MENU CLOSE

ニュースリリース

TBS火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に床材・壁材で美術協力

2019年01月16日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、1月15日(火)よりスタートした、毎週火曜 夜10時放送のTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」に、広幅・立体感の意匠にこだわった化粧床材『トリニティ』、当社独自のWPC加工技術を施した和風床材『WPCえんこう』、高意匠不燃壁材『GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)』の3製品で美術協力いたしました。ドラマのストーリーや出演者とともに、舞台となる主人公の自宅および学習塾(勤務先)の内装建材にも是非ご注目ください。
また、今回採用いただいたドラマセットは、当社のVR動画再生アプリ「DOVIE VR(ドゥービーブイアール)」※からも実写映像をご覧いただけます。

※DOVIE VR・・・トレンドの内装テイストを実現した空間や、上質感を演出した空間など、当社製品のコーディネートによって作り出した空間の雰囲気をリアルに感じていただける動画コンテンツ。iOSおよびAndroidにて無料配信中。

TBS火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に床材・壁材で美術協力 イメージ

《床材》

◆『トリニティ』〈チェリー柄〉

主人公自宅の寝室に採用されました。
特殊強化シートを四周木口面に巻き込む業界初の新技術(特許取得済)により、細部にまでこだわった美しい仕上がりを実現。これまでのシート化粧床材では実現できなかった厚単板化粧床材のような立体感のある広幅デザインの床材です。

トリニティ〈チェリー柄〉

◆『WPCえんこう』〈松柄〉

主人公自宅の和室に採用されました。
当社の独自技術※WPC加工を施すことにより、凹み傷、引っかき傷が付きにくい和風床材です。和室をはじめ、玄関から縁側まで幅広くお使いいただけます。

※WPC加工・・・木材の組織にプラスチックを染み込ませて固める、当社独自の加工技術。天然木の自然の美しさや風合いを際立たせながら、毎日の生活で生じるさまざまな傷、汚れなどにも強さを発揮します。

WPCえんこう〈松柄〉

《壁材》

◆高意匠不燃壁材『GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)』〈カルセ〉

主人公が勤める学習塾のエントランスに採用されました。
立体的なエンボス加工に特殊多彩塗装を施すことで、深みのある陰影を表現し、まるで本物の石材や織物の様なリアルな素材感が特長の高意匠壁材です。

高意匠不燃壁材 GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)〈カルセ〉

【番組概要】

■TBS火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」

TBS系列 2019年1月15日~ 毎週火曜 夜10時放送
主人公・春見順子(深田恭子)、31歳。親の期待に添い、中学高校では成績トップだった彼女だが、大学受験に失敗してからは自信を失い就職活動もパッとせず、今に至るまでぼんやり生きてきた。そんな順子が出会ったのは厳しい父親にろくでなしの烙印を押された不良の高校生。彼との出会いは順子をどう変えていくのか?

<キャスト>深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也 他

「初めて恋をした日に読む話」公式サイト ⇒ (https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。