MENU CLOSE

ニュースリリース

「医療機器・設備EXPO」に初出展 ~医療施設に最適な建材をご紹介~

2018年09月10日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、9月12日(水)~14日(金)の3日間、幕張メッセで開催される、最先端の医療機器や病院設備、消耗品などが一堂に出展する展示会「医療機器・設備EXPO」に初出展いたします。
当社ブースでは、消臭性能に優れた天井材や抗ウイルス機能を付加した手すり、使用者の安全に配慮した室内ドア、ふく射を利用した冷暖房システムなど、医療施設におすすめの機能建材を多数展示いたします。

【主な展示製品】

<天井材>

◆「メディカルトーン」

高い消臭性能・音の響きを抑える吸音性能・調湿性能を持つ天井材です。病院やクリニック等でこもりがちなニオイを吸収しつつ、会話しやすい快適な空間作りに貢献します。

天井材 メディカルトーン

<抗ウイルス機能つき手すり>

◆「手がかり手摺」

抗ウイルス機能つき手すり 手がかり手摺

高齢の方をはじめ、手摺をにぎる力の弱い方でもラクに移動できる歩行補助用の手摺です。45mmの平らなフラット形状のため、肘や体を預けやすく、より安全に歩行できます。ビオタスク(抗ウイルス機能)付きで医療施設でも安心してご使用いただけます。
※ビオタスク・・・当社の研究による抗ウイルス機能の名称。生物<BIO>による汚染に対して、汚染低減を働きかける<TASK>と、汚染低減を助ける<助ク>の意味を込めた造語。

<室内ドア>

◆「おもいやりドア 2枚連動吊戸(自閉機能付き)」

手を放すと自動でゆっくり閉まる便利な“自閉機能”付きの室内ドアです。連動する扉同士や、扉と枠との隙間を広く取ることで、指はさみにも配慮。汚れに強い表面シートでお手入れもしやすく、また、大きな開口が取れる2枚扉のため、ベッドやストレッチャーの移動もスムーズに行えます。
また、車イスの方でも立った方でもにぎりやすい長さと形状のにぎりバーには、手摺同様にビオタスク(抗ウイルス機能)が付いています。

室内ドア おもいやりドア 2枚連動吊戸(自閉機能付き)

<冷暖房システム>

◆「全空気式床ふく射冷暖房システム ユカリラ」

エアコンの風を壁内のダクトを通して床の中に送り、“ふく射”と呼ばれる熱の伝わり方を利用して、自然な暖かさや涼しさを室内に与えることのできる、8月より全国販売を開始した冷暖房システムです。人に直接風が当たらないため、肌の乾燥やホコリ・ウイルスの巻き上げが少ないことから、医療施設内の温度調整におすすめです。

【医療機器・設備EXPOについて】

「医療機器・設備EXPO」は、医療機器開発に関わるあらゆる製品・技術・サービスが一堂に出展する展示会「医療と介護の総合展」の一環として開催される、最先端の医療機器・材料、病院運営を支援する様々なサービス、ロボットやデジタルヘルス、最新IT/技術などに関する製品やサービスが出展する展示会です。

展示会名 「第1回 医療機器・設備EXPO」
期間 2018年9月12日(水)~14日(金) 10:00~18:00(14日(金)は17:00終了)
会場 幕張メッセ(同時開催:病院運営支援EXPO/医療IT EXPOほか)
※当社出展は6ホール ブース番号:3-25
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
入場料 無料(要招待券)
HP https://www.hos-tokyo.jp/
出展企業 400社(同時開催展含む)
動員見込 20,000名(同時開催展含む)

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。