MENU CLOSE

ニュースリリース

深彫調不燃壁材「GRAVIO EDGE(グラビオエッジ)」新発売 ~意匠性に優れた最高グレードの不燃壁材を投入~

2018年04月19日

大建工業株式会社(大阪市北区、社長:億田正則)は、不燃壁材のフラッグシップモデルとして、軽量で加工性に優れた当社独自の素材「ダイライト」に、深彫調のエンボス加工と特殊多彩塗装を施すことで、シャープな陰影とリアルな素材感を実現した「GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)」を、6月21日(木)に新発売いたします。
なお、本製品の開発にあたり、当社岡山工場に深彫加工を行うプレスラインと特殊多彩塗装ラインを新設するなど、約7億円の設備投資を行いました。

【背景】

住空間に占める割合が最も大きい“壁”は、空間の印象を大きく変えることができる部位でもあります。住宅においては、クロス張り仕上げが主流となる中、近年のトレンドとして、壁面に石やタイルなどをアクセントとして使用した、上質で素材感ある意匠が増加傾向にあります。また、ホテル・商業施設などでも、空間に彩りや高級感を与えるため、“壁”に意匠性の高い立体感のある材料を効果的に使用するといったケースは非常に多くなっています。
今回発売する「GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)」は、これら“壁”により高いインテリア性を求める市場ニーズにお応えできる製品であり、リアル感を徹底的に追求したまったく新しい壁材として投入します。
「グラビオエッジ」の一番の特長は、深彫調の高い意匠性です。エンボス形状に工夫を施し、シャープな陰影を表現。さらに、特殊多彩塗装によって、凹凸に同調したリアルな色柄を実現いたしました。また、意匠性だけでなく、ダイライト基材ならではの軽さ、加工性の良さはもちろん、455mm×1820mmの大判サイズでのご提供により、施工性にも大変優れた、これまでにない製品となっております。
さらに、豊富で多彩な内装建材を持つ、当社ならではの“家一棟まるごとの空間作り”という他社にはできないご提案に、トレンドの素材感ある壁材をプラスすることで、空間全体の上質さを向上させる“壁えらび”をご提案いたします。
なお、当社では、2016年発売の不燃壁材「グラビオ」を皮切りに、デザイン壁材「ハピアウォール」の発売、「グラビオ」のバリエーション追加と、『壁材事業』の強化に向け壁材ラインナップの拡充を進めてきました。そんな中、満を持して発売するのが『グラビオエッジ』です。今後、『グラビオエッジ』をフラッグシップモデルとして掲げ、壁を中心とした空間提案を積極的に展開することで、『壁材事業』のさらなる拡大に拍車をかけてまいります。

【製品特長】

●深彫調の高い意匠性

立体的なエンボス形状と、シャープな陰影で、圧倒的な存在感を実現。印刷シートや一般的な塗装では再現できない、陰影に同調した特殊塗装によって生まれる、本物の素材を使用したかのような高い意匠性が特長です。

製品表面

製品表面

照明の色温度による見え方の変化

照明の色温度による見え方の変化

また、「グラビオエッジ」の凹凸の深い立体デザインは、照明による演出によって更に際立ちます。照明の色や照射角度、距離等を変化させることで、お部屋の印象が大きく変わります。

●素材の質感豊かな、表情の異なるデザインバリエーション

砂岩や流れ石をモチーフにした「ブロッコ」「フルッソ」と、大柄な大谷石がモチーフの「カルセ」、やわらかな印象の布目柄の「カーヴァ」という、全4柄のバリエーションです。素材感をより引き立たせるために、凹凸に合わせた特殊多彩塗装を施し、柄ごとに異なる6色をラインアップしております。住宅・非住宅問わずご採用いただけるデザインで、上質でトレンド感のある空間を作り出します。

ブロッコ

ブロッコ

フルッソ

フルッソ

カルセ

カルセ

カーヴァ

カーヴァ

●高い不燃性能

「グラビオエッジ」の基材である「ダイライト」は、ロックウール(鉱物繊維)やシラス(火山性ガラス質材料)などを原料にした無機質素材であるため、防火性、耐腐食性能に優れています。「グラビオエッジ」は防火性が求められる化粧板として不燃材料認定を取得しており、高齢者施設や文教施設、幼保施設など防火上の規制のかかる、非住宅の内装の部位にも仕上げ材としてご使用いただけます。

素材

●優れた施工性で施工時間短縮

「グラビオエッジ」は、「ダイライト」基材ならではの優れた加工性を持つため、施工時に生じる「切断」「穴あけ」「切り欠き」等の加工が、素早く、簡単に行えます。また、立体感のある不燃壁材の中でも、455mm×1820mmもの大判サイズながら、1枚当たり約6.5kgという軽量さも兼ね備えております。その上、大工施工だけで取り付けられるため、施工時間を大幅に短縮することができます。

◆「グラビオエッジ」おすすめの空間・・・住宅のリビング・寝室・玄関、ホテルや商業施設のエントランスなど

【hapia×GRAVIOによる空間提案】

「グラビオエッジ」の発売と同時に、当社主力内装材シリーズ「hapia(ハピア)」が、トレンドを取り入れた色柄を拡充し、大幅にリニューアルいたします。この「ハピア」シリーズと「グラビオ」シリーズを組み合わせたトータルコーディネートにより、意匠性の高い壁材を軸にした、様々なテイストの空間提案が可能となりました。

●ハピアシリーズとグラビオシリーズを用いた空間テイストの例

シックモダンテイスト

シックモダンテイスト

ジャパネスクテイスト

ジャパネスクテイスト

ヴィンテージミックステイスト

ヴィンテージミックステイスト

【主な製品仕様】

製品名 GRAVIO EDGE(グラビオ エッジ)
製品寸法 9㎜厚さ、455×1820㎜
基材 ダイライト
表面形状 深彫調エンボス
表面仕上げ 特殊多彩塗装仕上げ
価格(税抜) 19,700円/梱(1.65㎡)、2枚入り
発売日 2018年6月21日

【販売目標】

4年後の販売目標 : 10億円/年 (2021年度)

【製品に関するお問い合わせ先】

大建工業株式会社 お客様センター 0120-787-505

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。