ニュースリリース

「パラリンアート」と書家・金澤翔子さんのコラボカレンダーを発刊 ~障がい者アーティストの自立と社会進出を応援~

2019年11月20日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、企業訴求ツールとして年に一度制作するカレンダーの2020年版デザインに、障がい者アーティストによるアート作品「パラリンアート」を採用しました。「パラリンアート」を採用するのは昨年、一昨年に引き続き、今年で3度目となります。今回のコンセプトは「明日へのストーリー『心に響く12の展覧会』」としており、障がい者アーティストの多様な個性が息づく「パラリンアート」と、当社の内装建材『日本の樹』シリーズのカタログタイトルを手がけていただいている、ダウン症の天才書家・金澤翔子さんの生命力あふれる「書」とのコラボレーションで、力強く躍動的な世界観を表現しています。

「パラリンアート」は、一般社団法人 障がい者自立推進機構が、障がい者アーティストの経済的な自立を目的とし、彼らのビジネス支援を行う活動です。制作費の一部は、パラリンアート事務局を通じて作者報酬として支払われます。
当社は、グループ企業理念として、「技術と発想と情熱で、笑顔があふれる未来への貢献」を掲げており、環境と人の豊かな共生、そして多様な個性を持つ全ての人々が心から幸せに暮らせる社会の実現に貢献することを目指しています。当社は、障がい者が自らの才能を活かし、ビジネスとして絵画に取り組むことができるこの活動に賛同し、2018年版カレンダーよりパラリンアートを採用しております。

「パラリンアート」と書家・金澤翔子さんのコラボカレンダー(2020年版)
カレンダー発刊日 2019年11月20日
発行部数 7,400部
配布対象 当社お取引先
※一般のお客様への販売等は致しておりませんのでご了承下さい。

【金澤翔子さんプロフィール】
ダウン症の天才書家。東大寺、中尊寺などをはじめ、全国各地で個展や奉納揮毫を開催。
2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字を手がける。当社の内装建材「日本の樹」の書体を制作。

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。