ニュースリリース

素材感あふれるダイナミックな大判フロア
「ハピアフロア スクエア」新発売
~モダンからヴィンテージまで、幅広い空間に映える正方形デザイン~

2020年06月15日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、内装にこだわりを持つお客様に向け、当社主力の住宅用内装建材「hapia」シリーズから、個性的な空間を演出する、スクエア(正方形)デザインの化粧シート木質フロア「ハピアフロア スクエア」を8月21日に発売いたします。

【背景】

ライフスタイルの多様化とともに、住宅の内装デザインに求めるニーズは大きな広がりを見せており、インテリアテイストに強いこだわりを持つユーザーが増加しております。そのような中、様々な素材をインテリアに用いることで、空間のアクセントとするコーディネートも近年のトレンドの一つとして人気を集めています。
今回発売する「ハピアフロア スクエア」は、他社にはない広幅かつ横溝入りのスクエア(正方形)デザインを特長とするオリジナリティあふれるシート床材です。基材自体の寸法安定性に加え、高い寸法精度で加工を行うことで、木質系の複合床材でありながらも、タイルのような意匠性を実現しました。色柄は漆喰調のホワイト系、コンクリート調のグレー系、錆びの風合いを感じる鉄板調のブラック系の素材感あふれる3柄。すでに発売している「hapia ソリッド調」の建具カラーと連動しているため、統一感のある空間作りはもちろん、木目調の建具や壁などと組み合わせることで、次のトレンドを先取りした異素材組み合わせのコーディネートも可能です。
当社は今後も、お客様の多様なニーズや嗜好の変化をいち早く捉え、一歩先を行く製品開発を進めていくことで、様々なお客様のご要望を叶える空間作りに貢献してまいります。

「ハピアフロア スクエア」image

【製品特長】

1.正方形のピースが特徴の大判フロア

455mmの広幅に454.5mmピッチの溝加工を施した、独自の化粧が特徴的なシート化粧の木質フロアです。正方形のピースを表現したことで、タイルを敷き詰めたような個性的で魅力ある空間に仕上がります。また、通常のフローリングと同様に大工作業のみで施工できる上、大判サイズのため、施工手間の軽減にもつながります。

「454.5mmピッチ」image

2.硬質な風合いをイメージした素材感ある色柄

「ハピアフロア スクエア」には、漆喰の味わいを楽しめる〈スタッコホワイト〉、コンクリート調の質感を表した〈コンクリートグレー〉、年月を経た鉄板の錆びた印象を持つ〈アイアンブラック〉と、独特の素材感や質感を表現した3柄を設定しました。建具向け色柄「hapia ソリッド調」と連動したカラーバリエーションのため、建具と床を同系色でまとめた部屋をはじめ、木目や石目のドア・壁などと組み合わせた異素材とのコーディネートなど、様々な空間作りが可能となります。

〈スタッコホワイト〉image
〈スタッコホワイト〉
〈コンクリートグレー〉image
〈コンクリートグレー〉
〈アイアンブラック〉image
〈アイアンブラック〉

【主な製品仕様等】

製品名 ハピアフロア スクエア
サイズ 12mm厚さ、455mm×1,818mm
基材構成 Eハードベース(2.7mm特殊MDF+エコ合板)
表面 特殊オレフィンシート
横溝 454.5mmピッチ、溝幅1.2mm
価格(税抜) 24,200円/梱、2枚入り(1.65㎡)
発売日 2020年8月21日
販売目標 1億4千万円/年(2021年度)

【製品に関するお問い合わせ先】

大建工業株式会社 お客様センター  0120-787-505

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。