ニュースリリース

「パラリンアート」と書家・金澤翔子さんのコラボカレンダーを発刊 ~障がい者アーティストの自立と社会進出を応援~

2020年12月07日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、企業訴求ツールとして年に一度制作するカレンダーの2021年版デザインに、障がい者アーティストによるアート作品「パラリンアート」を採用しました。カレンダーへの「パラリンアート」採用は2018年版のカレンダーから継続して行っており、今年で4度目となります。尚、昨今のコロナ禍により対面でのお渡しが難しいケースもあることから、今年より当社HP(https://www.daiken.jp/)内の特設サイトにて同カレンダーのパソコン用壁紙を公開致しました。
今回のコンセプトは「心に安らぎを」としており、障がい者アーティストの多様な個性が息づく「パラリンアート」と、当社の内装建材『日本の樹』シリーズのカタログタイトルを手がけていただいている、ダウン症の天才書家・金澤翔子さんの生命力あふれる「書」とのコラボレーションで、心が踊るような元気と温かな癒しを表現しました。人を感動させるのも、癒すのも「人の力」。全身全霊で心を尽くして創造した「アート」と「書」の心温まる12のストーリーをご堪能ください。

「パラリンアート」は、一般社団法人 障がい者自立推進機構が、障がい者アーティストの経済的な自立を目的とし、彼らのビジネス支援を行う活動です。制作費の一部は、パラリンアート事務局を通じて作者報酬として支払われます。
当社は、グループ企業理念として、「技術と発想と情熱で、笑顔があふれる未来への貢献」を掲げており、環境と人の豊かな共生、そして多様な個性を持つ全ての人々が心から幸せに暮らせる社会の実現に貢献することを目指しています。当社は、障がい者が自らの才能を活かし、ビジネスとして絵画に取り組むことができるこの活動に賛同し、継続してパラリンアートを採用しております。

「パラリンアート」と書家・金澤翔子さんのコラボカレンダー(2020年版)
カレンダー発刊日 2020年12月1日
発行部数 6,200部
配布対象 当社お取引先
※一般のお客様への販売等は致しておりませんのでご了承下さい。
カレンダー特設WEBサイト https://www.daiken.jp/company/calendar/

【金澤翔子さんプロフィール】
ダウン症の天才書家。東大寺、中尊寺など全国各地で個展や奉納揮毫を開催。2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字を手がける。2013年の国体開会式で巨大文字を揮毫、2015年に国連本部でスピーチ、ニューヨーク・チェコでも個展を開催。2017年には上野の森美術館で書展を開催。活躍の場を世界に広げる。
当社の内装建材「日本の樹」の書体を制作。

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。