MENU CLOSE

ニュースリリース

アスベスト(石綿)健康診断実施状況について

2007年02月01日

当社グループでは、平成17年9月から、過去にアスベストを含む製品を製造していた事業所の「従業員と家族(配偶者)、および退職者」を対象に、下記要領にて健康診断を実施しております。
その結果、旧岡山工場(現 西日本ダイケンプロダクツ(株))に勤務していた従業員(退職者)1名が、アスベスト関連病変と判明し、国の労災認定を受けました。
アスベスト関連の労災認定は、当社グループでは本件が初めてとなります。
なお、工場周辺地域からアスベストに関する問題は発生しておりません。

健康診断実施状況

実施事業所 旧岡山工場 (現 西日本ダイケンプロダクツ(株))
旧名古屋工場(現 中部ダイケンプロダクツ(株))
旧井波工場 (現 井波ダイケンプロダクツ(株))
対象者 各事業所でアスベスト含有材料を使用していた当該時期における勤務経験者と家族(配偶者)
受診者数 平成17年度・・・約370名
平成18年度・・・約350名(平成18年12月末時点)

※次年度以降も、従業員・退職者の健康診断を継続実施する予定です

平成19年2月1日
大建工業株式会社
広報室