

主人公の桂木早梅が働く旅館の茶房に、『グラビオルーバーUB』〈ティーブラウン〉柄が採用されました。
当社独自の「ダイライト」を基材に使用することで、軽量でありながら、高い不燃性、加工性を兼ね備えた内装用不燃造作材です。全 40種類の豊富な木目調の色柄を揃え、天井や壁材に立体感を持たせ空間に高級感を与えます。

ドラマセット 『グラビオルーバーUB』採用イメージ

《壁材》高意匠不燃壁材『グラビオエッジ カルセ』

同、茶房に、立体的なエンボス加工に特殊多彩塗装を施すことで、深みのある陰影を表現した『グラビオエッジ カルセ』〈ダークブラウン〉が採用されました。
「カルセ」は、大谷石をモチーフにした大きなピースサイズと凹凸が特長で、空間に重厚感を与える石積み調のデザインです。

ドラマセット 『グラビオエッジ カルセ』採用イメージ

《床材》インテリア畳『ここち和座 敷き込みタイプ』

同、茶房に、『ここち和座 敷き込みタイプ』〈彩園01グリーン(銀白色×若草色)〉が採用されました。
イ草に代わる天然材料として機械すき和紙を畳おもてに使用した『ここち和座 敷き込みタイプ』は、調湿性能に加え、カビ・色あせ・汚れに強いなど優れたメンテナンス性が特長です。和紙原材料ならではの豊富なカラーバリエーションで、住宅のモダンな洋室の内装ともあわせやすく、また、店舗などの現代的な内装デザインにも幅広く対応可能です。

※機械すき和紙:コウゾ・ミツマタ等を使用した手すき和紙ではありません

ドラマセット 『ここち和座 敷き込みタイプ』採用イメージ

《収納》システム収納『フィットシェルフ』

主人公の桂木早梅が働く旅館の仲居控え室に『フィットシェルフ』〈ライトオーカー〉が採用されました。
空間の空きスペースにジャストサイズで取り付けることができる、シンプルな構成の棚型システム収納です。棚板(水平方向板材)の長さや、それを支える方立〈ほうだて〉(垂直方向板材)の高さと位置をお好みで設計し、使い手のスタイルにもぴったりとフィットする収納です。

ドラマセット 『フィットシェルフ』採用イメージ

《建具》公共・商業施設用室内ドア『hapia public(ハピア パブリック)』

同、仲居控え室に『hapia public(ハピア パブリック)』片開きドアD6デザイン〈ライトオーカー〉が採用されました。
公共・商業空間での機能とデザインを追求した室内ドアです。開き戸には当社独自の抗ウイルス機能『ビオタスク』を備えた、スマートなデザインのショートストロークレバーハンドル(85デザイン〈Tシルバー〉)を標準設定しています。 8つのデザインを取り揃え、共用部など、スタッフルームの扉としてもおすすめの建具です。

ドラマセット 『hapia public(ハピア パブリック)』採用イメージ
扉にD6デザイン〈ライトオーカー〉を使用した空間

《床材》特殊加工化粧シート床材『ハピアフロア ベーシック柄』

同、仲居控え室に『ハピアフロア ベーシック柄』〈ティーブラウン〉が採用されました。
傷や汚れが付きにくく、ワックスがけが不要でお手入れが簡単です。豊富な色や柄、デザインを取り揃えており、住宅以外にも公共施設内の居室や廊下などの上履用としても採用いただける木目柄の化粧床材です。

【番組概要】

TBS 火曜ドラマ 2021年7月13日スタート 毎週火曜よる10時放送

夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子・主人公の桂木早梅(役:二階堂ふみ)が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生・片岡壱成(役:眞栄田郷敦)に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げる。胸キュンあり、夏にぴったりのスカッと感もゾクッと感もあるラブコメディが描かれています。

「プロミス・シンデレラ」公式サイト ⇒ (https://www.tbs.co.jp/promise_cinderella_tbs/

【日本テレビ系 土曜ドラマ「ボイスⅡ 110緊急指令室」協力製品】

《壁材》高意匠不燃壁材『グラビオエッジ ブロッコ』

主人公の樋口彰吾が勤める緊急指令室「ECU」の会議室に『グラビオエッジ ブロッコ』〈チャコールグレー〉が採用されました。
立体的なエンボス加工に特殊多彩塗装を施すことで、エッジの効いた陰影と素材感のある意匠が特長です。「ブロッコ」は砂岩をモチーフとした各ピースの凹凸がおもむきを感じさせる、レンガ積み調のデザインです。

ドラマセット 『グラビオエッジ ブロッコ』採用イメージ

【番組概要】

日本テレビ系 土曜ドラマ 2021年7月10日スタート 毎週土曜よる10時放送

本作は 2019年7月期に放送されたサスペンスの第2弾。緊急指令室・ECU(Emergency Call Unit)を舞台に、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする警察官の活躍を描いたタイムリミットサスペンス。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事・樋口彰吾とボイスプロファイラー・橘ひかりを中心に、様々な事件に立ち向かう。今回は、この2人に対峙する「最凶最悪の殺人犯」が登場する。

「ボイスⅡ 110緊急指令室」公式サイト ⇒ (https://www.ntv.co.jp/voice2/

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧いただいている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。