MENU

ニュースリリース

「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」を新発売 ~業界初!幅広デザインの直張防音床材をラインアップ~

2017/06/21

大建工業株式会社(大阪市北区中之島、社長:億田正則)は、豊富な防音グレードと意匠で好評をいただいておりますマンション用防音床材「オトユカシリーズ」に、直張防音床材として業界初となる180mm幅広デザインを採用した「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」を追加し、本日6月21日より発売いたします。

『ハピアオトユカ45石目柄(180mm幅タイプ)<グレイッシュセルベ柄>』

『ハピアオトユカ45銘木柄(180mm幅タイプ)<ウォールナット柄>』

【背景】

マンションなどの集合住宅において、階下への音対策は、入居者が快適に暮らすための重要な要素の一つとして、必須となっております。そんな中、当社が長年培ってきた“音”と“床材”の技術を融合して生まれたマンション用直張防音床材「オトユカシリーズ」は、その多彩なラインアップでこれまで多くの集合住宅にご採用頂いてまいりました。

今回、この「オトユカシリーズ」の新タイプとして発売するのが、「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」です。最大の特長は、直張防音床材として業界初の180mm幅広デザインを採用したこと。床材に柔軟性を付与して衝撃を吸収するマンション用防音床材にとって、幅広デザインは技術的ハードルが高かったものの、クッション材の選定から仕様を見直すなど試行錯誤の結果、軽量床衝撃音低減性能ΔLL(Ⅰ)-4(遮音等級L-45)をクリアしました。また、意匠面では洗練された[石目柄]・[銘木柄]の全16柄をラインアップ。高級感のある幅広デザインとの相乗効果で、より上質な空間を演出してまいります。

【製品特長】

●業界初の180mm幅広デザインによる高級感

直張防音床材は一般的に約145mm幅が普及品とされていますが、業界初の180mm幅を採用。幅広の床材は部屋をゆったりと広く感じさせ、より上質な空間を演出します。

●階下への音を軽減する防音性能

「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」は、軽量床衝撃音低減性能ΔLL(Ⅰ)-4(遮音等級L-45)をクリア。上階での歩行時の足音を気にならないレベルまで引き下げるなど、集合住宅において好ましいとされる防音性能を備えています。

●施工効率を約20%アップ

右図のように、1810mm幅のスペースに床を張る場合、普及品の147mm幅と比べ、2枚+α分の床張り作業が削減され、施工性が向上しました。

●意匠性に優れる[石目柄]・[銘木柄]全16色による多彩なラインアップ

・高級感、清潔感がある [石目柄]は部屋を豪華に演出します。

・人気の艶消し仕上げを施した[銘木柄]は部屋を落ち着いた雰囲気に演出します。

【主な製品仕様】

製品名 ハピアオトユカ45 石目柄(180幅タイプ)
ハピアオトユカ45 銘木柄(180幅タイプ)
サイズ 13.8mm厚さ、180×905mm
基材 樹脂含浸シート張り裏溝加工合板
表面 石目柄 特殊オレフィンシート、UV抗菌耐磨耗ファインコート仕上げ
銘木柄 特殊強化フィルム
裏面 不織布(厚4.5mm)
色柄 石目柄 ディペスコホワイト柄、フィオリートベージュ柄、エンペラドールダーク柄、ホワイトオニキス柄、ビアンコ柄、グレイッシュセルベ柄、セルベジャンテ柄、ネロマルキーナ柄
銘木柄 アッシュ柄、シカモア柄、メープル柄、メープル柄(ベージュ)、オーク柄、チェリー柄、ウォールナット源平柄、ウォールナット柄
価格 石目柄 57,000円/梱、20枚入り(3.25㎡)(税抜)
銘木柄 54,000円/梱、20枚入り(3.25㎡)(税抜)

【販売目標】

年間2億円(2018年度)

※ここに掲載されている情報は発表時のものであり、ご覧になられている日と情報が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。